芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技

範田紗々様が男の潮吹き技をマスターしていくM男動画です。自ら吹いたことはあるけど男に潮を吹かせたことはないという範田紗々様。風俗店勤務の村瀬りぃな様の指導でM男に潮を吹かせる技をマスターしていきます。男の潮吹きがすっかり好きになってしまった紗々様は楽しくて楽しくて仕方ない様子です。二人目のM男には何度も潮を吹かせてグロッキー状態になってもまだ亀頭責めを続け指導員のりぃな様から止めらるまで責め続けてしまうほどです。これでまた一人、男に潮を吹かせる達人が誕生しました。
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技


芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技潮を吹いたことはあるが吹かせたことはないという範田紗々様。今回は男に潮吹きさせるテクニックを身に着けようとうことで助っ人に長瀬りぃな様を迎えます。オナクラで働いているというりぃな様はディルドを使って男に潮吹きさせるための手技を紗々様に伝授します。
「射精させててからこうやって擦るの」
りぃな様は左手で亀頭を握って右手の指で左右に亀頭の先っぽを左右に擦る手つきを見せます。
「強さはー?」
「人にもよるけどー、強くしたり弱くしたり」
「紗々でもできますか?」
「できます。絶対」
「はい。よろしくお願いします」
「じゃぁやってみましょうか。M男君も女の子と一緒でー、リラックスして気持ちよくならないと潮を吹かないんですよー。だから一杯想像させてあげて、気持ちよくさせてあげてください」
「はい」
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技紗々様とりぃな様の前にさっそくM男が用意されます。りぃな様が見ている前で紗々様はM男に近寄って痴女プレイを開始します。
「すごいぴくぴくしてる。気持ちいい?動いちゃだめー」
紗々様はM男に優しく語りかけながら耳をぺろぺろとしてやります。
そしてM男に覆いかぶさるような格好でキスもしてやります。片手で頭を抑えて唇を付け舌を伸ばしてM男の唇を舐め回しおいしい唾液をたっぷりと注ぎ込んでやります。反対の手はM男の乳首の周りをさわさわっと擽ってやります。
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技「乳首たってきちゃった。気持ちいいの?」
M男はぴくぴくと体を震わせながらうなずきます。
「あーすごーい。すごいこりこりしてる。ねーこーんなに硬くなってる乳首、舐めてほしい?」
「はい」
「もっとお願いして」
「お願いします。舐めてください」
「かわいい」
かわいい舌を伸ばした紗々様はM男の乳首をちろちろっと舐めてやります。
「気持ちいいの?乳首ぺろぺろされて気持ちいいんだー」
紗々様はM男の乳首を舐めたり指でつまんで引っ張ったりして責めてやります。
「あん、あぁん」
「かわいい。女の子みたい」
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技M男の体をさわさわと撫でながら下におりていく紗々様。焦らすようなさわり方でだんだんと股間に近寄っていくところなんて痴女の才能があると思います。白ブリーフの脇から両手を差し込んでいってもなかなかおちんこは触ってくれずM男がぴくぴくさせます。
「まだ触ってないでしょ」
と小悪魔のように微笑みながらさらに焦らします。ようやくちんこを触ってもらえたときにはM男はぴくんと反応してしまいます。その反応を楽しみながら紗々様はブリーフの中でちんこを握って揉み解すように扱いてやります。
「すごい暖かい。」
ちんこを触っていて興奮してきたのか紗々様はかすれた声でため息をつきます。
「ちゃんと見せて」
紗々様はM男のブリーフに手をかけて脱がせてやります。
「はぁー。おちんちんびんびんじゃなーい」
ぽろんと露出されたM男のちんこはびんびんに勃起して天を向いています。それを見た紗々様はうっとりとした目付きになりちんこから目が離せなくなってしまいます。ちんぽ好きの紗々様は早速M男のちんぽで遊び始めます。我慢汁を指先で亀頭に塗り伸ばしたり竿を握ってしこしこと扱いたり。ちんぽが好きで好きでたまらないという表情で楽しそうに微笑みながら遊んでくれます。
