知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!

大沢佑香様が4人のM男に男の潮吹きをさせるビデオです。佑香様も潮を吹くことで有名な女優さんですが男が潮を吹くということは知らなかったようです。そんな佑香様が男に潮を吹かせることに挑戦し見事全てのM男に潮吹きをさせてしまいます。最初に使った潮男優ですっかりこつを掴んだのか二人目以降は射精から一分もたたずに潮吹きさせるほどの腕前になってしまい、その潮を顔に浴びて楽しむほど男の潮吹きが大好きになってしまいます。
余談ですが佑香様のフェラは凄いです。喉奥まで飲み込んで出し入れすることができるんです。っていうか喉奥で亀頭を入れると感じてしまうようです。黒人男の巨根も根元まで咥え込んで喜んでくれるんです。

さらに余談ですが最近「男の潮吹き」動画がすっかり好きになってしまいました。明日にはDMMで『芸能人 範田紗々 おちんちんから潮を大量に噴かせるスゴ技』が配信開始になるようなので是非これも見てみたいと思います。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!


<その1:男の潮噴き初体験の大沢佑香様>
控え室で監督さんと向き合って打ち合わせをする佑香様。
「佑香さんて結構潮吹くじゃないですか」
「えへへ。えーと・・・そうですねー。結構吹いちゃってるかもしれませんねー」
「男も潮吹くって知ってました?」
「え!?えっちの時に?」
「そうそう。えっちの時に佑香さんがびしゃーって吹いちゃうみたいに、男もやり方によっては潮吹くんですよ」
「えーーー!?どうやったら吹くんですか?」
「うんうん。なんかね人によっていろいろあるみたいなんだけど、射精したあともがーっと亀頭責めとかすると・・・」
「へぇーーーやってみたーい」
男の潮噴きに興味深々の佑香様です。監督さんにやってみませんかと誘われるとうまくできるのか少し不安になってくる佑香様ですがやり方を教えるからと説得されてその気になってしまいます。

