トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様

恋水りのあ様扮する若妻の愛様は歳の離れたM男夫を毎日調教しているんです。M男なら誰しもが憧れるSM結婚を果たしたM男夫ですが別の女王様にも責めてもらっているようで愛様にばれてしまいます。なかなか強情なM男夫ですが愛様の激しい鞭打ちでついに白状してしまい家畜奴隷となることを条件に命だけは助けられます。家畜奴隷となったM男夫は檻の中で飼われ愛様の快楽道具として舐め奉仕を許され、上手に奉仕できたご褒美に聖水を恵んでもらったりペニバンでアナルを犯してもらえる幸せな生活を送るのです。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様「ほら、一号起きろ」
「お早うございます。愛様」
夫をM男奴隷として調教している愛様は縛られたままうつ伏せで寝ているM男夫を軽く乗馬鞭で叩いて起こしてやります。
「お前、私に隠していることがあるでしょ?」
朝から乳出しボンテージを身にまとい紫のヒールを履いて乗馬鞭を持った愛様はM男夫の頭を踏みつけてそう聞きます。
「ありません・・・」
M男夫は顔を床に押し付けられて苦しそうに答えます。
「この背中の傷はどうしたの?」
「そ、それは、先日、愛様の鞭で・・・」
「私はお前の背中にこんな傷つけてないわ。誰につけられた傷なの?白状するまで責め続けるよ」
「う、う、う、・・・」
強情なM男夫は答えません。
「さ、足をお舐め。綺麗になさいよ」
愛様はM男夫にヒールを舐めさせます。両手両脚を縛られた苦しい格好のままM男夫は懸命に愛様のヒールに舌を這わせます。
「よし。それじゃぁ白状するまで責めるよ。浮気を認めたらどうなるか覚悟しな」
そう宣告すると愛様はM男夫の腹を蹴り始めます。背中にヒールの先をつきたててぐりぐりと踏みつけ、両足で乗っかって全体重をかけるんです。
「重いでしょ?ほら、白状しなさい」
体を揺すってヒールの先をM男夫の背中に食い込ませたり、頭を踏みつけてぐりぐりと床に顔を擦りつけたりかなり厳しい責めです。でもM男夫は白状しません。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様天井から吊っていたロープを解いて仰向けにしたM男の股間あたりに腰を下ろした愛様。
「足でも舐めてなさい。ほら、綺麗にお舐め」
M男夫に両足の指先をしゃぶらせつつタバコを吸い始めます。
「苦しいかい?重いんでしょ?ほーら、辛かったら白状していいんだよー」
お慕いする女王様の全体重を支え足指や足裏を舐めさせていただけるのですからM男夫にとっては苦しい筈がありません。大喜びでぺろぺろと舐め奉仕をしています。
しばらく足裏を舐めさせてやってから愛様は立ち上がって両足でM男夫の体に乗っかります。
「ほら、苦しいでしょ。浮気しましたって言いなさい」
「う、う、う、してません・・・」
まだ白状しないM男夫。愛様は片脚をM男の股間に乗せて踏みつけながら体を揺すって苦しめます。さらに股間に乗せた足でM男夫が履いているパンティーの上からちんこの足コキをしてやるんです。
「あっ、あぁ〜ん」
愛女王様の足裏でちんぽを扱いてもらってM男夫は甘い声で喘いでしまいます。
「重いわね〜。許して下さいは?」
「あぁ、あぁっ、お許し下さい・・・」
「うふふふふ。許しませーーん。あははははは。ほらお舐め」
M男夫の体の上にのったままで移動し反対の足指をM男夫の口に差し込んで舐めさせたりもします。
「重いでしょー。白状しないともっと厳しいお仕置きするわよー」
愛様はM男夫を起こして四つんばいにさせ背中に手を縛って頭を踏みつけます。
「お前そろそろ白状したらどう?浮気を白状すれば殺されるし、白状しなければリンチされるし、お前はどっちを選ぶの?」
「愛様、お許しください・・・」
M男夫は当然ながらリンチの方を選んだようです。四つんばいのまま尻を突き出すポーズをとらされたM男夫。愛女王様は手にもった乗馬鞭でぴしりぴしりと尻を叩いてやります。
「あぁーーん、あぁぁーーん」
M男夫は鞭で尻を叩かれて甘い声をあげてしまいます。
「痛いでしょー。ほらー」
愛様は楽しそうに何度も鞭でM男夫の尻を叩きます。M男夫は叩かれる度に喜びの声を上げます。
「痛いでしょ。痛かったら泣け。わめけ」
「あぁーん、あぁぁーん」
女王様に責めていただいて泣かせてもらえるなんてM男にとって最高の喜びです。鞭だけでは物足りなくなった愛様はM男夫の後ろに回って足で力いっぱい尻を蹴ってやります。それでもM男夫は甘い喘ぎ声をあげて喜んでいます。ほんと羨ましいです。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様「お前も強情ねー。まだ許しませんよー」
愛様は楽しそうに笑いながらパドルを手にとってM男夫の背中に座ります。そして思いっきりパドルで尻を叩いてやります。
「いい音してるわねー」
「あぁーん、あぁーーん」
M男夫はパドルで尻を叩かれても喜びの声をあげてしまいます。愛女王様はときどき手で尻を撫でてやりながら何度も何度もパドルで叩いてやります。M男夫は愛様のお尻の柔らかさと暖かさを背中で感じながら尻を叩かれる喜びに浸っています。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様M男夫を正座させ赤いロープを胸の上下に巻きつけて縛ります。両乳首をクリップで挟みそこから伸びた紐を揺らす愛様。
「もうそろそろ白状したらどうだい?白状しないと酷いよ」
「あぁーん、あぁぁーん」
乳首の紐をひっぱってM男夫を前かがみにさせると愛様は脚を差し出してヒールの先を舐めさせます。
「ほら、綺麗にしなさーい」
「あぁーん」
何をされても甘い声で喘ぎながらM男夫は喜んでヒールの先を舐めます。ヒールの裏にも舌を這わせます。
「ほら、ちゃーんと舐めないと痛いわよー」
時折愛様は紐を引いて乳首を刺激したり、鞭で肩を叩いてやったりしてM男夫に喘ぎ声を出させます。
「ちゃーんとお舐め。綺麗にしなさい。裏もちゃんと」
細々と指図されながら舐め奉仕するのって女王様に隷属している感があってM男にとってはとても嬉しいのです。靴を喜んで舐めている惨めな表情を女王様にしっかり観察していただく恥ずかしさ、どんな命令でも喜んで従う誇らしさ、でも実際には舐めさせてもらえる喜び、それらが混ざり合ってもうこの瞬間のこと以外の一切のことを忘れて責められることに喜びを感じてしまうんです。
「お前はハイヒールの掃除も下手だねー。今度はもっと酷いお仕置きだよ」
愛女王様にご満足いただくことはできませんでしたがもっと責めていただけるとの宣告にM男夫は喜びます。

