強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様
強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様

倖田李梨様と南沙也香様がM男に強制舐め奉仕させます。ってかそれ専門のイラマンニのお店なんです。イラマンニとはM男にS女様のあそこを強制的に舐めさせて気持ち良くなることだそうです。少なくともWikipediaには出てこないので本当にそんなの用語があるのか疑問ですがM男の私としては流行って欲しい用語であります。
強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様


<その1>
お店を訪れたM男の前に5サイズぐらい小さなナース服を着た南沙也香様が現れます。胸の前は全然左右が離れてしまって沙也香様のノーブラの巨乳が半分ぐらい見えてるし、裾も股下1cmぐらいしかなくてピンクのストッキングを吊ったガーターベルトが丸見えです。そんな扇情的な格好で沙也香様はM男にプレイの説明をします。
そして
「プレイ前のシャワーはいかが致しますか?私昨日の夜シャワーを浴びただけなのでちょっと匂うかもしれませんが・・・」
少し恥らうような感じで沙也香様はシャワー無しでの舐め奉仕プレイにM男を誘うんです。
「あ、そのままで・・・」
当然M男はシャワー無しの即舐めを選択します。
「うふ。臭いおまんこ好きなんですね」
自分から誘ったくせに沙也香様は少し蔑んだ目でM男を見るんです。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ねぇ、おまんこが好きなの?どんなおまんこが好きなの?」
黒いスーツに着替えた沙也香様は椅子に座ってM男を見下ろしています。
M男は既に全裸になっていて正座して沙也香様を見上げます。M男に早くおまんこを舐めさせたくてうずうずしている沙也香様の表情がとってもエロいです。
「本当におまんこが好きなのね。見たいんでしょ?触っちゃだめよ」
立ち上がった沙也香様はM男を見下ろしながら自らスカートを捲り上げていきます。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ここが好きなんだ。どう?」
再度椅子に座った沙也香様は紫のパンティーとパンストに包まれた股間をM男に見せ付けてやります。
「ねぇ、ここどうしたいの?言ってごらん。恥かしがらないで。ねぇーん見てる?」
食い入る様に股間を見つめるM男の様子に沙也香様もうれしそうです。
「夢中になって見てるのね?うふ。良く見える?」
両脚を真っ直ぐ上に上げてお尻の方までM男に見せてやります。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「今日ね昼間お仕事してたから汗かいておまんこ蒸れちゃったかも。そんなおまんこ好き?」


強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ちょっと匂い嗅いでみる?」
おずおずと近づいてきたM男の頭を手で押さえて沙也香様はおまんこの匂いを嗅がせてやります。
「まだ嗅ぐだけよ。好きなのこれ?」
M男はパンティー+パンスト越しに沙也香様のおまんこの匂いを嗅いで喜んでいます。
「もっと匂い嗅いでいいよ。興奮してきた?うふっ、はぁーん」
沙也香様もおまんこの匂いを嗅がれて興奮しているようです。
「パンストの中はもっと匂うと思うよ。嗅ぎたい?じゃぁ、パンストの中のおまんこの匂い嗅がせてくださいっていってごらん」
「パンストの中のおまんこの匂い嗅がせてください」
「いい子ね」
と沙也香様は自らパンストのお股部分を破いてしまいます。M男は大喜びで沙也香様のお股に顔を押し付けてパンティー越しにおまんこの匂いを味わいます。
「ねーわかる?マン汁出てるのわかる?そんな匂いするでしょ?」
M男はくんくんと鼻を鳴らしながら匂いを楽しみます。
「ねぇ、おまんこの匂い好きでしょ?じゃぁ、沙也香さんのおまんこの匂いが大好きですって言ってごらん」
「沙也香さんのおまんこの匂いが大好きです」
素直に求めるM男に沙也香様はすっごく満足げな表情で笑います。
「いい子ね。もっと良くみたい?わたしのおまんこ」
沙也香様はパンティーを引っ張って紐状にして見せ付けます。既にパンティーには染みが出来ています。
「ねぇ、この中見たいんでしょ?おまんこ見たいんでしょ?じゃぁ、沙也香さんのすけべなおまんこ見せてくださいってお願いしてごらん」
「沙也香さんのすけべなおまんこ見せてください」
「うふ、いい子ね。じゃぁ開くよ。どう?」