下着の上にバスローブを身につけた佑香様がスタジオに降りてくるとそこには一人のM男がベッドに寝てまっています。それは例の潮男優です。
「うふふふ。こんにちわー。もう寝て、どうぞーって感じですね」
既に潮男優のことを聞いているのか佑香様は興味深げにM男を観察して笑います。
「うん、じゃぁ」
っと佑香様はバスローブを脱いで白いランジェリー姿でM男に挑みかかります。
「ここも凄い期待しちゃってる感じだね。うふふ。ほら」
M男の股間は既に黒ブリーフの前をもっこりと膨らませていて、佑香様が亀頭部分を指でなぞるとぴくんと反応してしまっています。
「なんか凄い敏感になってるー。わーふとーい」
M男の股間に跨った佑香様はちんぽを股間に押し当ててゆっくりと腰を動かして擦ってやります。
「気持ちいい?」
「あぁーん」
そのまま腰をくねらせながら上半身を前に倒してM男にキスをしてやります。M男の舌に舌を絡ませながら唾液を垂らして飲ませてやったり、舌を強く吸ってやったりします。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!「ちんこ待ちきれなさそう」
起き上がった佑香様はM男の上から降りると手で優しくちんぽを握って扱きながら乳首や腹を舐めてやります。佑香様も早く潮噴きさせたくて待ちきれないって感じです。
「早く直接触って欲しい?あは、乳首もびんびんしてきた」
わかってるくせに佑香様はわざと焦らすようにブリーフの上からソフトにちんぽを扱くんです。M男の乳首をべろべろと舐めたりちゅーちゅーと吸ってやったりします。M男の体中を舐めながら佑香様が乗っかります。
「あ、おちんちん凄く熱くなってるよ。お腹に当たってる」
と笑います。M男の脚の方に下りていった佑香様。
「もう我慢できないんでしょー。お手手でしこしこして欲しい?じゃぁ見せて」
ようやくブリーフを脱がせてちんぽを露出させてやります。
「凄い。ぴくぴくしてるよ。亀頭がぴくぴくしてるよ。凄いかちかちになってるね。どこが気持ちいい?先っちょ?こう?ここ?わーお汁が出てきた。もっと一杯出して。ねー。ふふふふ」
早速佑香様はM男のちんぽで遊び始めます。竿を握って上下にしこしこしたり、亀頭に溢れてきた我慢汁をすくって亀頭に塗りつけたりするんです。
「気持ちいい?恥ずかしいね。こんなに汁出して。自分の我慢汁じゃなくてほんとは私の唾を垂らして欲しいんでしょ。」
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!とかいいながら佑香様は指についた我慢汁を舐めています。
「味しなーい。垂らしてあげるよ。見てて」
佑香様は高い位置からだらーーーっと大量の唾液を亀頭に垂らしてやります。そしてぬるぬるの亀頭を手でしごくんです。
「わー凄いぬるぬる。もっとー?もっとぬるぬるにして欲しい?」
さらに唾液を垂らしてぬちゃぬちゃと音を立てて亀頭をこねまわします。
「ちんちんてかてか。わーやらしー。ぬるぬる好きなんだねー。すごーーい。もっと早く扱いてあげようっか」
両手を組み合わせてちんぽを挟み込むと激しく上下に扱き始めます。
「いっぱいよだれ着けて、しこしこしこしこ。わー暖かい手が」
しばらく佑香様の手コキ責めが続きます。亀頭を手で扱きながら佑香様はM男の玉袋を舐めてやったりもします。
「ここ気持ちいいの?一杯ぺろぺろしてあげるよー」
玉を吸い舐めながらの手コキです。
「ちんちんも舐めて欲しい?ここからぴーって舐めてあげる」
佑香様はちんぽの根元の方から唇を着けて舌をれろれろしながら舐めあげていきます。
「裏筋気持ちいい?もっと舐めてあげる。お口でぐちょぐちょにしてあげるー。あーちょーかたーい」
佑香様はちんぽの根元から先っぽまで唇と舌で嘗め回してやります。時々ぱくりと亀頭を口で咥えて中で舌を絡めます。
「わーすごーい。ちんちん硬くなったから喉の奥まで入れてあげるー」