四つんばいの姿勢で椅子に上半身を乗せて縛られるM男夫は尻を突き出した姿勢から身動きできません。
「スパンキングからいくわよ」
M男夫の横に立った愛女王様はパドルを大きく振りかぶってM男夫の尻に打ち付けます。
「あぁーん」
甘い声で喘ぐM男夫。愛様は何度も何度もパドルで尻を叩いてやります。M男夫的にはお仕置きというよりはご褒美という感じでしょう。叩かれる度に喜びの声を上げて腰をくねらせてしまいます。
「白状するまで続けるわよー。お尻が赤くなった。猿みたいねー。あはははは」
愛様もとても喜んでくれます。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様パドルに代えてバラ鞭を手にした愛様。M男夫の後ろに立って大きく振りかぶると思いっきり打ち下ろします。愛女王様が鞭を振りかぶるときのお姿がなんとも美しいです。
「あぁーーん」
M男夫は喜びの声を上げます。
「いい音ねー」
愛女王様も楽しそうに笑い、何度も振りかぶって打ち下ろしてやります。
「痛いでしょー」
「あぁーーん」
鞭で尻や背中を何度も打たれると最初のうちは「痛み=嫌い」だったのがだんだんと「痛み=好き」に変化していくんです。そうなってくると打たれた部分からじわーっと全身に快感が広がっていくような感じがして、もっと打って欲しいと心の底から思うようになってしまうんです。
きっとこのM男夫もそういう状態に陥っていると思われます。愛女王様が鞭を振り下ろすたびに甘い声をあげ、少しでも嫌がっていると勘違いされたくないよう体を避けたりしないよ固定し、もっと打って欲しいと懇願するように尻を突き出して媚びるようにくねらせるんです。
愛女王様もM男夫の気持ちをよーく理解しているようで、尻の左側、右側、中心部の3箇所を順番に狙って打ってやります。私だったらこんな風に打たれているだけで射精してしまいそうです。
「いい色になったわねー。白状する気になった?」
「浮気はしていません・・・」
「うふふふ。まだ白状しないの?じゃぁもっとお仕置きしなきゃねー」
まだまだ責めて欲しいというM男夫に愛様は喜びます。
「白状しなさーい」
といいながら何度も何度も鞭で尻を打ってやるんです。さらに愛女王様はバラ鞭に代えて一本鞭を取り出します。バラ鞭とは違い鋭い風裂き音をうならせる一本鞭がM男夫の背中に振り下ろされます。
「痛いでしょー。そろそろ白状する気になったんじゃないかしら?」
「あぁーーん、あぁぁーん」
それでもM男夫は喘ぎ続けるだけです。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様今度は両手を天井から吊り立たせます。
「お前本当はやったんだろ?白状しなさいよ」
「してませーん・・・」
「じゃ今度はこの鞭よ。どれぐらい我慢できるかしら?」
立たせた状態で後ろを向かせると今度は背中中心に一本鞭を振り下ろす愛女王様。
「白状なさい。痛いでしょー?横に打つわよ。数えなさい」
さっきまでは縦に振り下ろしていた一本鞭を今度は横向きに振ります。するとM男夫の体に巻きつくように腹のほうまで一本鞭が当たるんです。M男夫は喘ぎながら打たれる数えようとしますが直ぐに数えるのを忘れて悶えるだけになってしまいます。愛女王様は縦に、横にといろいろな角度からM男夫の背中を打ち続けます。
「ほら、白状しなさい!」
「あぁーん、あぁーん、お許しください。あぁーーん」
M男夫は両手を吊られて立ったまま尻を突き出して愛女王様の激しい鞭を受け続けます。100発や200発ではきかないほど鞭で打たれてもM男夫は白状せず、逃げもせず、喜んで愛女王様の鞭を受けるんです。わき腹にミミズ腫れが浮き上がりそれが重なってもう裂けそうになったころのことです。
「ほら、白状しなさい。痛いでしょ」
「あぁーん、あぁん、白状します。あぁーーん」
ついにM男夫は音をあげてしまいます。それでもまだ愛女王様は鞭を振るい続けます。
「相手は誰?」
「あぁーん、あぁーーん、すいません。ナオミ様です。あぁーん」
一瞬、愛女王様の鞭が止まります。
「やっぱりやったのね」
愛女王様の表情が凍りつきます。そして冷たい表情で鞭を振りかぶるとM男夫の背中に打ち付けます。
「あぁーん、申し訳ありません。あぁーーん」
愛女王様は間をおかずに鞭をびしびしと振り下ろします。
「あぁーん、あぁーーーーーん、あぁーーーーーーん」
さっきより強い鞭の痛みにM男夫は大きな声で泣き叫びます。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様ようやく鞭打つ手を止めた愛女王様はM男夫に近付いて背中に手を当てます。
「いい色ねー。今回は命だけは助けてあげる。そのかわりあんたは今日から家畜兼奉仕奴隷として檻の中」
「はい。わかりました。ありがとうございます」
愛女王様にそう宣告されてM男夫は素直にうなずきます。M男にとって女王様に家畜として飼っていただけることは本懐ですから感謝の気持ちで一杯でなのでしょう。たぶん、このような目になることを望んでわざと浮気をしたのかもしれません。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様狭く低い檻の中に手足を縛られたまま入れられたM男夫は愛様の家畜としての生活が始まります。手に乗馬鞭を持って檻に近付いた愛様が
「ほら」
と脚を差し出すとM男夫は檻から頭を出して舐め奉仕を始めます。
愛様が檻のいろんな場所に脚をもっていくとM男夫は檻の中で移動して足指への舐め奉仕をします。椅子に座った愛様は靴を脱いで脚を差し出すと
「ほら。お舐め。一本一本丁寧にね。綺麗にお掃除しなさい」
と命令します。M男夫は大喜びで愛様の足指を一本一本しゃぶり、指と指の間にも舌を這わせます。
「足の裏もね。たーんとお舐め」
足裏も舐めさせていただきM男夫は幸せそうです。こうして家畜奴隷化されたM男夫は愛様に奉仕することだけを考えて生きていくことになるのです。愛様のお尻やおまんこへの舐め奉仕をさせていただいたり、ペニバンでアナルを犯していただいたり、大量の聖水を恵んでいただいたりと幸せな生活をおくることができるのです。
トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様トップレスの女王 絶対服従!妻の暴力支配 恋水りのあ様


