社長秘書はインテリ痴女 村上里沙様社長秘書はインテリ痴女 村上里沙様社長秘書はインテリ痴女 村上里沙様
社長秘書はインテリ痴女 村上里沙様社長秘書はインテリ痴女 村上里沙様

社長秘書の村上里沙様は会社内でM男社長やM男社員に痴女ってやります。ダメM男社員には教育的痴女プレイ。甘えん坊M男社長には聖水で風邪回復。この会社は上から下まで全てM男ばかりで村上里沙様は大活躍です。
実は、村上里沙様って今私が一番注目している痴女系AV女優様です。お顔はエロいし、スタイルも抜群、台詞もM男心をくすぐってくれるし、フェラテク、手コキテクそれに騎乗位での腰使いも全てとでもお上手でM男にとって最高の痴女様だと思います。痴女好きM男さんは是非、村上里沙様の痴女っぷりを堪能してください。


<その1:ダメ社員を弄ぶ村上里沙様>
喫茶コーナーでお茶を飲んで休憩している村上里沙様のところに一人の若手M男社員がやってきます。
「この企画書をもう一度見てください」
「またあなたなの?」
半分呆れ気味の里沙様
「この内容ね、とってもよかったんだけど熱意が感じられなかったのよね。プレゼンもねーあんな感じじゃだめよ」
「はー・・・」
「私はねー熱い人が好きなの。どんな時でも熱くなれるひと。私はいつでも熱くなれるわよ」
椅子に座った里沙様はM男を見上げながら自らの手で服の上から胸を弄り始めます。黙っていても痴女っぽさが滲み出てくる里沙様にそんな風に誘惑されたらもうどんな男でも勃起して股間を熱くするのは間違いなしです。
「こっちへいらっしゃい」
M男が近寄ると里沙様はむんずと股間を握ります。
「ここはどうなの?縮みあがってるじゃないの。出してみなさいよ」
とズボンを脱がせ始めるんです。
「え?ちんちんをですか?」
「ちんちんじゃないでしょ。わたしの前ではちんぽでしょ。もたもたしないで。早く。ほら早くー」
ズボンを下ろしたM男の股間をブリーフの上からもみもみしてやります。そして
「ほら、はやくー」
と待ちきれなくなった里沙様はM男のブリーフも脱がせてしまいます。ぽろんと露出されたM男のちんぽはまだ硬くなりかけのだらんとしたままです。
「はー。こーんなにだらーんと垂れ下がっちゃって。ほら、ちんぽ起たせてみなさいよー」
玉袋と垂れちんを揉みながら里沙様は命令するんです。
「ちょっと恥ずかしい・・・」
といいながらも里沙様にちんぽを撫でられるとだんだん硬くなっていきます。
「舐めてあげるわ。こっちにいらっしゃい」
M男はテーブルの上に寝かされます。立ち上がった里沙様はM男の股の間に入り股間に顔を寄せてちんぽに頬擦りします。
「そうよー、いいかっこ。うふん」
右手で根元を支えながらうっとりした表情で亀頭に唇をつけて匂いを楽しむ里沙様。
「いいわよー。だんだん、男らしくなってきたじゃない」
両手で根元を押さえると里沙様は大きな口を開けて伸ばした舌でべろーんとちんぽの腹から亀頭に向けて舐めあげてやります。一度舐めて味わったことでもう抑制のきかなくなった里沙様はぱくりと亀頭を咥えてしゃぶったり、亀頭に舌を絡めてじゅばっと吸ったりしてしまいます。
「あぁーん」
里沙様のねっとりしたフェラテクでM男は喘いでしまいます。
「そうよ。素直に感じなさい」
口に咥えてじゅぷじゅぷと音をたてながら頭を振ったり、唾液まみれでぬるぬるになったそれを両手で扱いたりと里沙様のフェラチオは留まることを知りません。
「いいわー。熱意が感じられるわー」