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様沙也香様はパンティーを片側に寄せると両手でおまんこを開いてM男に見せ付けます。綺麗なピンクのおまんこだけでなくアナルまで丸見えです。
「どう?良く見ていいのよ。私のビラビラがいやらしく濡れてるでしょ。こんなぐちゃぐちゃなおまんこが好きなんだ。舐めたいの?こんなぬるぬるなのに?」
早く舐めたくておまんこから目が離せないM男を見下ろして沙也香様は満足そうに笑います。
「それじゃーこれからいっぱい舐めてもらうからね。じゃぁまずは、生のおまんこの匂い嗅いでごらん」
M男は沙也香様の股間に顔を近づけてくんくんと匂いを嗅ぎます。
「まだ舐めちゃだめよ。嗅ぐだけ。どう?いやらしく匂うでしょー?」
沙也香様はM男の頭を手で押さえておまんこぎりぎりの位置でお預けを命令します。

「ねぇん、そろそろ舐めたい?」
M男はうんうんと沙也香様の顔を見上げておねだりします。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「このいやらしいおまんこ舐めたいの?じゃぁ舌一杯出して。もっと。舐めさせてあげる!」
舌を伸ばすM男の頭をぐっと股間に引き寄せてついにおまんこを舐めさせてやります。そしてM男の頭を押さえ付けたままで腰をうごめかすんです。
「どう?おまんこの味、どんな味?わたしのおまんこ美味しいでしょー」
M男は沙也香様の問いかけに答える間も惜しくておまんこをぺろぺろと舐め続けています。
「ねぇん、一杯舐めていいのよ。もっと舐めなさいよ。ほらー」
沙也香様はM男の髪を鷲づかみにして揺すり顔をおまんこに擦りつけてやります。M男は幸せそうに沙也香様のおまんこを舐めています。
「あーん、そこそこ。そうベロを使ってクリトリスの皮剥いてん。あぁーん。そう、上手じゃなーい」
舐め奉仕をしてS女様が感じてくれるのってM男にはすっごくうれしいことなんです。このM男さんも沙也香様に褒められて幸せそうに舌を使い続けます。
「はぁーん、幸せでしょーおまんこ舐めれて。昨日の夜から洗ってないのよ。ぜーんぶ舐め取るのよ。あなたのお口で綺麗にしなさい」

