M男専門の痴女エステです。疲れがどうのとかストレスがどうのと言っているのでエロくないエステかと思いきや、やっぱりエロいエステだったのです。でもエステシャンは服を着たままでM男のお客を責めちゃいます。
このお店は服を着た女性の前でM男が全裸になるCFNMなお店でしてエステシャンに見られながらM男は服を脱がなければなりません。恥かしがっても許してもらえず見られてしまいます。エステシャンの女性は服を脱ぎません。しかしパンティーぐらいは見せてくれますし、顔面騎乗もしてくれるので匂いも楽しませてもらえます。コースによってはペニバンでアナルを責めてもらうこともできます。

但し、さんざん恥かしい思いをさせられて興奮してびんびんになってしまっても必ず射精させてもらえるとは限りません。そこは「そういうお店ではありませんので」ということらしいです。
メンズエステ M男的リラクゼーション
←左から、
  花桐まつり様、
  小春様、
  蛯原みなみ様、
  瞳れん様


<その1>
エステは初めてというM男にタイ古式マッサージを進める瞳れん様。
「それではこれに着替えてください」
とパジャマみたいなものを手渡します。着替えるところをじーっと見られて恥かしそうにするM男ですがれん様は
「どうぞ」
というだけでじろじろと着替えをみています。

メンズエステ M男的リラクゼーション着替えが終わるとマットに横になってさっそくれん様のマッサージが始まります。両手両脚を使ってマッサージをするれん様はミニスカートを履いているのでピンクのパンティーが丸見えです。

M男は脚の付け根の微妙なところをれん様に脚でマッサージされて
「あはーん、ああーー」
と小さな声で喘いでしまいます。そんなM男をちょっとエロい目で見下ろしながられん様はマッサージを続けます。

メンズエステ M男的リラクゼーションM男を座らせると、れん様は立ち上がってM男の太股を踏みつけるような感じでマッサージしてやります。M男はパンストを履いたれん様の脚をじーっと見ながら
「あはーん」
と悶えています。

れん様は太股をぐりぐりと踏んでいきながら時おりさりげなくM男の股間も踏んでやっています。
「それではうつぶせになってください」
素直にうつぶせになったM男の背中に立ったまま乗っかるれん様。背中全体を脚で踏んでやったり、膝で踏みつけたりしてやります。開いたM男の脚の間にたったれん様はM男の尻も踏んでやります。尻の割れ目に足先をねじ込んでぐりぐりとアナルと玉袋を踏みつけてやります。とても気持ちよさそうです。なんとなく事務的な感じでそんなところを踏みつけられる感じがいいですねー。

メンズエステ M男的リラクゼーションM男を仰向けにさせたれん様は両脚を持ち上げて股間を踏みつけてやります。いわゆる電気アンマです。
「こうやるとリンパが刺激されていいんですよ」
と足をぶるぶる震わせるんです。

リンパというよりはあきらかにちんぽを踏みつけています。
「どうですか?」
「あっ、ああー。気持ちよくなってきましたー」
ときどき足を交代させながらじっくり踏んでやります。
「だんだん血流が流れてきましたんでこれを脱いでください」
恥かしがるM男から無理矢理パジャマを脱がせて白ブリーフ一枚の姿に剥き上げてしまいます。そして、立ち上がってM男の股間を踏みつけてやります。上からエロい目でM男を見下ろしながら胸を踏んだり、手を引っ張りながら顔を踏んだりしてやります。
「ちょっと失礼します」
というとM男の顔に両脚で乗っかってしまったりもします。
「じゃーそろそろー」
とM男の足の間に移動して白ブリーフまで剥いてしまいます。そしてポロリと露出された勃起ちんぽを直に足で踏んでやります。
M男の足の間に座ったれん様。両脚でちんぽを足コキしてやります。かなり長いこと足コキが続きます。両足で挟んでしこしこ扱いたたり、ちんぽを腹を踏みつけてぶるぶると震わせたりを何度も繰り返します。
立ち上がって上から踏みつけてやりながらちんぽを唾を垂らしてやったりもします。
「どうですか?お客様」
「あっ、はい・・・」
M男は目をつぶって気持ちよさそうにちんぽを踏まれ続けています。大量の唾を垂らされての足コキでちんぽはぬちゃぬちゃと音をたててます。
「あーあふー出そうなんですけど・・・」
「いいですよ出してください」
「あー、あー、出るー」
「わーすっごーい、毒素がたーーっぷり」
ついにM男はれん様の足コキで射精してしまいます。射精してもれん様はしばらくゆっくりと足コキを続けてくれます。
「気持ちよかったですか?またのご来店お待ちしてます」
ちょっと蔑んだような目で笑いながられん様が言ってくれます。