後ろからローションのビンをもったりぃな様が近づいてきます。
「M男君は一杯焦らしてあげると潮を吹きやすくなるから、いーっぱい焦らしてあげて」
りぃな様は紗々様が握ったままのちんこにたっぷりとローションを垂らしてやります。
「一杯焦らして、一杯扱いてあげて」
紗々様はローションでぬるぬるになったM男のちんこをしこしこと扱いてやります。りぃな様はローションでぬめる指先でM男の乳首を責めてやります。
「すごいぴくぴくしてるよー」
紗々様はねっとりと絡みつくような手つきでちんこを扱いてやります。竿を握って扱いたり、亀頭に指を絡ませて指先で擦ったり。なんともエロくて気持ちよさそうな手つきです。
「はぁ、はぁん」
「いきそうなの?だめよいっちゃ」
M男が喘ぎ始めると手のスピードを緩めてやったり、また亀頭を握ってしこしこしたりと緩急をつけて責めてくれます。しこしこ、ぎゅっ。しこしこ、ぎゅっ。扱いたり根元を握ったりを何度も繰り返してぎりぎりの快感でM男を焦らします。
「ほら、我慢しなきゃだめでしょー」
りぃな様もM男の乳首を責めながらいやらしいことを言ってくれます。
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技M男の体がぶるぶると震えています。懸命に射精を我慢しているようです。
「わーすごーい」
「いきそうになったら止めてあげて」
扱き続ける紗々様にりぃな様はまだ焦らすよう指導します。
「はぁ、はぁ、いきそうですー」
「だめー」
「だめー、ふふ」
根をあげるM男に紗々様とりぃな様が声をそろえてお預け命令です。紗々様は両手でぎゅっとちんぽの根元を握って寸止めしてやります。
「わーすごーい。かたーい。すごいよー。ねー」
紗々様はまた両手でちんぽを扱いてやります。横から手を伸ばしてりぃな様はローションを足してやります。
「いきそうなときに、ぎゅーっと寸止めしてあげて」
りぃな様はM男のちんぽを握ってしこしこと強く扱いてぎゅーっと根元を握る寸止め方法を紗々様に伝授します。紗々様はりぃな様に教えられたように手コキと寸止めを繰り返します。
「いきそうになったらいきそうって言わなきゃだめよ」
りぃな様はM男の乳首を責めながらM男の顔を見下ろして命令します。紗々様はしこしこぎゅーを何度も繰り返します。
「かわいい。いきたいのにいけないおちんこかわいい」
「あぁ、いきそうです」
M男の声を聞いて紗々様はぎゅーっとちんぽの根元を握ります。少し収まってくるとまたしこしこと扱いてやります。今度は連続して激しい手コキが続きます。
「あぁ、いきそうです」
「いきそう?ちゃんと言って」
と紗々様が扱き続けるとどくどくっと大量の精液がM男のちんぽからあふれ出してきます。凄い量で紗々様の手がどろどろになってしまいます。
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技「じゃぁさっき教えたように」
りぃな様は直ぐに亀頭責めをするように指導します。
「おきれる?」
M男が起き上がって膝立ちになると紗々様は左手でちんぽの根元を握り右手で亀頭を左右に擦り始めます。
凄いスピードで紗々様が亀頭を擦り、りぃな様は反対側からM男に近寄ってちんぽを握ってサポートしてやります。
「あぅ、あっ、あぁっ」
じょぼぼっ!
「あん」
M男のちんぽの先から透明の液体がどばっと噴出します。驚いて声をあげた紗々様ですが亀頭を擦る手は止まりません。楽しそうに笑いながら紗々様は亀頭を擦り続けます。するとM男のちんぽからさらに大量の潮が噴出します。2回吹かせても紗々様はさらに擦り続けます。りぃな様もちんぽの根元を握ってサポートし続けます。すると少し勢いは弱くなっていますがM男のちんぽから3回目の潮吹きが始まります。紗々様の手はだんだんとゆっくりになっていきます。
「すごい」
うれしそうに笑う紗々様。ちんぽを握ったままでM男の顔を見上げます。
「どう?M男君も潮を吹いたでしょ」
とりぃな様に聞かれ
「はい。ほんとに出た。びっくりですねー。びちょびちょー。ちょっと感動です。」
紗々様はすっごく嬉しそうです。
「あ、でも長瀬さんがいてくれたおかげです」
「んーん、紗々ちゃんが吹かせたんだよ」

「M男君ってほんとに潮吹いちゃうんですねー」
「ねー。一杯一杯焦らして気持ちよくしてあげるといったあとに潮吹きやすくならから」
「はーい」
