メイド服を着た4人の痴女様がM男のアナルを責めてくれます。指、アナルスティック、ペニバンで激しく優しく責めてくれるのでM男達はとても感じてしまっています。痴女様たちは服を脱いだりはせずにずーっとメイド服のままで責めてくれますのでCFNM好きの方にも楽しめるかも。
特に、長谷川ちひろ様と名波ゆら様がペニバンでM男を犯す時の腰使いが良いですね〜。出演女優さんのブログはこちらです。

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様



←左=長谷川ちひろ様、右=早乙女みなき様


<その1>
プールサイドにM男支配人を呼び出して叱り付ける長谷川ちひろ様。
「あんたさーなよなよしてて気持ち悪い。女みたいだからさー女の格好すればいいんだよ」
と後ろに隠していたピンクのビキニ水着を突きつけます。嫌がるM男支配人ですがちひろ様に強引に命令され、ちひろ様の目の前で着替え始めてしまいます。
「あんた似合うじゃなーい」
恥かしがるM男支配人にちひろ様は噴出しながら褒めてやります。
「あんたさー見た目はこれで女の子だからさー、中味も女の子にしてあげるよ。そこに四つんばいになってー」
ちひろ様の命令におどおどしながら従うM男支配人。ちひろ様に尻を向けて四つんばいになります。

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様「これ脱いで。ケツ出してみて」
尻を軽く蹴りながら命令するちひろ様。M男支配人は素直に従い、ビキニ水着の下を膝まで下げて尻を突き出します。
「うわー、ちゃんと洗ってんの?」
汚い物を見て気持ち悪がりながらもM男支配人の尻に片脚を乗せ、開いてアナルを観察してやるちひろ様です。

「すっごい汚れてる。どうして欲しいの?こんなケツ突き出して。本とはなんかして欲しいんじゃないの?ねー。恥かしくないの?こんなケツ突き出して。ねーどうして欲しいの?」
ご自分で命令したくせにこんなこと言って嬲るんです。時々足先で軽くちんぽを蹴ったりしながら。きっとM男支配人のちんぽはびんびんに勃起してるのでしょう。ちひろ様はにやにや笑いながら言葉嬲りを続けます。
その場にしゃがんだちひろ様はM男支配人のケツを後ろから覗き込みながら、少し優しい声で
「何してもらいたいの?」
と聞いてやります。するとM男支配人はついにこう告白してしまいます。
「お尻の穴を弄ってもらいたいです・・・」
「はー?弄ってもらいたいー?弄って下さいでしょ」
「弄って下さい・・・」
「ふっ、お尻の穴が気持ちいいの?あはは」
「はぃ・・・」
「あんたやっぱ情けないねー。うふふ」
立ち上がったちひろ様はM男支配人の尻に片脚を乗せると
「じゃ弄ってあげるよ」
と宣告します。(いいなー)

「じゃーまず汚いからー私の唾で綺麗にしてあげる」
足で踏みつけて尻を広げるとM男支配人のアナルに唾を垂らしてやります。
ぴちゃ
「あうー・・・」
唾液がアナルに命中しただけで喘いでしまうM男支配人。ちひろ様は何度も唾を垂らします。
「あっ」
「あはは。すごーい唾が吸い込まれていくー」

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様「ほらどうして欲しいの?お尻の穴をどうしてほしいの?」
「指を入れてください」
「ゆびー?ちょっとあんたにはそんなことできないわ。汚なすぎて。ちょっといいものあるからそれを使ってみるわ」
ピンクのアナル用アナルスティックを取り出すちひろ様。
「お前これが欲しいんだろ?じゃー入れてあげるよ」


ちひろ様の唾液でぬるぬるになったM男支配人のアナルにアナルスティックを突き立てるちひろ様。
「あん」
「うふふ。すんなり入っちゃうじゃなーい。どうしてー」
するするっとアナルスティックを飲み込んでいくアナルにちひろ様は失笑します。そしてずぶずぶと奥まで挿入すると今度は出し入れを始めます。
「ねーどうしてすんなり入るの?」
ぴしゃりと尻を打ってやってからまたアナルスティックの出し入れを繰り返します。
「いつもやってるんじゃないの?ねー」
「してます・・・」
「そうよねー。じゃないとこんなにずっぼりと入らないものー」
恥かしい性癖を告白させられながらアナルを犯されてM男支配人は感じまくっています。ちひろ様はながーいストロークでアナルスティックを出し入れして責めてやります。
「やっぱ好きなんだね?アナル。じゃーこんなのじゃ足りないでしょう」
「はい・・・」
「もっと激しいほうがいい?」
「はい」
「じゃーもっと激しくしてあげるー。激しくしてくださいは?」
「激しくしてください」
「うふふ」
アナルスティックの出し入れを超高速に切り替えるちひろ様。ずっぼずっぼと出し入れします。そして出し入れしながら左手で尻を打ってやります。
「はぁーん、はぁーん」
「なにそんな女みたいな声あげてー。あんた女なんじゃないの?あはは」
出し入れしながら捻りも加えて責めてやります。