私自身は足コキでいかせてもらった経験はないんですがれん様の足コキを見てるといつか経験してみたいなーって思います。そんなことされて感じちゃう恥かしさですぐにいっちゃいんじゃないかな。

<その2>
メンズエステ M男的リラクゼーション次は小春様のアロマエステコースです。まずはカウンセリングをしてからお部屋へ移動。
「オイル使うので全部脱いで下さい」
と言われ全裸になって小春様の指示を恥かしそうに待つM男。


ベットにうつぶせに寝たM男に小春様は指圧マッサージをしてやります。この辺はあまり面白くないので、カメラは小春様のスカートの中を下から映してくれます。白いTバックパンティーがお尻に食い込んでいます。
「次は仰向けになってください」
指示通り仰向けになるM男。股間にはタオルがかけて隠し胸からマッサージ。

メンズエステ M男的リラクゼーションだんだんと下に降りていってタオルの上からちんぽの両脇もマッサージします。
「ここ気持ちいいですか?」
「はい気持ちいいです」
そんなところをマッサージされると当然M男のちんぽは勃起してしまいます。


タオルを持ち上げるちんぽに気づいた小春様はタオルを引っ張ってちんぽの勃起具合を確かめて笑います。玉袋側のタオルを少し持ち上げてちらりとちんぽを覗いたりしてからタオル越しのマッサージを続けます。
何度かタオルを持ち上げて治まらない勃起チンポを覗く小春様。傍らから短い綿ロープを取り出すとM男の両手を頭の上に上げさせて手首を縛ってしまいます。更に、足首も揃えて別のロープで縛ってしまいます。
「マッサージが気持ち良過ぎてベットから落ちてしまうお客様がいるんです」
と笑いながら縛ってしまいます。

「では始めますねー」
小春様は電マを持ち出してマッサージを開始します。まずは胸からです。そしてだんだんと下に降りていってタオルの上から股間にも当ててやります。
「あふーん」
気持ち良さそうに声を出してしまうM男に対して
「お客様。他のお客様もいますので少し声を下げてください」
だなんて笑いながら注意します。これM男にとってはとても恥かしくていいですねー。

電マのスイッチを一旦止めた小春様。
「失礼しまーす」
といってベットに上がりM男の足の方を向いて跨ぎます。そしてタイトスカートを少したくしあげてしゃがみます。ちょうどM男の顔の真正面に小春様の股間が浮いている姿勢です。その姿勢のまま小春様は電マでM男の股間をマッサージしてやります。
「気持ちいいですか?」
「は、はい」

メンズエステ M男的リラクゼーション小春様は腰を下げてM男の顔に座ってやります。M男は小春様のお尻の匂いをうっとりとしながら嗅いでいます。ちんぽだけでなく玉袋も電マで刺激されます。


小春様は少し意地悪な目つきになってきて亀頭に電マをあててやります。そうするとM男は腰を捩って小春様のお尻の下で喘ぎ声をあげます。
「あぅ、いきそうです」
すると小春様は亀頭から電マを離してちんぽの周りを円を描くように刺激して焦らします。スカートを捲り上げてM男の口元を覗き込みパンティーを履いたままのおまんこをM男の口にぴったりと押し当ててやったりもします。