真っ直ぐ上から亀頭をくわえ込むとそのままゆっくりと咥え込んでいって唇がちんぽの根元に達するまで飲み込んでいきます。ゆっくり何度か頭を振るとまたゆっくりと頭をあげていきだらーーっと唾液を垂らしながらちんぽを吐き出します。再度ちんぽを咥えると喉奥まで使った長いストロークで頭を前後に振ってM男の様子を伺いながら責め続けます。
M男のちんぽを唾液まみれにしたところで佑香様はM男の脚の間に座って脚を前に投げ出します。その足先でM男の乳首を責めながら両手でくちゅくちゅと音を立てながら激しくちんぽを扱いてやります。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!両脚を引き寄せた佑香様は唾液まみれのちんぽを両脚の裏で挟んでやります。
「冷たい?ほら。指に挟んで。わーめちゃめちゃ硬いよー。脚で感じちゃうなんて変態なんじゃないの?亀頭がごりごりしてるー。気持ちいいのー?玉も触ってあげよっかー」
佑香様は両脚を駆使してM男を責め続けます。
「硬い硬い。ちんぽ。どう?ここが気持ちいいんだー。」
再度前かがみになった佑香様は片脚で玉袋を踏みつけてやりながら手でちんぽを激しく扱きます。くちゅくちゅくちゅくちゅといやらしいおとがします。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!「先っちょぺろぺろしてあげようか。こっち見てー」
手でちんぽを扱きながら亀頭を舌で舐めてやります。
「なんかしょっぱくなってきたー。先っちょからなんか出てるー」
手で握ったまま亀頭をちゅぷりと口に咥えて中で舌を動かします。
「わーちんちんしょっぱーい。もっと我慢汁だしてー。いっぱい我慢してー」
「あぁ、あぁっ、いきそうですー」
「だめー」
佑香様はちんぽの根元をぎゅっと強く握ってしごくのを止めます。一瞬我慢できたかと思ったのですがぶるぶると震えるM男のちんぽからどぴゅっどぴゅっと精液があふれ出して飛び出します。
「わーー出ちゃったー」
直ぐに佑香様は手コキを再開します。
「出ちゃったのー。全部出ちゃった。じゃもっと違うの出して。我慢して。我慢してー。あーいっぱい出たのに今度は違うのが出ちゃうのー」
と射精後1分も立たないのに佑香様に激しく扱かれてM男のちんぽは潮を噴出します。
「わーわー凄い凄いわーーー」
透明の液が噴出すのを見て佑香様は驚きますが手コキの手は止めません。なおも左手で根元を握って右手で亀頭を包み込んで扱き続けるんです。
「あーん、出たー?」
「うぁ、うわぁーーーーっ」
再度M男のちんぽの先から透明の液体が噴出して飛び散ります。
「わ、わー、わーーすごーーい。もう死んじゃう?死んじゃう?全部出していいよ」
佑香様はまだ手を止めずに扱いてやります。
「あぅあぅあぅ」
「もう出せない?もうだめ?」
「あっ、あっ、あーーっ」
またもM男のちんぽは潮吹きします。佑香様の手コキに合わせて何度もぴゅーぴゅーぴゅーっと吹くんです。
「すごーい。頑張ってー」
両手を組んでM男のちんぽをはさみなおも激しく佑香様は扱き続けます。
「も、もー、もーーーっ」
「もうだめ?」
でも佑香様は手を止めません。
「もー、もーだめですー」
「もうだめー。すごーい、べしょべしょじゃーん。頑張ったねー」
ようやく手を止めた佑香様ですがちんぽの根元を握るとぱくりと亀頭を口に咥えます。そして強く吸いながら口の中で舌で亀頭をぺろぺろと舐めてやります。ぴくぴくと体を振るわせるM男を見ながらようやく佑香様はちんぽを開放してやります。
「すごーい。精子と潮が混じってるよー」
M男の腹に溜まった液体を指ですくって観察します。そしてそこに唇をつけると、じゅるるるーっと音を立てて吸い込んでいきます。M男の腹や胸に飛び散ったものをじゅるるーっと掃除機のように吸い込んでいきます。口いっぱいに液体を吸い込んで顔をあげた佑香様はごくりと喉を鳴らして飲み込んでしまいます。
「わーなんか生々しい味。うふふ。大丈夫だった?凄い感動しちゃった私。わー凄かったー。ありがとう。ありがとう」
男の潮吹き初体験の佑香様はM男に何度もお礼を言うのでした。確かに手コキで初めて射精させたのと同じぐらいの感動はあるでしょうね。私の潮吹き童貞も奪ってくれないかなー・・・。

