FREEDOM パワハラ美人上司の接吻手コキシゴき 藤咲飛鳥様、上原優様、星優乃様、天海ゆり様FREEDOM パワハラ美人上司の接吻手コキシゴき 藤咲飛鳥様、上原優様、星優乃様、天海ゆり様
FREEDOM パワハラ美人上司の接吻手コキシゴき 藤咲飛鳥様、上原優様、星優乃様、天海ゆり様

M男会社員なら誰でも美人女上司様に叱られるのは嬉しいですよね。できれば誰もいない会議室でお尻ぺんぺんで泣かされてM男であることを見破られ、手コキでいかされて二度と逆らえないようにM男奴隷に調教してもらいたいって思いますよね。このビデオではそんなM男の願望をかなえてくれる4人の女上司様が登場します。部下を痴女るだけでなく、顧客にも痴女営業をしかけてしっかり契約をとってしまいます。
エロキスでたっぷりとM男に唾液を飲ませてやり、手コキのときは必ず唾液をローション代わりにたっぷりと垂らしてくれます。M男がいきそうになると根元をぎゅっと握って何度も寸止めをして狂いそうになってからようやくいかせてくれたりもするんです。私としてはこの会社に是非就職したいです。給料安くてもいいんで。

↑上原優様です。この長い舌で全身嘗め回されたいですね〜。


<その1:星優乃様>
M男部下の田中は部長である星優乃様からのお誘いを仕事を理由に断ってしまいます。一旦はあきらめた優乃様ですがどうしてもエロ遊びがしたくなってM男に薬入りのお茶を飲ませて眠らせてしまいます。M男が眠っている間に服を脱がせて粘着テープで手を縛っちゃいます。ようやく目を覚ましたM男の顔を覗き込む優乃様。
「部長。お茶に薬入れました?」
「疲れてただけじゃなーい。ねぇいっつも私の誘いを断って、私のこと嫌いなの?」
「いえ、そんなことないですよ。だっていっつも仕事とか・・・」

「何いってるかわかんなーい」
と優乃様はごちゃごちゃいいわけするM男の口を貪るようにキスします。
「べろちょうだーい」
舌を伸ばしてM男の口中を掻き回すようにしながら指先で乳首をいじってやります。
「ほら、もうこんなにびんびんにしてー」
「あぁーん、ぶちょーーー」
「あなたが今まで誘いを断るからいけないんじゃなーい」


優乃様はじらすようにM男のトランクスの上から指先でちんぽを擦ってやり、さらに乳首も舐めてやります。優乃様はしばらくM男を焦らしてからちんぽをトランクスの脇から露出させてやります。
「もうこんなになってる。いきそうだなんてまだ言わないでよ」
そのちんぽを手で握って扱いてやりながらさらにエロキスを続けます。優乃様はM男の亀頭にたーっぷり唾液を垂らしてやると指先で亀頭をこね回します。
「まだいかないでよ。じゃこっちのちんぽ舐めてあげる。べろだして」
M男が舌を差し出すと優乃様はそれにしゃぶりついてまるでフェラチオをするときのように頭を上下に振って舐めしゃぶってやります。

「べろだして」
と命令するとM男の口に美味しそうな唾液をたーっぷりと垂らしてやります。M男は美味しそうに飲み込んで優乃様に舌をしゃぶられて喜んでいます。
「下のちんぽが寂しい?握るよ。握るよ。」
M男の口に唾液を注ぎながら右手でちんぽを握ってやります。そして扱くんです。
「ああ、いきそう、いきそう」
M男がもう少しでいきそうになった瞬間、優乃様はちんぽから手を離してしまいます。
「まだいかせないよ。」
「えっ、あっいったのに」
「いってないよ。まだ」
また優乃様は手コキ責めを開始します。あいかわらずエロキスを続けながらの手コキでM男は下から腰を突き上げながら喘ぎます。
「あぁ、あぁーっ、いくっ、いくーーっ」
「いいよ。出してー」
「うはぁぁぁーーーーん」
M男は腰を突き上げながら優乃様の手の中で激しく射精してしまいます。
「あーん、どろどろ、どろどろ。さっきいかなかったの全部出てきた。気持ちよかった?」
「はぃ」
「私の誘いを断らなければもっと気持ちいい思いできたのに。今度から断らないでよ」
優乃様はM男に言い聞かせると、さらに手コキとエロキスを続けてやるのでした。

