痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め

ここは普通のメンズエステ店のはずなのに、客にエロマッサージをしてM男化するのが大好きな痴女エステシャン様ばかりのお店なんです。オイルを使った全身マッサージからM男を全裸にさせておちんこを手で扱き、ちんぐり返しでお尻を責めたり、顔に座って大事なところを舐めさせたりするんです。それに、一度射精しても痴女エステシャン様は許してくれません。無理やりM男のちんこを握って時間一杯責めつづけるんです。
こんなメンズエステ店がほんとにあったらいいな〜。もしそんなお店を知っていたらこっそり教えてくださいね。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め


マッサージ用ベッドに寝て待つM男のもとに
「失礼しまーす。お待たせしましたー」
とだるそうな感じでピンクのナース服を着たエステシャン様が入ってきます。
「大丈夫ですか?では、普通にマッサージを始めていきますねー」
とM男が着ているバスローブの股間部分を開くエステシャン様。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め「最初、足にオイル塗っていきますねー」
とエステシャン様は両手を使ってM男の足にオイルを塗っていきます。やけに力を入れてごしごしと足の先から太股まで手で擦るんです。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め「踵の方から刺激していきますねー」
とエステシャン様はベッドに腰掛けるとM男の足を持ち上げて左足の踵に噛り付くんです。
「そんな強く噛むんですか?」
M男が怪訝そうに聞いてもエステシャン様は無言で噛み続けるんです。さらに、脹脛を噛み噛みしながら徐々に上に移動していきます。膝裏を通り越して内腿を噛み噛みしながら進み股間に達するとブリーフ越しにちんぽまで噛み噛みしていきます。反対の足も踵から脹脛、内腿と噛み噛みしていきまた股間に達するとちんぽをはぐはぐしていきます。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め「ちょっと下着を履いたままだと効果がないので脱がせていきますねー。足楽にしていていいですよー」
エステシャン様はM男のブリーフに手をかけると脱がせてしまいます。M男は両手で股間を隠しながらも黙って脱がされていきます。
「ちょっと、恥ずかしいです・・・」
「大丈夫ですよ」
事務的な口調でエステシャン様はM男の手を取って両脇によけて股間を露出させるんです。そしてその股間に顔を寄せるとちんぽの腹のあたりを横に咥えて左右に舐め進み、亀頭を咥えて起こすとちゅぱっと音を立てて深くしゃぶってしまうんです。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めそのままちんぽの根元を手で押さえて上下に頭を振ってフェラチオをしてやります。
「どうですかー?」
亀頭をちろちろと舐めながらもあくまでも事務的な口調でM男の様子を確かめます。
「気持ちいいです・・・」
「大分疲れが溜まってるみたいですねー」
とさも当然のマッサージであるかのようなことを言いながらちんぽをしゃぶったりぺろぺろと亀頭を舐めたりしてやります。
「これ、マッサージなんですか?」
「ちゅぱっ。そうですね」
事務的な口調のままでエステシャン様はねっとりとちんぽを舐めたりしゃぶったりし続けます。
「はぁん、くっ、まずいです、まずいです。で、出ます、出ます」
あまりの快感にM男が泣き声をあげるとエステシャン様はようやくちんぽから口を離してきれます。
「うふふふふ」
もっとしゃぶりたかったという表情でエステシャン様は体を起こします。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め口を離したからといってマッサージが終わったわけではありません。エステシャン様はM男のちんぽをゆっくりと扱き続けます。
「やばいです、やばいです」
「んー、じゃ、四つんばいになってもらえますか?」
あくまでも事務的な口調でエステシャン様はそういいます。
「よ、四つんばいですか?」
「はい。頭を逆にしてー」
エステシャン様はベッドから降りるとM男のちんぽを手で握ったままで四つんばいになるのを助けてやります。M男が四つんばいになるとエステシャン様はバスローブをまくりあげて尻を露出させてやります。M男は顔をベッドにつけて尻を高く突き出す恥ずかしいポーズをとります。無言のままエステシャン様はベッドのまわりを歩いて反対側にいきM男の尻に手をおいてベッドに片脚を乗せます。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めそして左手で尻を押さえ右手をM男の足の間に差し込んでちんぽを握り、さらに尻に顔を近づけてアナルに舌を差し込んでやるんです。
「はぁーーん」
M男が喘いでもエステシャン様は無言のままでちんぽを扱きながらアナル舐めを続けます。
「はぁん、あっ、まずくないですか?」
「大丈夫ですよ」
こんなエロいことをしているのにエステシャン様は冷静かつ事務的な口調で答えるんです。M男にとっては事務的な口調で答えられると返って恥ずかしさが増してたまりません。たっぷりとアナル舐めをしたエステシャン様は靴を脱ぎます。さらにスカートの中に手を入れてパンティーも脱いでいきます。M男が四つんばいのままで待っているとエステシャン様はベッドに登り
「失礼しまーす」