とM男を褒めながらじっくり味わうんです。
「ちょっと熱くなってきちゃったー」
M男の股間から顔を上げて上着を脱ぎ始める里沙様ですが、その間も常に片手はちんぽを握って離さないんです。
上着を脱いだ里沙様は再度両手でM男のちんぽを捧げもって全体に舌を這わせます。
「あーん、あーん、ちんぽいいわーん。」
竿や亀頭を嘗め回したり、扱いたり、玉袋までべろーんと舐めあげたりと里沙様はちんぽが好きでたまらないようです。
「あーん、こりこりしてー」
M男も素直に感じておねだりしちゃいます。
「そうよー素直になってー。ほらーこうでしょー」
とろとろのちんぽを扱く里沙様の手つきはすっごくいやらしいんです。手首のスナップを利かせて亀頭を扱いたり、手の間から覗いた亀頭の先っぽをぺろぺろ舐めたり。
「あ、ああぁーーー出ちゃう出ちゃう」
「ほらー出してーー」
凄い勢いの手コキでM男は激しく射精してしまいます。
「そうよーそうやって出して欲しかったのー。もっと出るんじゃないのー」
射精させた後も里沙様はちんぽを握ってしごくんです。
「ほらーほらーー」
「あぁーー、あぁーーーーー」
「んー?ダメなのー?」
まだびんびんに勃起しっぱなしのちんぽですが里沙様はしごくのをやめると両手に精液を集めます。そしてその匂いを嗅ぎながら
「あーん、この匂い。だいぶよくなってきたわね。ちゅっ。」
手のひらに唇をつけて精液を吸い舐めると
「でも、まだまだよ。くっさい精液を出せるようにならなきゃね」
るとすっごく満足げに微笑みながら指先の精液を全て舐め取る里沙様でした。

<その2:元気のない社長に聖水を恵んでやる村上里沙様>
「社長、本日のスケジュールは・・・」
次々とスケジュールを読み上げるスーツ姿の社長秘書の村上里沙様。立っている姿を見てるだけでM男なら勃起物です。でも社長はなんだか元気が無い様子。
「あら、社長。今日はいつもと違いますね。いつものように私のお尻やおっぱいを見ながら仕事してくれないと私寂しいです」
「今日は具合悪いし、ちょっと休むよ」
頭を抱えながらソファーに座る社長です。でも里沙様はそんな甘えん坊の社長を許したりしません。
「だらしないですよ。社長。甘えないでください。ちんぽついてますか?」
社長の横に寄り添うように腰掛けた里沙様は服の上からやさしく体を撫でてやります。

「前社長はどんなときでも私をいやらしい目で見ていい仕事してましたよ」
「いやでも・・・熱っぽいし風邪ひいたのかなー」
里沙様がエロっぽく誘惑しているのにまだそんなこと言ってるんです。
「じゃーわかりました。私風邪薬を用意しますからここに寝てください」
社長がソファーに横になると立ち上がった里沙様は自らスカートを捲り上げてピンクと黒のパンティーを露出します。さらにそのパンティーまで里沙様は腰をくねらせながら脱いでしまいます。
そしてソファーの袖に片脚を乗せ両手でおまんこを広げながら社長の顔に狙いを定めるんです。
「大丈夫ですよ社長。苦くないですからねー。うーん、じゃお薬あげますねー」
里沙様のおまんこから聖水がふきだして広がりながらM男社長の顔に降り注ぎます。M男社長は大きな口を開けて降り注ぐ里沙様の聖水を飲みながら顔全体にも浴びてうれしそうです。
「うふふ。はぁーん。これで熱なんか直ります」
里沙様は全て出し終えると聖水まみれのM男社長の顔を手で撫でて刷り込んでやります。
「うん、なんか目が覚めたような気がする」