<その2:天海ゆり様>
一人で残業しているM男。仕事などせずに机からエロ本を出してオナニーを始めます。そこに先輩の天海ゆり様がそーっと後ろから近づいてきます。ゆり様に気づいたM男は扱いていたちんぽを慌ててしまいますが後の祭りです。
「溜まってんだ?ちょっといいから私に貸してごらんよ」
「い、いや、いいです」
ゆり様はM男のズボンとパンツを無理やり下ろしておちんこを露出させてしまいます。
「じゃ、あたしが手伝ってあげるよー」
ゆり様に手コキをされて嫌がっていたくせにM男はおとなしく身を任せます。
「ちょっと私に遊ばせてよ。ねー、どうされるのが好きなのよ?」
「・・・」
「あんた溜まってんの?じゃキスしてあげるよ」
「い、いや。キスはいいです」
「何言ってるのよ。して欲しいんでしょ」
手コキしてもらっているくせにキスには抵抗を示すM男ですがゆり様は無理やりキスをしてやります。ゆり様はちんぽをしこしこ扱いてやりながらM男に舌を出させて吸ったり舐めたりしてやります。
「気持ちいい・・・」
「気持ちいいのかよ。じゃつまんない」
M男が素直に喘ぐとゆり様はちんぽから手を離してしまいます。
「嫌ですって言ってみ」
「嫌です」
「じゃ、やってやるよ」
ゆり様はまたちんぽを扱いてやります。嫌がるM男を無理やり苛めるほうがゆり様はお好きなようです。
「あんた、汁すごいねー」
M男のちんぽの先にあふれ出た我慢汁をゆり様は指ですくいます。

「舐めて」
「い、いや・・・」
「舐めて。自分のでしょ。はやく、はやくー」
我慢汁のついた指をゆり様はM男にしゃぶらせます。
「ど?自分の味」
M男はショックでしばらく答えられません。
「しょっぱいです・・・」
「あんた尿酸高いんだよきっと」
またゆり様はちんぽを握って扱き始めます。臭いとかなんとかいろいろとM男を馬鹿にしたりしながらもゆり様はキスをしてやったりしながらちんぽを扱き続けてやります。
「ああ、いきそー」
「いきそう?うっ、うわ」
ゆり様がちんぽの方を振り向くとすぐにどぴゅっどぴゅっとM男は射精してしまいます。その精液を指ですくったゆり様は無理やりM男に舐めさせてやります。
「ど?自分の精子の味?」
「不味いです」
「不味いんだ。でもよかったじゃん。いけて」
「はぃ・・・」
「あー楽しかった。いいストレス発散になった。ありがとう」
しょんぼりするM男の肩をぽんぽんと叩いたゆり様はすっきりした顔で出ていってしまうのでした。

<その3:藤咲飛鳥様>
不動産やの藤咲飛鳥様は部屋を探しにきたお客のM男に物件を案内しています。なかなか決めないお客ですがはやく帰りたい飛鳥様はいつものあのサービスをしてやることにします。