このあと、いろんな角度から射精〜潮吹きまでのシーンが入ります。

<その2:佑香様が素人M男の潮吹き童貞を奪っちゃいます>
前作を見て会社に連絡してきたという素人M男。潮吹きしてみたいとのことで佑香様に吹かせてもらうことになります。
「なんかアドバイスありますかね?」
監督さんが佑香様に聞くと
「やっぱり・・・逃げないこと?うふふふ。なんか気持ちいぃ後ってびくびくするじゃないですか。それを我慢すると次の快感が待ってるって思って、そこで身を任せる勇気を持ってもらえればたぶん大丈夫です。」
「はい。わかりました」
佑香様のアドバイスにうなずくM男です。

プレイの前に佑香様はM男にいくつか質問をします。
・いつも家で痴女物のAVを見てるの?⇒Yes
・出演しないかと言われて迷わなかった?⇒No
・出演すれば気持ちいいことしてもらえると思ったんだ⇒Yes
わざとM男に恥ずかしいことを告白させていく感じです。質問しながら佑香様はM男の体を抱いてやります。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!「緊張してる?緊張しておちんちんちっちゃいままなんだ。私が緊張ほぐしてあげるから」
と優しく言い聞かせ上着の前を開けてやります。
「なんか汗が。うふふふ」
そのまま上着を脱がせてやります。
M男に抱きついた佑香様は首筋を舐めてやります。
「あ、微妙にしょっぱい。緊張する?ねー脱いでー」
シャツも脱がせていきます。さらに佑香様はM男のズボンに手をかけて前を開いていきます。
「ねーもう乳首立ってるよー。乳首感じやすそー」
とM男の乳首を舐めてやります。
「口に毛が入っちゃう。うふふ。凄い立つんだねー乳首。そんなぴくぴくしないのー」
毛だらけのM男の乳首を吸ったり臍を舐めてやったりします。
「これも脱いで」
と命令されてM男はズボンを脱ぎます。佑香様は後ろからM男を抱いてやると前に回した手で股間を撫でてやりながら首をねじまげさせてキスをしてやります。
「こうやって弄って欲しくてきたんでしょ。もっとべろだして。そー」
おずおずと差し出されたM男の舌を佑香様は強く吸ってやります。そして今度は佑香様の方から舌を差し出してM男にしゃぶらせてやります。
「おちんちん硬くなってきたよ。パンツから出てそう」
M男の前にまわった佑香様は脚のほうからトランクスの中に手を入れえちんぽを握ってやります。ゆっくりと扱いてやりながら乳首を舐めてやります。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!「わー凄い。ぴんとなってる。ピンク色だねー。雁の部分がピンク色になってるよー」
トランクスも脱がせてちんぽを露出させると佑香様は手で握ってよーく観察します。
「うふふ。かわいい」
軽くちんぽを扱いてやります。
「じゃーてかてかにしちゃおっと」
と亀頭に唾液を垂らしてやります。
「先っちょがぬるぬるー」
手のひらで亀頭を擦りながら乳首を舐め舐めしてやります。
「ぴくぴくしてるー。わー尿道がぱくぱくしてるー。ここによだれ入れちゃおー。わーぱくぱくしてるーやらしー。」
唾液まみれのちんぽをぬちゃぬちゃと扱いてやります。
「一日何回ぐらいオナニーしてる?」
「よ、四回ぐらい」
「えー四回も。毎日馬鹿みたいにオナニーしてるんだー。」
M男の脚の間に入った佑香様はちんぽを舐めてやります。亀頭から竿の腹まで舌でぺろぺろと舐めてやります。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!M男を立たせると跪いた佑香様は手を使わずにちんぽをしゃぶってやります。じゅるるるっと音を立てて喉奥まで咥え込んでゆっくりと前後に頭を動かします。ぐちゅぐちゅ、ひゅるるっといやらしい音が響きます。M男のちんぽはすっかり硬くなってしまいます。
「凄い硬い。ほらいっぱい我慢して」
佑香様は激しく頭を前後に振って舌と唇でちんぽを扱きます。唾液まみれのちんぽを吐き出すと玉袋を揉みながら手で扱いてやります。手で扱きながら亀頭を口に含んで手と一緒に頭を前後に揺すってやります。
立ち上がった佑香様はM男を横抱きにすると乳首を舐めながらちんぽを扱いてやります。途中何度も唾液を垂らしながらちんぽを扱きます。
そのまましゃがんだ佑香様は脚の間から手を回して玉袋を揉みながらちんぽを扱きます。ちんぽを扱きながら玉袋を舐めてやったりもします。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!「凄い金玉。あーん、うふーん」
フェラチオをしてやりながら佑香様も興奮してきたようです。ちんぽを扱いたり根元まで口に咥えてじゅぷじゅぷとしゃぶってやったりします。
「先っちょが凄い張ってきた」
佑香様の手コキとフェラ責めが続きます。緊張のためかこんなにすごいフェラでもM男はなかなか射精しません。佑香様は両手を組んでちんぽを激しく扱いてやります。
「な、なんか、出ちゃいそうです」
「出ちゃいそう?いいよ。一杯溜まっているの全部出していいよー。四回分だしてー」
激しく手で扱きながら佑香様は亀頭を舐めてやります。玉袋も揉んでやります。
「あぁ、あっ、あっ」
「わっ、わっ、わー。いっぱーい」
ようやくM男は佑香様の手で扱かれて射精してしまいます。
「一杯でたねー。ほら、じゃぁもっと溜まってるもの一杯だすよ」
そのまま佑香様は激しく手で扱き続けます。上を見上げてM男の表情を伺いながら強くしごくんです。すると直ぐにM男のちんぽから一筋の液体が噴出します。
「わっ、わーっ、直ぐ出たー」
M男のちんぽの正面に顔を寄せて佑香様はなおも扱きます。すると、びゅーーーーっと音を立ててM男のちんぽから大量の潮が噴出して佑香様の顔に浴びせられます。
「わーー、すごーい」
驚きながらも佑香様は嫌な顔をせずにそのまま扱き続けます。するとさらに大量の潮が噴出して佑香様の顔に浴びせられます。
「わー、わーーー」
びゅーっと噴出したものが佑香様の口にも入ってしまいます。
「しょっぱーい」
さらに佑香様は扱き続けます。さらに何度もM男は潮を吹きます。ほんと大量に何度も何度も噴出します。何度も噴出す潮を顔に浴び、口でも受けてやりながら佑香様は扱き続けます。M男が倒れそうになったところでようやく佑香様の手が止まります。
「もうだめ?うふふふ。しょっぱーい」
といいながら佑香様はM男のちんぽをしゃぶって味わいます。
「座っていいよ。凄いでましたねー。しょっぱいよー。精子も一杯出たし。あれ?潮が出すぎて精子が流れちゃいましたね。素質ありますよー」
顔中潮まみれのままで佑香様は笑っています。私には佑香様の方が男に潮を吹かせる素質があると思います。さっき始めて吹かせたばかりなのに2回目でこんな大量に吹かせてしまうのですから。