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ねぇどう?大好きなおまんこ良く見える?」
ベッドで仰向けに寝たM男の顔を跨いで立った沙也香様はおまんこを見せ付けながら自分で服を脱いでいきます。
「いい眺めでしょ?下からおまんこ見て。あとで一杯舐めさせてあげるからね。よーく見ておきなさい。おまんこ。うふん」
腰をグラインドさせながらどんどん服を脱いでいきます。
「あーん、興奮してきちゃってマン汁が垂れちゃうー」
服を脱いで素晴らしいおっぱいを露出した沙也香様は蟹股状態で腰を下げていきます。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「舐めたいの?舐めさせてあげる。あはぁん」
M男を焦らそうとしたんだけど沙也香様の方が我慢できなくなってすぐにM男に顔面騎乗してしまいます。
M男の鼻にアナルを押し付けて顔全体をお尻で包みおまんこを舐めさせるM男にとってもっとも幸せな顔面騎乗です。M男が舌を伸ばしておまんこに差し込むと沙也香様のそこからはぴちゃぴちゃといやらしい音が漏れてきます。
「一杯舐めなさい。この体勢のほうが大好きなマン汁が一杯垂れてくるでしょー」
確かにこの顔面騎乗ならあふれ出る沙也香様のマン汁は全てM男の口に滴ります。沙也香様は両手をM男の胸に乗せて体を支えつつ腰を左右に振ってM男の顔を押しつぶしおまんこを擦り付けてくれます。
「ほら、一杯舐めなさいよ。美味しいでしょ。あはぁーん」
明らかに沙也香様もM男に舐め奉仕させて感じてくれています。腰を振ってM男におまんことアナルを擦り付けて感じています。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「はぁん、おまんこ舐めながらおちんちんぎんぎんになっちゃって。本当におまんこ好きなのね」
M男は沙也香様に舐め奉仕しながら自分でちんぽを扱き始めます。沙也香様はそんなちんぽを眺めながらM男の顔に跨ったままで腰を揺すって気持ち良さそうです。
「一杯舐めさせてあげる。はぁーん、あぁーん、こんなに一杯マン汁出てうれしいでしょ。美味しいでしょ。いっぱいしこしこして。見ててあげるから」
沙也香様はおまんこを舐めさせながらエロい淫語もいってくれます。
「もっとしこしこしてごらん。顔中マン汁だらけでしょ。幸せね。あぁーん、ほらもっと舌使ってーん、もっとおちんちんしこしこしないとー」

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「すっごいおちんちん。そんなに美味しいの?」
M男のしこしこと同じリズムで腰を上下に揺すっておまんこを舐めさせ続ける沙也香様。指先でM男の乳首も弄ってくれます。
「ねー乳首までこりこりー。幸せでしょー、私のくっさーいマン汁舐めながら一杯ザーメン出しなさい。見ててあげるから」
「あぁーーいっちゃうーーー」
「いいわよー出していいわよー」
ついにM男は沙也香様のおまんこを舐めながら射精してしまいまいます。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「一杯でたねー。すっごい濃厚」
沙也香様はM男の顔に座ったままでちんぽに滴る精液を手に掬います。
「こんなに濃いの出すなんて変態ね」
「今度はもっと一杯舐めさせてあげるからね」
指先で精液を玩ぶ沙也香様はまだM男の顔に跨ったままでおまんこを舐めさせ続けるんです。

<その2>
強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ほーら見てごらん。私ね、この日の為に三日間おまんこ洗ってないの」
倖田李梨様はソファーに座って両脚を抱えあげてM男に真っ赤なパンティーを見せ付けます。
「臭そうでしょ。ほらもっと良く見て。ふふ、私ね、おまんこ舐められるの大好きなの。それもお風呂に入っていないおまんこ舐められるの大好きなの。」
三日間もお風呂に入っていないおまんこってどんな匂いがするのでしょう。濃厚なチーズのような香りなんでしょうか。そんな李梨様のおまんこを舐めさせてもらえるなんてこのM男さんはすっごい幸せ者だと思います。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ちょっと嗅いでごらん。ほらどんな匂い。もっとちゃんと嗅ぎなさいよ」
李梨様はM男の頭を引き寄せておまんこの匂いを嗅がせてやります。
M男はくんくんと音を立てて匂いを嗅いでいます。
「臭いでしょ。臭いですって言いなさい」
「臭いです・・・」
「そう臭いでしょ。ずーっと洗ってないとおまんこ痒くなってくるの。そのおまんこを舐めさせるとすっごく気持ちいいの」
李梨様の赤いパンティーがじんわりと中から染みてきているのがわかります。早くM男に舐めさせたくてマン汁が溢れてきてしまっているようです。