あのサービスとは、エロキスサービスだったんです。M男客を椅子に座らせると飛鳥様は覆いかぶさるようにしてキスをしてやります。
「いいんですよー。サービスですから」
飛鳥様はねっとりとした舌でM男客の舌を舐めてやり、じゅるじゅると音をたてながら唾液を恵んでやります。
最初は驚いていたM男客ですが飛鳥様の甘い唾液を口に注がれてへろへろになっちゃいます。
「あーん、あーん」
とM男は喘ぎながら飛鳥様の舌と唾液を吸っています。
「どうですお客様。契約する気になりました?」
「素晴らしいです。ま、前向きに・・・」
「前向きに?じゃもっとすばらしいサービスをいたしますわ」
飛鳥様は妖しい目つきでM男を見つめながらM男の服を脱がせていきます。
「弊社独自の他にはないサービスですよ。ですからうちで契約なさるのが一番いいんじゃないでしょうか」
営業しながら飛鳥様はM男を裸に剥きあげていきます。ズボンを脱がせパンツも下ろして全裸にしてしまいます。M男を全裸にすると服をきたままの飛鳥様はまたエロキスサービスを始めます。

いわゆるCFNMな状態でのエロキスと手コキのサービスです。服を着たままの女性の前で自分だけ全裸になる恥ずかしさ、それに甘い唾液をたっぷり恵んでくれるエロキス、そして乳首をくすぐったりつねったりとM男にとっては夢のようなサービスなんです。
こんなサービスをされたらすぐに契約したくなりますが、ここはしばらく引き伸ばしておくのが得策です。
「あーん、あぁーん」
飛鳥様に全てをまかせてもだえ続けるM男。飛鳥様は仕事とは無関係のようにM男を責めて楽しんでいるようです。とろとろと唾液を垂らしてM男に恵んでやり、ちんぽを握って亀頭をすりすりと擦ってやったりします。
「お客様?どうですこのサービス?」
「すごいサービスですねー、あーん」
M男のちんぽに唾液を垂らしてやりぬるぬるになった亀頭を扱いてやります。
「気にいりました?うちで契約していただけます」
「勿論、勿論。あぁーん」
この状態で嫌といえる男なんているわけがありません。M男は飛鳥様に痴女ってもらえるなら全財産でも渡してしまうぐらいの感じで契約の約束をしてしまいます。
「お客様ー。すごく勃起してますよー。我慢汁が出てますよー」
「あぁーん、恥ずかしいー」
飛鳥様は羞恥責めのサービスまでしてくれるんです。そのままちんぽを扱いてやる飛鳥様ですがM男が高まってくると手コキのスピードを緩めて快感の時間を引き延ばすようにしてくれます。
「あぁーー、あっ、あっ、あっ、いきそ。いきそー」
「うーん?まだ駄目ですよーお客様」
ぎりぎりのところで飛鳥様は手を止めて根元を握って寸止めするんです。
「もう少しこのサービスを味わってください」
「あぁー、あぁー、はぃー、はぃー」
なんとも上手い寸止めです。ちんぽから手を離さずに握ったままで射精を止めつつ、ぎりぎりの快感を与え続けるのですからもうM男は狂ってしまいそうです。
飛鳥様はまたエロキスをしながらの手コキを始めます。M男にたっぷりと唾液を飲ませてやりながら飛鳥様は手コキを続けます。
「あぁー、いくっ、いくっ、いくっ、あぁーーっ」
今度は寸止めせずに飛鳥様は扱き続けてやります。M男は腰を突き上げて飛鳥様の手の中で射精してしまいます。
「お客様ーとっても濃いのが出ましたよ。どうでした?当社のサービス」
「最高です」
「じゃ、ご契約いただけますね?」
射精したばかりのちんぽをゆっくりと扱きながら飛鳥様が確認します。
「はい。はい。すぐにでも」
「うふふ。ご契約ありがとうございました。また、お声をかけていただければ特別なサービスをいたしますので」
私もこんな営業されたいなー。

<その4:上原優様>
地下室に監禁されているM男の元に上原優様が戻ってきます。
「いい子にしてたのね。えらいわー。今日も気持ちいいことしてあげるからね」
優様はそうM男を褒めてやると両手でM男の体を撫でてやります。