里沙様の聖水は効果覿面でM男社長は具合悪さから回復してしまいます。
「お薬おいちかったですか?」
「うん、おいちかった」
「うふふふ。おいちかったのー」
幼児言葉で甘えるM男社長に里沙様は優しく微笑みかけて顔中の聖水を舐め取ってやります。
「今日も楽しくお仕事しましょうね。社長」
「はーい」
甘え声のM男社長に里沙様は上からキスをしてやりつつズボンの上から股間を撫でてやります。
「ここもお熱がでてきたみたいですね。じゃ、こっちも私がお熱下げてあげますね」
M男社長を立たせ下半身を露出させた里沙様はおちんぽを両手で握ってゆっくりと扱いてやります。
「恥ずかしい・・・」
「生臭い汁がでちゃってる」
里沙様はじっくり観察しながら指先で我慢汁を掬い取ります。
そして里沙様は大きく口を開くと両手で根元を押さえながらべろりと亀頭を舐め始めます。一度舐めてしまうともうとまらないとばかりに亀頭にしゃぶりついたり、おちんぽ全体を根元からべろべろと舐めたりするんです。里沙様ってほんとフェラが好きでたまらないという感じでちんぽをしゃぶってやり、玉袋もじゅぽじゅぽと吸うんです。
「ここはどう?社長」
ソファーにM男社長を寝かせると里沙様は亀頭をしゃぶりながら乳首を弄ってやります。
「ああん、気持ちいぃー」
M男社長が喘ぐと、里沙様は上にあがっていって亀頭を右手でこねつつ乳首を舐めてやります。
「私も熱くなってきちゃいましたー」
「お熱が出てきたの?」
「そうみたいです」
起き上がった里沙様は自ら服を脱いでいきます。M男社長も起き上がると里沙様の股間に手を差し込んでおまんこをいやらしく弄り始めます。
「あぁん、やっぱり私お熱ありますか?あぁん」
里沙様はM男社長におまんこを弄らせながら腰をくねらせて喜んでいます。
M男社長はCカップぐらいの里沙様のお乳を両手でもみもみします。
「社長、好きにしていいんですよ。うふぅーん」
M男社長の頭を抱えて胸に挟みこんでやります。
M男社長は手で里沙様のおまんこを弄りながらおっぱいを吸わせてもらってとっても嬉しそうです。
「社長。おまんこもーこうやって弄ってください」
里沙様はM男社長の手に手を重ねておまんこの弄り方を指導してやります。
「あぁーん、うふぅーん」
感じている里沙様の表情はすっごくいやらしくて見ているだけで勃起しちゃいます。
「あぁーんクリちゃんくりくり。クリちゃんくりくりしてー。あぁーんしゃちょーあぁーん。もっとくりくりしてーん」
文字に書くとすっごく変な日本語だけど里沙様の台詞はいやらしくて最高です。
「あぁーん、社長のおちんぽも触りたーい、しゃぶりたーい、あぁーん」
M男社長は里沙様のおまんこを弄りながらちんぽを差し出します。すると里沙様は玉袋を握って引き寄せ、亀頭にしゃぶりついていきます。
「うぅん、あぁーん、うはぁーーん」
ちんぽをしゃぶりながら里沙様はすっごく悩ましい声をあげてくれます。M男社長におまんこを弄られて気持ち良さそうに腰をくねらせながら片手でおっぱいを揉みつつM男社長のちんぽをしゃぶってくれるんです。
「ねばねばする液が出てる」
「気持ちいいんです。おまんこ気持ちいいんですー。社長は?ちんぽぬるぬる気持ちいいですか?」
おまんこを弄らせながら里沙様は亀頭にまぶした唾液を潤滑油にして手で亀頭をこねこねしてやります。そして亀頭を咥えたままでおまんこを弄られる快感で
「あぁーん、あぁーーん」