りぃな様は紗々様に手つきや心構えを再度レクチャーします。
「じゃぁ、今度は紗々ちゃんも気持ちよくなりながらM男君のことも一杯気持ちよくしてあげてください」
「はーい」
二人目のM男が用意されています。紗々様は早速M男虐めに入ります。虐めとはいっても紗々様の責めはソフトに優しく焦らすような責めです。
「もう気持ちいいの?まだなんにもしてないのに。どうして欲しい?ねー?」
M男の体を指先で擽りながら恥ずかしいことを言ってくれます。M男の乳首をぺろぺろと舐めたりちゅーっと吸ったりしてやります。
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技「乳首舐められて勃起しちゃってるの?勃起したおちんちん触って欲しいんだー。ちゃんとお願いして」
我慢汁がパンツに染みてしまうほど勃起しているM男ですが紗々様は焦らすだけでなかなか直には触ってくれません。
M男の内腿を擽りながら
「こうやって焦らされると感じちゃんでしょー。やらしー」
「あぁー、あぁーん」
「声おっきいよ。女の子みたい。ちょっとだけ触ってあげるね。声出しちゃだめよ。声出したらやめちゃうんだから」
紗々様はM男のパンツの中に両手を入れて中でちんこを触ってやります。M男は声を漏らさぬように一生懸命我慢していますがどうしても声が漏れてしまいます。
「パンツの中身見てあげるね」
ようやくパンツを脱がせてくれる紗々様。びんびんに勃起してぴくぴくと震えているM男のちんぽを見て紗々様の目が輝きます。
「あーすごーい」
すぐにでもしゃぶりつきたいのを我慢して紗々様は指先で擽って遊んでやります。M男のちんこはぷるんぷるんと跳ね回ります。
「舐めて欲しい?ねーぬるぬるになったおちんちん舐めて欲しい?」
「舐めてください・・・」
「ちょっとだけね」
舌を伸ばしてちろりと亀頭を舐めてやります。
「んーーしょっぱーい」
ちょっとだけといっていたはずなのに紗々様の方が我慢できなくなってしまったようです。亀頭に舌を絡めて舐め回すと亀頭をぱくりと咥えて我慢汁を吸い始めます。そして頭を左右にねじりながらずぼぼっと奥まで咥え込んでいきます。ゆっくりと頭を引いて亀頭を舐めてから
「根元まではいっちゃう」
と再度咥え込んでいき根元まで咥えてからまた引き戻します。今度は亀頭を吐き出さずにまた深く咥えていきます。そうやってゆっくりと何度も亀頭から根元まで咥え込んでいき唇と舌で扱いてやります。
緩急をつけた長いストロークのフェラや唾液をローション代わりにした手コキでM男を責めてやりますがM男の反応を測りながらいきそうなぎりぎりのレベルで保ち続けます。
「ねー四つんばいになって」
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技命令通り四つんばいになったM男に
「恥ずかしい。お尻も丸見えよー」
と言ってやりながら手コキ責めを続ける紗々様。りぃな様に教えられて横からちんぽを握ってやりしこしこぎゅー。しこしこぎゅー。の寸止め責めもしてやります。
「あぁーーー、うぅぅ」
M男は懸命に射精を耐えながら快感で壊れていきます。
「気持ちいいんだー。こんな格好させられてー、おちんちん勃起しちゃうんだねー」
紗々様とりぃな様は快感責めで悶えるM男を見て楽しそうに笑います。
M男を膝立ちにさせると紗々様は横からちんぽを握ってしこしこと扱いてやります。
「あぁーーーー」
あまりの快感にやばくなるとM男は腰を引いて逃げます。でも直ぐ紗々様がちんぽを引っ張って腰を前に突き出させまたしこしこと扱いて責めるんです。
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技「ちゃんと立ってなさいよ。支えてるからおもいっきり責めてあげて」
りぃな様はM男の後ろに回ると膝でM男の尻を前に押し出し上半身を押さえ込んで乳首をこりこり責めてやります。この体勢ではM男は尻を引いて逃げることができません。
「寸止めいっぱいしてあげてねー」
「あぁーーー、ぐぁぁぁ」
紗々様の手コキでやばくなったM男は身を捩って腰を引こうとします。でもりぃな様はM男を押さえて膝で前に押し出すようにしてやります。
「うふふふふ」
紗々様はM男の表情をはかりながら手コキのスピードを調整してぎりぎりの状態でM男を苦しませます。紗々様はM男の乳首を吸ってやりながらしこしこぎゅー。しこしこぎゅーと寸止め責めを何度も何度も繰り返します。りぃな様に押さえつけられているので逃げることもできずM男はすすり泣きながら身を任せるしかありません。