「でわー今お客さまに一番人気のあることしますねー」
左手でちんぽの根元を摘んで起こすと亀頭の先っぽに電マをちょんちょんとあてるんです。しばらくの間亀頭を責め続けていると
「あ、あぁーいきそうです」
とM男が声を上げます。
「うふふ」
と笑いながら小春様は亀頭から電マを離してしまいます。少し落ち着くとまた亀頭責めです。今度は左手で竿を扱いてやりながら電マを亀頭に当てるんです。なんか小春様の表情がとろーんとしてきています。M男は上下に腰をゆすりながら亀頭責めを楽しんでいます。でも小春様は決していかせてやりません。お尻の下に敷いたM男の顔からいきそうな瞬間を感じ取ってぎりぎりで電マを外すんです。何度もぎりぎりまで責めて寸止めをしてからついに射精をさせてやります。

メンズエステ M男的リラクゼーションしかし射精しただけでは小春様の責めは終わりませんでした。精液がべっとりついたちんぽに小春様は蝋を垂らすんです。M男は歯を喰いしばって熱さに耐えていますが、小春様は楽しそうに蝋を垂らし続けます。


「あぅもう限界ですー」
「もう少し我慢してください」
亀頭だけでなく竿や玉袋にも蝋を垂らして小春様はとても楽しそうです。かなり長いこと蝋燭でちんぽを責めてからふっと息を吹いて蝋燭の火を消す小春様。
「どうでしたか?」
「気持ちよかったです」
「うふ。これでマッサージ終了です」
「ありがとうございました」
でお終い。

<その3>
蛯原みなみ様はM男に回春アナルマッサージをしてやります。

メンズエステ M男的リラクゼーション白ブリーフ一枚でベットにうつぶせに寝かされたM男の汚い尻をみなみ様の美しい指先がマッサージしていきます。アナルの緊張をほぐすように尻を揉んでやるんです。


M男を仰向けに寝かせるとなぜかみなみ様は薄いゴム手袋を両手に履きはじめます。そしてM男に膝を抱えたちんぐり返しをさせると玉袋の脇からアナル周りを揉んでやるんです。こんな恥かしい格好をさせておきながらみなみ様はクールな表情でマッサージを続けるのでM男は恥かしくてたまりません。でも自分から膝を引き付けてアナルをみなみ様にマッサージしてもらってます。いよいよみなみ様の指先がアナルをこねこねと弄り始めます。この瞬間ってM男は早く指を入れて欲しくてたまんないんです。
「あはーん、あーん」
とM男は喘いでおねだりしますがみなみ様はクールな表情を崩さずにアナルをつんつん突付いて焦らしています。

メンズエステ M男的リラクゼーション「じゃぁ指のほう入れてマッサージして参ります」
きたー。ついにみなみ様がアナルに指を突き立ててきます。こんな丁寧な口調でエロいことを言うのでM男は萌えます。