<その3:黒人男の巨根も潮吹きさせちゃう佑香様>
次は体の大きな黒人男です。巨大な男の上に乗って佑香様はキスをしてやります。キスをしながら膝でちんこのあたりをすりすりしてやります。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!黒人男のブリーフをまくって中をみた佑香様は驚きます。
「わーこんなに!!パンツの中に凄いのが入ってた」
まだ7割立ちぐらいのちんぽですがその大きさに佑香様は驚いています。
黒人男がブリーフを脱ぐと佑香様はうっとりとした表情でちんぽを握ります。
「パンツの中に圧縮されてすごいのが入ってた。黒いちんぽ興奮するー」
さっそく手でちんぽを扱き始めます。ちんぽを扱きながら胸から腹にかけて舐めおりていくとちんぽに向き合います。
「すごい真っ黒。すごーい」
黒人男のちんぽをよーく観察してから玉袋に吸い付いてちんぽを手で扱きます。佑香様に玉袋をぺろぺろと舐められて黒人男のちんぽはどんどん硬く大きくなっていきます。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!「うわー凄い。なんか殺されそう。すごいおっきいんだもん。はぁーん全部舐めたーい」
佑香様は感動しながら黒人男のちんぽ全体をぺろぺろと愛しげに舐めていきます。
「あーん、凄いでかーい。気持ちいい?」
舐めたり扱いたりしてやります。