「あぁ、あぁー、あぁ、いっちゃういっちゃうー」
「えーいっちゃうのー?だめー。紗々も気持ちよくさせて」

ようやく快感責めから開放されたM男はベッドに寝かされます。
「ちゃんと見て」
M男の顔を跨いでたった紗々様はスカートを脱いでいきます。さらにM男に見せ付けながらパンティーも脱いでしまい、M男の顔に座ってやります。
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技「ねー紗々のおまんこ舐めたいんでしょ?舌を伸ばして。そう上手よー。ぁー。ゆっくり舐めてー。おいしい?」
大喜びでM男は紗々様のおまんこを舐め奉仕します。紗々様も腰を振ってM男の顔にお尻やおまんこをこすり付けるようにしながらおまんこを舐めさせることで気持ちよさそうです。
「はぁーん、そう、上手よー。そうそこ。そこにおちんちんが入るのよ。入れたいでしょー。入れたいときはどうするの?お願いするんでしょ?ねー。入れさせてくださいって」
M男は舐め奉仕しながらお願いしようとしますが紗々様がおまんこで口を塞いでくるのでなかなか言えません。ようやくタイミングを見計らって
「入れさせてください。」
と言うと
「よくできました」
と紗々様はM男の頭を撫でてやります。紗々様はM男の体を跨いだままで体を下にずらしていきます。
「わーすごい。おまんこ舐めてたらもっと勃起しちゃったのー?」
M男の腰を跨ぐとちんぽを握って押さえ、おまんこをちんぽの腹に押し付けてやります。おまんこでちんぽを擦ってやりながら手でも亀頭を握って扱いてやります。
「ほら、入れさせて欲しかったらもっと硬くしなきゃ。紗々柔らかいおちんちん嫌いなの」
「あぁーー、それ以上したら・・・、いっちゃいますー・・・」
「手をどけて。先っちょだけ入れてあげる」
紗々様は片脚を立てて、お尻のほうから回した手でちんぽを握るとおまんこに押し当てていきます。M男の目を見ながらまずは亀頭だけおまんこで食べてしまいます。
「ほら、先っちょはいった」
反対の脚も立てると両手を後ろに回してM男の膝で支えます。そして両手両脚で体を持ち上げてからずぶぶっとお尻を落としてだんだんと奥まで食べていきます。
「あぁん奥まで入った。わかる?」
「はぃ、はぃ、あぁーーー」
いつ爆発してもおかしくないようなM男のちんぽを紗々様は生で食べてしまっています。そしてぬぷぬぷとおまんこから音を立てながら腰を上下してちんぽを扱いてくれます。これは気持ちよすぎるでしょー。
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技両膝をベッドにつけて腰を上下に振る紗々様。
「あぁーー、あぁーーー」
「気持ちいいのー?だめよ出しちゃ」
二三度扱いてから根元まで咥えておまんこでぎゅーっと締め付けます。何度も何度もおまんこでしこしこぎゅーを繰り返します。
紗々様も気持ちよくなってきて抑えが効かなくなってきて腰のスピードが速くなっていきます。
「はぁー、はぁー、そんなにしちゃ・・・、だめ・・・」
「はぁーんかたーい」
腰を振っておまんこでちんぽを扱きながら紗々様は上半身の服も脱いでいきます。ブラも外して素晴らしい美巨乳を見せてくれます。
「あぁー、あぁー、いっちゃうー」
「ダメでしょいっちゃ。あぁーん、すごいこりこりあたってるー」
奥までちんぽを咥え込んで小刻みに腰を振りながら紗々様はうっとりとした表情で楽しんでいます。生で挿入しているのでM男は必死に射精を我慢します。自分から腰を突き上げるなんてしたらすぐにでも出してしまいそうなので身を硬くしていますが、紗々様が上で動くので耐えるのが大変です。
さらに紗々様は腰を上下に振りながらM男お乳首を舐めてやります。
「だめよいっちゃ。もっと楽しませて」
体を起こした紗々様は上下に体を振っておまんこでちんぽを扱いてやります。ぬちゃぬちゃと紗々様のおまんこからいやらしい音が響きます。
「おまんこにちんちんが出たり入ったりするとこ見て」
M男の顔を引き起こして見せ付けながら激しく腰を振ります。
「ほらくちゅくちゅ聞こえる?おまんこがくちゅくちゅいってるの聞こえる?」
「あぁ、いきそうです・・・」
ぎりぎりのところで腰を止めてちんぽの根元をおまんこで締め付けます。
「くぅ、も、もう、いかせて下さい・・・」