「大丈夫ですよー。妖しいマッサージではないので。」
十分に妖しいマッサージです。みなみ様の細い指先がぐりぐりと回りながらM男のアナルに差し込まれていきます。
「ああーーーん」
細い指なのでM男は全然痛くありません。ワセリンを塗られた指が出たり入ったりしながらくるんくるんとまわるので気持ち良い声を上げてしまいます。
「どうですかー?」
あいかわらずクールな表情でアナル責めを続けるみなみ様。
「前立腺って聞いたことありますか?ここにあるんですけど」
ちょうどそのあたりを指先でつんつんします。
「ここを刺激すると男の人の男性機能が回復するんですよー」
「あぁーーん、あぁーーーん」
M男は気持ちよすぎてみなみ様の解説なんて全然聞いていません。
「大丈夫そうですかー?では指二本にしますねー。」
入れていた人差し指に中指を添えてM男のアナルに挿入するみなみ様。
「あはぁーーーん」
「大丈夫そうですかねー?」
みなみ様は二本の指を出し入れしたり手首を使ってぐりぐりと中でまわしたりして責めてやります。
「大分ほぐれてきましたねー。それではこれから専用の器具を使ってマッサージしてまいりますので少々お待ちくださーい」
みなみ様が取り出したのはアナルパールです。スキンを被せたアナルパールをM男のアナルにずぶずぶっと挿入します。
「あぁーーーん」
アナルパールをゆっくりと出し入れするみなみ様。かなり奥まで挿入していきます。出し入れしながらまわしたりします。だんだん出し入れのスピードが速くなっていきます。
「より効果の強い器具を使いますねー」
かなりぶっといアナルバイブを使い始めます。びーーんと振動するそれをみなみ様は出し入れしたり掻き回したりします。
「大分慣れてきたのえ次のマッサージにうつりますね」

四つんばいになったM男のアナルにみなみ様はペニバンを突き立てます。
「これをしないとー今までに行ったマッサージの効果が半減してしまうんですよ。」
とかいいながらずずずっとペニバンをM男のアナルに挿入していきます。奥まで挿入するとみなみ様は腰を前後にゆっくりと揺すって出し入れします。
「うぅーーーん」
「どうですか?お客様。気持ちいいですよね?」
「うぁーーん、あぁーーーん」
かなり長いストロークでみなみ様はペニバンを出し入れしてやります。
「いかがですか?」
「はぁい」
「いいですか?」
「あぁーん」

「最後は正常位の形でマッサージしますね」
仰向けに寝たM男のアナルにみなみ様はペニバンを挿入します。そしてM男の顔を見ながら腰を前後させてアナルを責めてやります。だんだんとみなみ様の腰の動きがはやくなっていきます。

メンズエステ M男的リラクゼーション「ほらーマッサージのおかげでこんなにおっきくなってますよ」
ペニバンを出し入れしながら両手でちんぽを扱き始めます。


ねっとりとした手つきでちんぽを扱くのてとても気持ちよさそうです。
「そんなにされるといっちゃいそうです」
「だめですよー。まだマッサージ続いてますからねー」
クールというか事務的な表情でアナルとちんぽを責めるみなみ様。M男にとっては笑われるのもいいのですが、こういう風に事務的な表情で責められるのもとても惨めで感じちゃうんです。
みなみ様は亀頭に唾液を垂らしてやって扱き続けます。
「もう十分効果が出てますから好きなときにいっても構いませんからねー」
優しい微笑を浮かべてM男の目を見ながらそう言うんです。亀頭を握ってちゅぷちゅぷと扱きながら。
右手で竿の根元から亀頭までリズム良く扱きながら左手で玉袋を揉み腰につけたペニバンでアナルをずんずんと突くのですからM男はたまりません。
「あぁ、いくっ、いく、いっちゃう、あっあぁーーーー」
ついにM男は射精してしまいます。みなみ様はゆっくりと扱き続けながら
「いっぱい出ましたねー。良かったですね。回復されて。またいつでもいらして下さい」
と優しく微笑むんです。

<その4>
瞳れん様と花桐まつり様が二人でM男を責めてやります。

メンズエステ M男的リラクゼーション白ブリーフ一枚に着替えさせてからうつぶせに寝かせたM男の全身をれん様とまつり様がぱちぱちと叩いてやります。特に尻は念入りに叩いてやります。


仰向けにさせてからも全身を叩き、さらに顔もぱちぱちと二人で叩いてやります。
「大丈夫ですか?」
ぴしゃん。
「大丈夫ですか?」
ぴしゃんぴしゃん。
M男はあーあーと悲鳴をあげながらもれん様とまつり様に叩かれて幸せそうです。