と声をかけてM男の股間の下に潜り込むんです。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めそしてちんぽを下からしゃぶりながら左手で玉袋、右手でアナルを刺激し始めるんです。エステシャン様はパンティーを脱いでしまっているのでこちらからはたぶん無毛のおまんこがモザイク越しでぱっくり開いているのが良く見えます。
エステシャン様はM男のアナルに指を少し入れて掻き回したり出し入れしたりしながらちんぽを口に咥えた頭をまわすようにして上下に動かしています。あれ左手は?と思ったら自分の股間に伸ばして指先でおまんこを弄っているんです。事務的な口調だったけどしっかり興奮していたんですね。
「あぁーん、やばいです、やばいです。出ちゃう、出ちゃう、出ちゃう」
四つんばいのまま下からちんぽをしゃぶり扱かれてM男は射精しそうになってしまいます。名残惜しげにもう二三度しゃぶりあげてからエステシャン様はちんぽを離してやりM男の下から抜け出しベッドを降ります。四つんばいのままのM男の尻を両手で撫で撫でしてやると
「じゃ、今度、仰向けになってもらっていいですか?」
と声をかけます。
「はい」
M男が仰向けに寝るとエステシャン様もベッドにあがってきてM男の足の間に入ってきます。そしてM男の足を持ち上げてちんぐり返しの姿勢をとらせるんです。M男の頭がマッサージベッドの顔を入れる穴にはまってしまいちんぐり返しの姿勢がとても安定しています。エステシャン様はM男の背中を支えるように身を寄せて膝立ちになり、上からM男を見下ろしながら右手でちんぽ握って扱き始めます。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めそのまま左手の指先でアナルを弄ってやってからそこに顔を寄せてアナル舐めをしてやります。
「くくっ、くはぁっ」
M男にとって手コキとアナル舐めを同時に施され、感じてしまっている顔を上から見下ろされるこのポーズは最高に恥ずかしいんです。
でもその恥ずかしさがとってもいいんです。苦しい姿勢だけど全身で幸せになれるポーズなんです。手コキ&アナル舐めでしばらく責めてくれたエステシャン様は無言のままで手と口を離し、M男の足を下ろしていきます。そして立ち上がったエステシャン様はさらに無言のままでM男を見下ろしながら踏みつけないようにベッドの上を歩き、M男の顔を跨いでしゃがむんです。
「あっ、先生・・・」
何か言おうとしたM男の口はエステシャン様のおまんことお尻で塞がれてしまいます。エステシャン様は上半身を起こしてM男におまんこを舐めさせながらアナルの匂いを楽しませるように白くてま〜るいお尻を押し付けてやります。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めM男が舌を伸ばして舐め奉仕を始めるとエステシャン様も上体を前に倒してちんぽを咥えてやります。でも熱くなったのか再度上体を起こすとM男の顔にお尻を押し付けるように揺すりながら上半身の服を肌蹴て黒いブラを外してしまいます。
トップレスになったエステシャン様はM男の顔の上で腰を揺すりながらちんぽを握ってしこしこと扱いてやります。ぎしぎしとベッドが振動しています。M男の舐め奉仕で興奮してきたのかエステシャン様はベッドに膝をついておまたをひろげM男にもっともっととおまんこを擦りつけながらちんぽをしゃぶってやります。あいかわらずぎしぎしとベッドを軋ませながらおまんこを擦り付けてきます。
「あぁーー、出そう・・・」
折角エステシャン様が気持ちよくなってきたところなのにM男は情けない声で弱音を吐きます。でも我慢してもっと舐めろと言うかごとくエステシャン様は69のままでベッドを軋ませておまんこをこすり付けながらちんぽをしゃぶり続けます。
「うっうぅーーー出ちゃう出ちゃう出ちゃうー、あっ、あぁーーーー」
どうやらM男はエステシャン様にちんぽを咥えてもらったままで射精してしまったようです。
「うっ、うぅーーーん」
でもエステシャン様はちんぽを咥えたままで強く強く吸って最後の一滴まで精液を搾り出してやります。ようやく全て吸い出したエステシャン様は上体を起こしてM男の顔におまんこを押し付けたままで腹の上に精液を吐き出します。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めM男の顔からおりたエステシャン様は手で精液を掬って舐めたりしながら
「いっぱい出ちゃいましたねー。もう一回出しますかー」
と精液まみてのちんぽを握ってゆるゆると扱き始めるんです。
「い、いやぁーーー、無理です、無理ですー」
M男がそういっているのもかまわずにエステシャン様はちんぽを扱き続けます。両手でちんぽを包むように握ってちゅぷちゅぷと音を立ててしごくんです。
「や、やばやば、あぁー無理ですー」
M男は仰け反って許しを請いますがエステシャン様はやめてくれません。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めそれどころかちんぽを手で扱きながらM男に覆いかぶさってキスをするんです。さっき精液を受けたばかりの口でキスするんですからM男は自分の精液を味合わされているに違いありません。
それでもM男は舌を伸ばしてエステシャン様に吸われて喜んでいます。エステシャン様はM男の舌をちゅーちゅーと吸いながらちんぽを扱き続けています。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め「うぅ、うぅー、うっ」
「ちゅぱっ、ちゅぷっ」
腰を反らして耐えるM男のちんぽをエステシャン様はしこしこ、しこしこと擦りながらキスを続けます。
「また大きくなってきましたよー」
体を起こしたエステシャン様は手コキの速度を速めてやります。
「うぅーー。まずいですー」