M男はすすり泣きながら紗々様にお願いします。
「ん?もういっちゃいたいの?ねーお願いは?いかせてくださいって」
「えぇん、もう、いかせてください。いかせてください」
M男はほんとに泣きながらお願いします。
「どうしようかなー。もっとぎりぎりまで楽しんでー。あぁーん、うふぅーん」
「あぁ、いっちゃうー」
「いっちゃう?出ちゃう?ぴゅぴゅって出ちゃう。いっちゃおうっか。いいわよ」
紗々様はM男の表情を伺いながら腰を振ります。
「あぁいきそうですー、いっちゃうーーー」
とぎりぎりの瞬間、紗々様はおまんこからちんぽを引き抜いてM男の上からおります。
「え!?えぇ!?あれ!?」
紗々様はおまんこ汁でぬるぬるのちんぽを手で激しく扱いてやります。
「あれ!?そんな・・・。なんで?あぁ、いっちゃう」
「ん?そのままいきたかったの?だめー。」
「あぁ、気持ちいい、いいです、これでいいです。いっちゃう。いっちゃいますー」
長いこと射精を我慢していたので激しい手コキでもなかなか射精しません。でも紗々様は扱き続けます。と、どくどくっとついにM男は射精します。
「あぁーー、いっちゃいましたー、いっちゃいましたー、えぇーん、いっちゃいましたー」
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技「んー?まだまだよー」
りぃな様が現れてM男のちんぽにローションを垂らしてくれます。紗々様はりぃな様に教えられたように左手でちんぽをしっかりと握り右手の指をそろえて亀頭に押し付けて激しく左右にこすり始めます。
「あぁーーひぃぃぃーーー、くはぁーーーーーー」
M男は体を左右にばたつかせながら耐えています。紗々様は激しく亀頭を擦ります。もうまったく躊躇なく出しうる限りのハイスピードで亀頭を擦りたてるんです。
「すごいすごい。上手ー」
りぃな様も紗々様の手つきを褒めてくれるほどすごいスピードで擦られます。
「わすごいすごい。いったばっかりなのに」
紗々様はM男のちんぽがぎんぎんに硬さを保持しているのでうれしくなってしまいます。そしてさらに亀頭を擦ったり、握って扱いたりをハイスピードで続けます。
「くはぁーーー、あぁーーー、いっちゃったのにー、ひぃいいい」
「ん?いっちゃったのになに?」
更に激しい亀頭責めが続きます。こんなに激しく擦られているのになかなか潮吹きに到達できません。
「あぁーーーーーー、あぁーーーーーー」
長いこと激しくこすられているのになかなか潮吹きしないM男。りぃな様が手伝おうと手を伸ばしたそのときです。
「あぁーーーーーーーーー」
一際大きな声でM男が叫ぶと同時に
「あ!!!」
「あぁっ!!」
M男のちんぽから透明の液体がぴゅっと噴出します。ちょっと驚きながらりぃな様は手を引きますが紗々様はなおも激しく亀頭を擦ります。するとじょばじょばじょばーっと大量の潮がM男のちんぽから噴出します。
「わっ、わっ、わっ」
「あぁーーーーーーーーーー」
芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技紗々様は大喜びでさらに擦り続けます。
「あぁーーーーちょっとおねがいーーー」
「もっと出るでしょー」
M男が懇願しても紗々様は責め続けます。
「わぁーーーー、おかしいぃーー、ぎゃはははは、うぅーーーー」
壊れたM男は笑い声をあげながら泣き叫びます。じょばばばっとまた潮が噴出します。さらに紗々様は責め続けます。何度も何度も潮が噴出します。
「すごーいすごーい。ぱくぱくしてるー」
紗々様はまだ責め続けます。
「あぅーー死んじゃう、死んじゃうー」
「死んじゃうのー?」
尚も紗々様は責め続けようとします。そこに横からりぃな様の手で出てきて
「紗々ちゃんもういいから」
と紗々様の手を押さえます。紗々様はりぃな様の方を見て笑いながら手を止めます。でもちんぽは握ったままです。
「すごい一杯でたー」
「はまっちゃいそうでしょー」
「うん。気持ちよさそう。いいなー」
りぃな様に感想を述べながらM男の体中に飛び散った潮をじっくりと眺めて喜ぶ紗々様ですがどうしても手がちんぽに伸びていってしまい扱くのをやめられないようです。M男は尚も苦しみ続けるのでした。

芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技

芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技