立ち上がった李梨様はスカートの中に手を入れてパンティーを脱ぎます。
強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ほら、見なさい。汚いでしょ」
脱いだパンティーを裏返してM男に見せます。べっとりと大量のマン汁でどろどろのパンティーです。
「三日もほっとくとこんな風になっちゃうのよ。ほら匂い嗅いで」
M男はそのパンティーに鼻をつけてくんくんと匂いを嗅ぎます。
「こんなに汚いのあなた大好きでしょ。こんな臭いの好きなの?変態男ね。ほら舐めてごらん」
李梨様が手に持って広げるそのパンティーをM男は大喜びで舐めていきます。
「ほら舐めとって。これから汚れた下着は全部あなたが舐め取るのよ」
M男はパンティーの汚れをどんどん舐め取っていきます。よーくみながらちょっとも残さずに舐め取るんです。
「ねぇどんな味?」
「美味しいです」
「マン汁固まってるから唾液でよーく溶かしてね」
ここまで変態的なことを命令してくれる李梨様って最高のS女様です。

「あら、綺麗になったわね。美味しかったでしょ。ご褒美あげるわ」
M男に舐め洗濯させて綺麗になったパンティーを見て李梨様は満足そうに微笑みます。そして立ち上がるとゆっくりとワンピースを脱いでいきます。ランジェリー姿−とはいってもパンティーは既に脱いでいるので乳首が見える半カップのブラとガーターベルト+網ストッキング−になった李梨様は再度ソファーに座って両脚を高く上げて開きます。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ほら、近くで見て」
さらに両手でおまんこを開いてM男に見せ付けます。おまんこはモザイクがかかって良く見えませんが黒ずみの少ないアナルはとっても素敵です。
「これが欲しいんでしょ。このきったないおまんこ欲しいでしょ」
「欲しいです」
「でもまだダメよ。もっと音を立てて嗅ぐのよ」
「くんくん」
まだ匂いを嗅がせるだけなんです。とM男の顔を突き放すと何か鎖のような物を取り出します。そしてそれをM男の鼻に引っ掛けて持ち上げるんです。
「ほら、これでくっさいおまんこ嗅ぎやすくなったでしょ。今日から舐め舐めの特訓よ」
M男の鼻にフックのようなものをひっかけて持ち上げて頭の上から後ろにまわして首輪に繋いでしまうと李梨様はまた脚を開いておまんこの匂いをM男に嗅がせてやります。
「じゃぁ、このくっさいおまんこ舐めさせてあげるわ。舌出して。もっと。そう、ほら」
李梨様はM男の頭を押さえてついにおまんこを舐めさせてやります。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「「これからいつでも私のおまんこ綺麗にするのよ。仕事中でも呼び出すからね。いつでもどこでも舐めるのよ。奥まで舌つっこみなさい」
李梨様はM男の頭を押さえつけておまんこを舐め奉仕させるんです。
M男は大喜びで李梨様のおまんこをぺろぺろと音を立てて舐めていきます。
「もっと、こう。しっかり舐めなさいよ」
李梨様は両手でM男の頭を強く押さえつけて舐めさせます。
「おまんこ舐めるしか能がないんでしょ。この変態が」
とM男を叱りながらも李梨様は気持ち良さそうな顔で微笑みます。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「もっと舐めさせてあげるわ」
今度は顔面騎乗です。M男の顔に座った李梨様は気持ち良さそうな表情で腰をいやらしくグラインドさせて舐めさせてくれます。
M男の鼻は李梨様のお尻で包まれて体重を掛けられているのでアナルに鼻先が入ってしまっているでしょう。そんな状態でおまんこを舐めさせえてもらえるのですから最高です。
「ねーちょっと。あなた勃起してるんじゃない?何勃起してんのよ。あんたは気持ちよくならなくていいの。ちょっとその汚いちんこ出してごらん」
M男はブリーフをずりさげてちんぽを露出すると自分の手で扱き始めます。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「何起ってんの?気持ち悪い」
李梨様はM男の顔に座ったままでちんぽを踏みつけてやります。そして足裏でちんぽの腹を擦ってやります。
ぴちゃぴちゃ。