M男は足をもぞもぞさせながら耐えています。エステシャン様は乳首を舐めてやりながら
「もう一回いきますー?次のお客さんくるまでゆっくりしていってくださーい」
エステシャン様はれろれろと乳首を舐めながら手コキを続けます。M男はほんと苦しさと快感に翻弄されて息も絶え絶えの状態です。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め「先生、もう・・・無理」
M男が懇願してもエステシャン様はやめようとしません。ずっとちんぽを手で扱きながら乳首を舐めたりキスをしたりいつまでも続けるんです。
「先生、もう無理。もう仕事に戻らないと・・・」
ついにM男はベッドからずり落ちるように身を捩ってエステシャン様の手から逃げてしまいます。
「す、すいません」
そういい残してM男は部屋から逃げ出してしまいます。
「また来て下さいね」
エステシャン様は残念そうに見送るのでした。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め
2番目のエステシャン様はブルーのナース服を着て登場します。少し優しい目ですが事務的な口調でM男にマッサージをしていきます。オイルを両手で塗り伸ばしていくとき際どい部分まで手が入りますがまだ痴女ってる感じはしません。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め「汚れるといけないのでパンツ脱いでください」
とのことでM男がちんぽを露出したあたりからエステシャン様も痴女スイッチがはいっていきたようで何か息が荒くなってきます。でもまだちんぽは触ってくれません。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めM男を四つんばいにさせると尻にもオイルを塗ってやります。M男の尻を両手で割り開き
「お尻の穴がひくひくしてますねー」
京都弁のイントネーションで指摘してくれるのがたまりません。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めと、ついにエステシャン様はM男のちんぽを握ってくれます。
「あん、そんなこともするんですか?」
「そうですよ。ここも血行を良くしていかないと」
竿を扱きながら玉袋もさわさわしてくれます。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めM男を起き上がらせるとちんぽを扱きながら乳首を舐めてやります。完全に痴女モードに入ったようで
「あん、あん、あん」
とエステシャン様の方が興奮して喘いでいます。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めM男を寝かせるとちんぽを扱きながら乳首を舐めてやります。M男の顔を間近で見つめながらうごめく舌を見せ付けるように舐めるんです。あいかわらずエステシャン様の方が興奮した声を漏らしています。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めもう我慢の限界という感じでエステシャン様はM男のちんぽにかぶりつきます。そして手も使って扱きながら亀頭をしゃぶるんです。たまらずM男はエステシャン様の口の中で一回目の射精をしてしまいます。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めでも一度ぐらいの射精では許されません。さらにちんぽを扱き続けM男をちんぐり返しにするとアナルを指で犯すんです。
「あっ、うぅぅ。アナル痛いですー」
とM男は泣き出してしまいます。
「前立腺も刺激したほうがいいんよー」
京都弁でエステシャン様はM男を叱り付けてアナルを指で犯し続けますがどうしてもM男は耐えられないようなので前立腺マッサージは許してやります。ま、確かにちんぐり返しの姿勢では足の重みを支えるために力を抜けずアナルが締まってしまいますからこの角度の指入れは痛いかもしれません。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めアナル責めから開放したからといって痴女行為が終わりというわけではありません。しこしこ、しこしことエステシャン様は両手でM男のちんぽを扱き2回目の射精をさせてしまいます。2回目なのにぴゅぴゅーっと精液が飛んでいます。
「2回目なのに凄く飛びましたよー」
とエステシャン様は笑います。
痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責めそしてさらに責めは続くんです。M男を四つんばいにさせるとエステシャン様は後ろからちんぽをしごいてやります。M男の尻をぱしりぱしりと何度も叩きながら扱くんです。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め2度も射精したので最初は嫌がっていたM男ですが徐々に感じ始めてきて自分から尻を高く突き出して気持ち良さそうに悶えてしまいます。しばらくそのまま責めていたエステシャン様ですが
「あ、時間ですねー」
と急に手を止めてしまいます。
「えっ!ええーーー!!」
M男はもっと責めて欲しそうな顔をしていますが
「もう時間ですのでシャワーを浴びてお帰りになってください。ご案内しますよ」
と事務的な口調でM男を追い立てるエステシャン様はなんとなくにやにやと笑っているのです。きっと最後までM男に羞恥心を味あわせて楽しんでいるんでしょうね。

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め

痴女のいるメンズエステ 逆らえないキスフェラ手コキ責め