と喘ぐんです。フェラしながら大きな声を出されると振動で亀頭がしびれて結構気持ちいいんですよねー。さらに里沙様はM男社長に命令しておまんこの中に指を入れさせます。そしてじゅぷじゅぷと指を出し入れさせながらちんぽをしゃぶってやるんです。
「あぁん、気持ちいぃ。社長のおちんぽ大好き」
凄い勢いで頭を前後させて唇と舌でちんぽを扱いてやります。
「あぁーーっ、出ちゃうー」
「ダメですー」
M男社長がいきそうになると里沙様は口から吐き出した亀頭をぎゅっと右手で握って強制寸止めをしてやります。
「まだ、いっちゃだめなんですー」
このぎりぎりの瞬間で亀頭を握られるのってすっごく気持ちいいんですよね。でも握った手の動きがちょっとでも大きいと我慢できなくて射精しちゃうから痴女様のテクがかなり必要なんです。里沙様は微妙に手を動かしてM男社長を苦しませますが射精の一歩手前でしっかりと押さえつけてくれるんです。
「だってー、このぐちょぐちょのおまんこでちんぽ扱きたいんでしょ。社長」
「私のおまんこで毒を抜いてあげますから。いきますよ」
M男社長をソファーに横たわらせるとそこにまたがった里沙様はちんぽを手で掴みゆっくりと腰を下ろしていっておまんこで食べてしまいます。
「あぁ、社長すっごい。おっきいー」
うっとりと目を閉じて気持ち良さそうに喘ぎながら里沙様はずぶずぶっとM男社長のちんぽをおまんこで食べていきます。
「あぁーーーん」
根元まで咥えこんだ瞬間の里沙様の喘ぎ声がたまりません。
「あぁーん、すごい。根元まで入っちゃった。社長」
里沙様は根元まで咥えこんだままだ腰をグラインドさせて気持ち良さそうです。大きく上下に腰を揺すってちんぽを扱いてやったりもします。
「社長のちんぽびんびんです。あぁーん、あぁーーん、こうですか?こうですか?あぁーんすごーい奥まで奥までお腹にぐりぐり当たってますよ。社長のちんぽすごーいい。あぁーーん、いぃーーー奥まで刺さってるー」
こんな風に言われたらどんな男でも上に乗ってる女性を楽しませるためにちんぽをぎんぎんに硬くして下から突き上げたくなってしまいます。里沙様って男を操る天才かもしれません。
「あぁーん、あぁーん、気持ちいぃー、気持ちいぃー、こうですか?こうですか?あぁーん、私こんなに感じたの初めてですー」
激しく上下に腰を揺すりながら里沙様は男をその気にさせる台詞を沢山言ってくれます。
「あぁーん、あぁーん、見えますか?社長、良くみてくださーい」
後ろに手をついてM男社長にちんぽを咥え込んだおまんこを見せ付けながら腰を振ってくれます。
「あぁーまるみえー」
「やらしいでしょー。もっと興奮してくださーい。あっ、あぁーーーー、あぁーんいいぃーーーすごーい」
里沙様は激しく腰を振りながら気持ち良さそうに喘いでいます。
「あぁーん社長、社長、あぁーん私このままじゃいっちゃいますーーー、あぁーん社長、社長、あぁーーん、あぁーーん、いくーーーいくーーーーいくーーーっ」
ついに里沙様は騎乗位のままで腰を激しく振っていってしまいます。
「あぁーーん、社長ーーー」
「急にしまったよーー」
「あぁーん、私こんなに気持ちいいと欲張りになっちゃいますーーー」
さらに里沙様は腰をふっておまんこでちんぽを扱きます。
「あぁーーん、あぁーーーん」
里沙様は逆向きになってM男社長の腰を跨ぎおまんこでちんぽを咥えこみます。
「あぁーん、あぁーーーん、見てください、社長もっとみてー」