「こんなところにいたから体冷えちゃったんじゃないの」
優しく労わりの言葉をかけてくれますが指先は焦らすようにM男の体を触るんです。焦らされてM男がもだえるのをみながら優様はとっても楽しそうです。
「うふふ、ちょっとひくひくしてる。もっかい見せて」
M男の太ももをかるーく擦りながら焦らすんです。M男の股間はそれだけでもうびんびんでブリーフの前を盛り上げています。一番感じる部分を避けながら全身を指先でくすぐってやってから優様はM男にキスをしてやります。舌と舌を絡めるエロいキスで唾液をたっぷり飲ませてやったり、M男の耳や首筋を舐めてやったりするんです。
エロキスを続けながら優様の手が下におりていっていよいよM男のおちんぽを触ってやります。パンツ越しに亀頭を撫でてやりつつ優様の顔が降りていってM男の乳首をしゃぶってやります。さらに優様の顔が下におりていくとパンツ越しに亀頭の匂いを嗅ぐんです。
「あん、いい香り」
さらに優様の顔はおりていってM男の内腿を舐めてやります。亀頭を撫でられながら内腿を舐めてもらってM男のちんぽはびんびんに勃起しています。

「パンツの中でこんなに大きくなっちゃってー。どれ、見せてごらん」
いよいよ優様はM男のパンツを脱がせてぽろんと露出されたちんぽを直に握ってやります。
「すっごーい。おっきくなってるー。はぁーん可愛いこー」
右手で竿を握り左手の指先で亀頭を撫でてやります。
「ここもぬるぬるにしてあげるわねー」
優様は亀頭に口を寄せるとたっぷりと唾液を垂らしてぬるぬるにしてやります。そして両手でしこしこと扱いてやります。
「あぁん、あぁん、気持ちいぃー。あぁん、いっちゃう、いっちゃう」
「ん?だめよー。ほら私の手の中でおちんちんがどくどくいってる。きっと精子がいっぱい溜まってるのね。でもまだ出さないわよー」
優様はぎゅっとちんぽの根元を握ってM男に寸止めをします。少し収まるとまたしこしこと扱いてやりますが、M男はすぐに根をあげてしまいます。
「あっ、いっちゃう」
「だめ。まだ我慢して。・・・。収まったかしら?ごめんね、こんな意地悪しちゃってー」
また優様は扱き始めます。
「あぁー、出ちゃう出ちゃう出ちゃう」
「駄目よー」
また寸止めです。今度はゆっくりとした動きで手コキを再開します。扱きながら玉袋も揉んでやり、乳首を舐めしゃぶってやります。さらにキスもしてやると
「いっちゃう」
M男がうったえると
「駄目よまだいっちゃ。駄目って言ってるでしょ」
M男がいきそうになるたびに優様はちんぽの根元を握って何度も何度も寸止めします。何度も寸止めで苦しませたところで優様はM男の目隠しを外してやります。
「じゃ、いくとこをちゃんと自分で見て。こんな格好でいかされちゃう自分の姿を見てて」
そう命令すると優様は手コキのスピードを早めてやります。すぐにM男は限界を迎えます。
「ああぁーーいくいくいくっ」
「あぁーん」
ついにM男は優様の手の中でいかされてしまいます。しばらくの間優様はM男の精子を手で塗り広げて遊びます。
「今日はとても楽しかったわ。あなたいい子だからまた明日もしてあげる。じゃーね」
優様はM男をそのまま残して地下室から出て行ってしまうのでした。