「もっと奥?」
佑香様は正面からちんぽを咥えるとゆっくりと奥まで飲み込んでいきます。さすがの佑香様でも黒人男の太くて大きなちんぽは苦しそうですがそれを根元まで飲み込んでしまうんです。そして上下に頭を振って長いストロークでちんぽをしゃぶり扱いてやります。
「はぁんもっと奥まで欲しい。あぁーん気持ちいぃー。喉に当たって気持ちいぃー」
佑香様は喉奥までちんぽを咥え込んで快感を感じているようです。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!「もっと奥まで咥えたいから立って」
黒人男を立たせると佑香様は正面からちんぽに挑みます。
「喉の奥まで入るの」
と両手で玉袋を揉みながらちんぽを咥えて喉奥まで飲み込んでいきます。
ほんと佑香様の喉は凄いです。黒人男の巨根を真正面から咥え込んで本当に喉奥まで迎え入れ根元に唇が着くまで飲み込んでいくんです。少しだけ苦しそうですが嫌がる様子もなく喜んで喉奥まで飲み込みます。頭を揺すって出したり入れたりしながら佑香様は自分でおまんこを弄り始めます。佑香様はフェラチオで感じてしまっているようです。佑香様はかなり長いことフェラチオを楽しみます。
「はぁん、喉の奥気持ちいい。はぁ美味しい黒ちんぽ」
嬉しそうにしゃぶってくれます。そしてその黒ちんぽを唾液まみれにしておまんこを弄りながら激しく口と喉に出し入れし続けます。黒人男が佑香様の頭を押さえて腰を突き出し根元まで口に突き入れても佑香様は抵抗せずに受け入れてやります。鼻が黒人男の腹につくぐらいまで押し付けられても中で舌を蠢かせてしゃぶるんです。かえて自分から顔を押し付けるようにして喉で亀頭を締め付けて感じているんです。
「はぁすごーい。喉の奥気持ちよかった。我慢できない。おまんこにいれて」
佑香様は後ろ向きになり体を二つに折ってお尻を突き出します。黒人男がおまんこにちんぽを突き立てて腰を前に送るとめりめりっと佑香様のおまんこが押し広げられます。
「あぁん、でかいでかいでかい。あぁーーん、うぅーーーー」
さすがに佑香様もつらそうですが逃げずに耐えています。黒人男は佑香様のお尻を両手で抱えて腰を前後に動かします。
「だめいきなりは。うぅーあぁーーん」
おまんこの奥を突かれるとさすがに佑香様は悲鳴を上げます。
「あぁーう、うぅーーー、だめーいっちゃうーーー」
黒人男が手を離すとぶしゃーーーっとおまんこから潮を吹きながら佑香様は崩れてしまいます。痛くてダメと言っていた訳ではなくて気持ち良過ぎて直ぐにいってしまうからダメと言っていたようです。
「あぁーんおまんこに入れてー」
さらに求める佑香様。黒人男は膝をついて四つんばいになった佑香様の後ろからちんぽを挿入します。佑香様は背中を弓なりに反らしてお尻を突き出し
「あぁんあぁん、気持ちいぃーーーーー」
と喜んでいます。黒人男は激しく腰を前後に動かして佑香様のおまんこを犯します。
知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!ちんぽを入れたままで佑香様を抱き起こした黒人男はそのまま寝そべって佑香様を上に乗せます。
「あぁー、すごいーー。あぁーーん気持ちいぃーー」
騎乗位になった佑香様は大きく上下に腰を振っておまんこで黒人男のちんぽを扱きます。
「あぁーん、すごーいぃー、気持ちいぃーーー」
佑香様は泣きそうな声で悶えながら腰を振ります。黒人男にしたから突き上げられてぱんぱんと音を立てて飛び跳ねる佑香様。長いちんぽなので抜けることなく飛び跳ねて佑香様はすっごく気持ち良さそうです。
「あぁーーーあぁーーーー気持ちいぃーーーいくーーーーー」
またも佑香様はパイパンのおまんこから潮を吹き出していってしまいます。佑香様の潮でべちょべちょになってしまったのでぐちょぐちょっと音を立てながらなおも黒人男はしたから腰を突き上げて佑香様を飛び跳ねさせます。
正常位の体勢でちんぽを挿入し上から黒人男が覆いかぶさります。佑香様は黒人男にキスされながらも巨大なちんぽをおまんこに出し入れされえ悶えます。
「あぁーん、あぁーん、奥いぃー気持ちいぃーーー、あぁーんすごーい」
激しくちんぽを出し入れされて佑香様は首から上を真っ赤にして悶えます。激しい出し入れでついに黒人男も限界を迎えます。最後の一突きをおまんこに入れてから慌てて立ち上がると佑香様の顔の横に移動します。佑香様が突き出されてちんぽを手で握って扱き始めると直ぐに大量の精液が吹き出して佑香様の顔に浴びせられます。
「あぁーー一杯でた。もっと透明なのも出してー」
佑香様はそのまま黒人男のちんぽを扱き続けます。佑香様にちんぽを扱かれながら黒人男は体を入れ替えてベッドに仰向けに寝ます。黒人男の脚の間に入った佑香様はそのまま両手で激しくちんぽを扱き続けます。
「ほら。ほら。あ声が出てきた。やばくなってきた?おちんちんむずむずしてきた?」
「ハァウ、ハァウ」
佑香様が激しく扱き続けるとついに黒人男のちんぽからぴゅっと一滴潮が噴出します。
「あっ出てきた。ちょっと出てきた。わっ!わっ!」
さらに凄くと今度は大量の潮が吹き出してきます。さらに佑香様は扱き続けます。顔をちんぽの前にもっていって次から次へと吹き出す潮を顔で浴びるようにしながら佑香様は扱き続けます。
「すごーいぃー気持ちいぃー」
「ハァウ、ハァウ、ウン、ウン」
「もうだめ?」
「モウダメ」
最後に一度大きく扱いてから佑香様は手を止めます。すっかり小さくなったちんぽをしゃぶって佑香様は満足そうに笑います。

知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!

知らなきゃ絶対損をする!これが噂の「男の潮吹き」 大沢佑香がもっと男の潮吹き伝授します!