たっぷんたっぷんと音をたてて腰を上下に振ってやります。
「あぁーーん、私のおまんこいやらしいですか?あぁーん、社長のおちんぽかたーーい、あぁーん」
里沙様は貪欲に腰を振り続けます。
「あぁーーん、いぃーーいぃーーー、あぁーーん社長、社長、ここすごーーい、あぁーーん、もうだめですーーー社長、あっ!あっ!社長ー」
里沙様は凄い嬌声をあげながらまたもいってしまいます。
「あぁーん、社長。今度は社長が後ろからばこばこ突いてくださーい」
里沙様はデスクに手を突いてお尻を突き出してきます。M男社長は里沙様の後ろからおまんこにちんぽを突き立ててぐさりと奥まで突き刺します。
「あぁーーーんすごーーーい、社長の、ふとーーい」
M男社長のピストン奉仕に里沙様はいらしい声で褒めてやります。褒められたM男社長は里沙様に気持ちよくなってもらうために腰を振っておちんぽでピストン奉仕を続けます。
「あぁーんいぃーー社長、一杯ついて、あぁーーんいぃーー、社長素敵、あぁ、あぁ、社長気持ちいぃーー」
里沙様の喘ぎ声はすっごくいやらしいんです。
「あぁー、社長たまんない、あぁー突いて突いてあぁーーいぃ、社長お願いいきたいのーあぁいぃーー」
こんな風にねだられたらどんな男でも射精を我慢して一生懸命ピストン奉仕したくなります。
「あぁーーん、いぃーー、あぁ、いくいくいくっいっちゃうーーーー」
またも里沙様はいってしまいます。でもM男社長は里沙様がいってしまってもさらに激しく腰を振ってピストン奉仕を継続するんです。
「あぁーー!あぁーーー!社長、あぁーーー!」
さらに一段高いところまで里沙様はいってしまいます。痙攣する里沙様から体を離しM男社長がちんぽを引き抜くと里沙様のおまんこからは本気汁がだらりと滴ります。里沙様はしばらくの間デスクの上につっぷしていった余韻にひたります。なんとも色っぽい姿です。
さらにソファーに横たわった里沙様にM男社長は正常位で挑みかかります。
「あぁ、社長、あたし、あぁ、あぁーーん、あっ、あっ、あっ、社長のちんぽ最高。あぁーん一杯入ってる、社長のびんびんのちんぽが。あぁー、気持ちいぃ、気持ちいぃ、うれしーー、あぁーーーーん」
里沙様は夢見心地でピストン奉仕を楽しんでいます。
「あぁ、社長、あぁ溶けちゃいそう、あぁーー、すごいですー、あぁ、あぁぁぁーーーーいぃぃぃぃーー、社長、社長、社長、あぁーーいぃーーーすごいぃぃぃ、はぁん、はぁん、社長、社長、社長、いぃーーー」
「あぁーあぁーあぁーー」
「あぁいいの社長。もっと欲しい、おまんこにずぼずぼ、もっと欲しい、あぁーまたいっちゃう、いっちゃう、社長、あぁーあぁーっ、あぁーっ、あぁーーーーー社長、あっ、あぅ」
「あぁーーーーーーー」
里沙様がいくと同時にM男社長も射精してしまいます。M男社長が体を離しちんぽを引き抜くと里沙様のおまんこからどろーりと白い液体が滴ります。M男社長は里沙様のおまんこに生で中出ししていたんです。
「あぁーん、社長、熱いのが一杯でましたね」
起き上がった里沙様はおまんこからあふれ出る精液を手ですくいます。そしてその手を顔に持っていくと匂いを嗅ぐんです。
「あぁーーー、社長の匂い。ちゅっ」
その精液を指から舐め取ってしまうんです。さらにもう一度おまんこから精液を掬い取ると今度はメガネに塗りつけます。そしてそのメガネを外すとレンズの精液を舐め取るんです。なんていやらしい社長秘書なんでしょう。こんな社長秘書がいたら会社はつぶれてしまいますよね。