<その5:天海ゆり様、藤咲飛鳥様>

仕事のできない駄目なM男部下を天海ゆり様と藤咲飛鳥様が叱ります。でもM男はお二人のお小言を聞きながら勃起してしまいます。それに気づいたゆり様と飛鳥様はさらに怒り出し、M男の下半身を剥きあげて虐め始めます。「汚い」とか「臭い」とか馬鹿にしながらもちんぽを扱いてやったり、亀頭や玉袋をくすぐったりして虐めるんです。虐めながらも優しいお二人の女上司様は交互にM男にキスをしてやりながらちんぽを扱いてやります。お二人で両側から挟んでキスをしながら手コキしてやり何度か寸止めで苦しませます。でも何度目かの寸止めでM男はまだ許可が出ていないのにお漏らししてしまいます。仕事もできないし、M男としても使えない駄目M男にゆう様と飛鳥様はすっかりあきれてしまうのでした。

<その6:星優乃様、上原優様>
応接室でM男客と商談をする星優乃様と上原優様。なかなか渋い客にお二人は一旦席を外します。このままでは落とせそうもないのでお二人は相談していつもの手を使うことにします。

応接室に戻った優乃様と優様はM男客の両側に腰を下ろしエロエロサービスを開始します。
「これは当社の特別サービスなんです」
「もしご契約いただけましたら月に一度はサービスさせていただきます」
「そう。アフターサービスも万全なんですー」
お二人はM男の顔を交互に奪い合いながらエロキスでサービスするんです。
「素晴らしいサービスでしょー」
「う、うん。これなら買っちゃおうかなー」
にたにたしながらM男がさらにキスをせがみますが、お二人は笑っているだけです。
「もっとサービス受けたいんですか?それじゃこちらの契約書にサインをお願いします」
「わ、わかった」
お二人に促されM男は喜んで契約書にサインをしてしまいます。サインが終わると待ちきれないとばかりに優乃様と優様はM男を押し倒してエロキスサービスを再開します。お二人で交互にたっぷりと唾液も恵んでやります。さらにエロキスをしながら徐々にM男の服を脱がせていくんです。

「今日は来てよかったわねー。ここも元気になっちゃってるわー」
優乃様はM男の前にまわるとズボンを脱がせてやります。そしてブリーフの上からおちんぽをまさぐりはじめるんです。その間も優様はエロキスサービスと乳首弄りサービスをしてやります。
おちんぽをまさぐっていた優乃様は
「わたしもー」
と優様と場所を交代してM男に唾液を垂らしてやりエロキスをしてやります。代わって、優様はM男のちんぽをまさぐり、ブリーフの横をもちあげて玉袋だけ露出させ揉み揉みしてやります。
「じゃ、さっそく拝見させていただこうかしら。腰を上げて」
優様がM男のブリーフを脱がせると勃起したちんぽがびよよーんと跳ね返ります。
「やだーびんびーん」
優乃様は横目でちんぽを見ながらエロキスです。優様はちんぽを握って亀頭ににじみ出た我慢汁を塗り広げてやります。

「どう?女二人に責められるのって?初めてなんじゃないのー?」
エロキスと手コキのダブル責めを受けるM男は至福の表情で身を任せています。優様はM男の亀頭に唾液を垂らしてぬるぬるにしてから手で扱いてやります。
大量にあふれ出る我慢汁に興味を示した優乃様がちんぽを握ると今度は優様がM男の顔に回って唾液を垂らしてエロキスをしてやります。優乃様もたっぷりと唾液を垂らしてからちんぽを扱き始めます。

優乃様の優様はエロキス番と手コキ番を何度か交代しながらM男を責めてやります。最後は優乃様がエロキスをしつつ乳首を弄ってやり、優様が玉袋をもみながら唾液まみれてのちんぽをしこしこと扱いてやってM男を射精に導いてやります。
「あん、あん、あぁっ、いきますー」
M男は優様の手の中で大量の精液を吐き出して果ててしまいます。優乃様と優様はその精液を指ですくってM男の乳首に塗りつけて遊びます。
「それじゃ、お客様、ご契約ありがとうございました。10台」
「え、1台じゃないんですか?」
「こちらの契約書に10台と書いてありますよ。本日はありがとうございました」
お二人は立ち上がりM男を見下ろしながらわざとらしく頭を下げて挨拶するのでした。