メンズエステ M男的リラクゼーション再度M男をうつぶせにさせるとれん様とまつり様は立ち上がってM男の上に乗っかります。ぴょんぴょんと跳ねて踏みつけるんです。


無茶苦茶に踏まれたり蹴られたりしながらもM男は喜んでいます。さんざん踏んでからM男を仰向けにさせて全身にオイルを振り掛けます。そして足裏でオイルを伸ばしてやります。股間や顔にも足裏でマッサージを広げて踏んで遣ります。

「当店自慢のスペシャルマッサージをさせていただきます。」
とれん様はスカートをめくりピンクのパンティーを膝まで下ろしてM男を跨いで立ちます。まつり様がれん様のお尻にオイルをたっぷりとぬります。

メンズエステ M男的リラクゼーション「失礼しまーす」
とれん様はM男の腹に腰を降ろしてお尻とおまんこを擦りつけます。さらに後ろに下がっていってM男の顔に座り、お尻とおまんこで顔にもオイルを塗ってやります。


れん様は何度も腰を前後に擦り付けてやったり、おまんこで口を塞いで腰をグラインドさせたり、お尻で鼻を挟んでぶるぶるっと左右に激しく揺すったりしてM男の顔をマッサージしてやります。(羨ましい・・・)
れん様の腰は凄い柔軟に動くんです。ぐりんぐりんと腰をまわしてくれるのでたまりません。

れん様がM男の顔から降りると次はまつり様です。まつり様はパンストだけを降ろし紫のパンティーを履いたままでM男の顔を跨ぎます。するとれん様が手にオイルをすくってM男の顔の上でまつり様のお尻にぬってやります。れん様より大きくてやわらかそうなお尻でまつり様はM男の顔をマッサージしてやります。M男の鼻にはアナルを押し当て口はおまんこを押し付けてやっています。

メンズエステ M男的リラクゼーションまつり様が顔面騎乗でお尻を振り始めるとれん様はM男の股間に座ってやります。そして二人で同時に腰を揺すってM男の顔とちんぽを同時に責めるんです。これは贅沢!


「じゃそろそろー」
まつり様が声をかけるとれん様も立ち上がります。M男を起こして座らせるとれん様とまつり様が両側からお尻でM男の顔を挟んでやるんです。
「あははーん」
M男はあまりの幸せさに壊れてきています。

メンズエステ M男的リラクゼーションM男の顔からお尻を離したれん様とまつり様。今度はM男を挟んで向いあって立つとそれぞれ片足をM男の股間に伸ばしていって白ブリーフをずりさげてちんぽを露出させてやります。
「恥かしい、恥かしい」
とM男は喜びます。


「恥かしいとかいいながら起ってますよ」
れん様は生足でM男のちんぽを踏んでやります。まつり様はM男の顎に手をかけると上に向かせて玩びます。れん様が竿、まつり様が亀頭をそれぞれ足で責めてやります。

メンズエステ M男的リラクゼーション「あ、あっ、いきそう、いきそう、ああぅ、恥かしい恥かしい、あぁーーん、いかせてー」
「お客様ー我慢してくださいねー」
れん様の足コキは凄い。M男のちんぽを踏みつけてぶるぶるぶるーっと小刻みに震わせるんです。


最後はM男を立ち上がらせてれん様とまつり様が生足でちんぽを蹴ってやります。超びんびんになって天を向いているちんぽをれん様が蹴り降ろし、まつり様が蹴り上げるんです。両側からお二人が足裏で挟んで扱いたりもします。
腰を引いて逃げようとするM男ですがお二人は無理矢理腰を突き出させるとぴんぴんとけり続けるんです。でも突然お二人は蹴りを止めてしまいます。
「えっ!ど。どうしたんですか?」
「もう終わりですので。」
「え、いかせてくれないの?」
「そういうお店ではありませんので。」
ううーー、これが一番厳しい責めである「お持ち帰り責め」ですね。