M男は音をたてて李梨様のおまんこを舐めしゃぶります。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様
「私、あんたのちんぽなんて興味ないから」
李梨様は黒いバイブを舐めながら脚を開いておまんこをM男に見せ付けます。
「見ててあげるから自分で扱きなさいよ」
M男み見せ付けながらバイブをおまんこに挿入するんです。
「あーん、見える?ぶっといのがずぼずぼ入ってるでしょ」
バイブのスイッチを入れておまんこに出し入れします。M男はそのようすをじっくりと見ながらちんぽを扱き続けます。李梨様のおまんこからは美味しそうなジュースがあふれ出してアナルの方まで滴っています。李梨様がおまんこからバイブを引き抜くと白く泡立ったとろりとしたマン汁がたっぷりと付着しています。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様そのどろどろのバイブを李梨様はM男に舐めさせてさらにしゃぶらせるんです。
「まんこの味いっぱいでしょ?美味しい?」
「美味しいです」
李梨様はバイブをM男に咥えさせながら自分でちんぽを扱かせます。M男の口からバイブを取り上げると再度おまんこに挿入してスイッチを入れます。
「あぁーん、はぁーん」
バイブをおまんこに出し入れします。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ほら匂い嗅いでごらん。臭いでしょ」
バイブを出し入れしながらM男の頭を押さえておまんこの匂いを嗅がせます。
「私のマン汁美味しいでしょ。舐めてごらん」
M男にバイブの脇からおまんこを舐めさせます。
「綺麗にして。もっと舌を動かしなさい。はぁーん、あぁーん、気持ちよくなってきたわ」
「ちゅぱちゅぱ」
M男はちんぽを扱きながら懸命に李梨様のおまんこを舐めます。李梨様はおまんこにバイブを出し入れしながらすっごい気持ち良さそうに喘いでいます。
「お前は奴隷よ、いつでもどこでもこのおまんこを舐めるのよ。あぁーーん。臭いでしょ。臭くて美味しいですっていいなさい」
「美味しいです」
「あぁーん、李梨様のマンカス美味しいっていいなさい」
「李梨様のマンカス美味しいです」
「もっと吸いなさい。あっ、あぁーーーーん」
ついに李梨様はM男に舐め奉仕させながらいってしまいます。おまんこからバイブを引き抜いた李梨様は
「気持ちよかったー」
とM男を褒めてやります。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「ほら、ちゃんと舐めなさいよ。舐めながら扱くの。うれしいでしょ?」
ソファーにM男を寝かせて李梨様は顔面騎乗してやります。おまんこで鼻を覆って穴に舌を入れさせるんです。
M男は自分でちんぽを扱きながらうれしそうに李梨様のおまんこを舐めています。李梨様はM男の鼻先にクリトリスを擦り付けるように腰を振って楽しんでいます。腰の振り方がなんともいやらしいです。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「もっと扱きなさい。ちゃんと舌出して。もっと」
逆向きにM男の顔に跨ると今度はアナルをM男の鼻に押し付けておまんこを舐め奉仕させます。
「ほら、早く射精しなさいよ。汚いザーメン一杯出しなさいよ」
M男の顔に座ってやりながらオナニーさせてやります。
「あぁーん、気持ちいい」
「あぅ、いくっ」
「早く一杯出しなさいよ」
「あぅーーー」
ついにM男は李梨様のおまんこを舐めながら射精してしまいます。

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様「やっぱりお前、おまんこ舐め奴隷の素質があるわね」
精液を指で掬った李梨様はM男の顔に座ったままで褒めてやります。


<その3>
李梨様と沙也香様が二人で一人のM男におまんこ舐め奉仕をさせるんです。お二人がそれぞれM男におまんこを舐めさせてやったあと、李梨様が顔面騎乗したままで沙也香様がM男のちんぽを手で扱いて射精させてくれます。
強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様

強制クンニリングスサロン イラマンニ 倖田李梨様 南沙也香様