甘美会のビデオってどれも素晴らしい内容だと思います。妻が浮気夫を調教したり、OLがセクハラ上司を調教したりとM男の妄想シチュエーションをよく実現してくれるんです。

女性専用便器 口奉仕 屈辱の黄金責め女性専用便器 口奉仕 屈辱の黄金責め
これなんかは浮気夫を妻が人間便器に調教してしまいます。最初は嫌がっていた夫ですが妻に調教されていくうちに聖水のみならず黄金まで直に食すようになります。妻の命令でご近所の奥さんからまで聖水を恵んでもらいすっかり人間便器奴隷として調教されてしまいます。妻から聖水や黄金を恵んでもらうことにすっかり喜びを感じるようになったM男夫ですが、S妻様はそれをお預けして遊んだりするんです。
ここまで調教されることができたら幸せだなーって世のM男が憧れる内容になっています。


美人姉妹 屈辱のアナル・ペニス責め美人姉妹 屈辱のアナル・ペニス責め
こちらの作品は会社の部下のOLに調教されるM男課長が登場します。美人OL様に鞭や蝋燭を用いたハードな責めで屈服させられたM男課長は責められることが快感になります。そして美人OL様の部屋に設置された檻の中で飼われる家畜となるのです。美人OL様の手でアナルを拡張されペニバンで犯されて喜びの声をあげるM男課長。美人OL様の妹様にまで責められ、お二人の目の前でオナニーをさせられますが寸止め命令でむせび泣くのです。