「これじゃ足りないんじゃない?」
かなり長いことアナルスティックでアナルを責めてからそう聞きます。
「はい・・・」
「じゃーしてあげるよー」
とちひろ様はM男支配人のアナルからアナルスティックを引き抜きます。
「ほらーさっきよりも気持ちいいのもってきたよー」
今度はアナルパールです。ボールのような形をしたものが10個ぐらい連なっているあれです。
「ほら、ケツ突き出して」
突き出したM男支配人のアナルにアナルパールをずぼずぼっと一気に挿入してやります。
「ああーーーー、ああーーーー」
ボールが一つ入るたびに切な気な声をあげて悶えるM男支配人。相当気持ち良さそうです。
「あはは」
ちひろ様はその喘ぎ声を聞きながら笑いつつも次々とボール部分を連続して挿入してやります。
「わーこんなに入っちゃったー」
ボール3個残してアナルから突き出ているアナルパールを指先で弾いて笑います。
「はぅー、はぁーん」
さすがにM男支配人も苦しげな声で喘いでいます。でもちひろ様は容赦しません。激しく出し入れを始めるんです。
「ほらー激しいのがいいんでしょー」
「はぁ、はぁん、はぁ、はぁん」
M男支配人はいくつものボールがアナルを出入りする快感に狂ったように悶えます。それを見てちひろ様は笑いながら楽しそうに出し入れのスピードを速めます。(これはホントに気持ちよさそうです)
「ねー恥かしくないのー?アナル調教されてー」
「はぁん、はぁん、恥かしいですー、あぁーん、はぁーん」
「あはは、もうひーひーいっちゃってーあんた馬鹿じゃないの?男でしょー」
ちひろ様ってほんと恥かしい思いをさせるのが上手です。
「どうなの?ん?」
「はぁん、はぁん」
「言わないとやめちゃうよ」
「気持ちいいですー」
「どこが?」
「お尻の穴が気持ちいいですー」
「お尻の穴だって。あなた支配人でしょー。おもしろーい」
凄いスピードで出し入れを繰り返します。
「お願いです、気持ちよくしてください」
「なにー?聞こえなーい」
「お願いです。もっと、もっと気持ちよくしてください」
「うっふふ。気持ちよくして欲しいの?」
「はい」
「いいよー、じゃぁーその前にー私も気持ちよくしてくれる?」
「は、はい」
「じゃ起き上がって」

立ち上がったちひろ様の前に犬のように跪くM男支配人。ちひろ様はゆっくりとスカートの裾を持ち上げます。すると中からペニバンが現れたのです。(おおー)
「好きでしょーしゃぶって」
と腰を突き出すちひろ様。M男支配人は大喜びでちひろ様のペニバンの先を咥えてしゃぶります。亀頭部分をしゃぶって頭を前後に揺すって出し入れしますが
「そんなんじゃ全然気持ちよくない。ほらもっと奥までしゃぶってー」
ちひろ様は片手でM男支配人の頭を押さえると無理矢理奥まで咥えさせ、腰を振って出し入れさせるんです。
「んーーんーー」
M男支配人は喉の奥を突かれて苦しそうな声をあげますがちひろ様は許しません。
「もっとちゃんとよくしゃぶれよー」
ちひろ様に気持ちよくなっていただく為にM男支配人は懸命に頭を振ってフェラチオ奉仕をします。するとちひろ様はM男支配人の鼻を摘んで
「もっと奥まで入るでしょ。ほら口開けて」
かなり深いところまで無理矢理挿入するんです。でもM男支配人はえらいです。抵抗せずに喉奥までペニバンを受け入れてしまいます。
「あんたがーちゃんと舐めたらご褒美にもーっと気持ちいいことしてあげる。ほら、舌出していっぱいぺろぺろ舐めて」
M男支配人はご褒美が欲しくて一生懸命舐めたりしゃぶったりのご奉仕を続けます。
「入れて欲しいんでしょ?あそこに。ねー」
「はい」
「入れてくださいは?」
「い、入れてください」
「じゃ、ケツ突き出して」

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様「ほら、じゃあご褒美に責めてあげるよ」
尻を上に突き出して四つんばいになったM男支配人。そのアナルにちひろ様はペニバンを突き立てます。ずぶぶっと入っていくと
「あはぁん」
と悶えるM男支配人。(羨ましい・・・)
「ほら。うっふふふ」
ちひろ様は腰を前後に揺すってM男支配人のアナルをペニバンで犯してやります。
「あ、あぁ、あぁん、あぁん」
「ほらーどう?気持ちいいー?」
「気持ちいいー」
パンパンと尻を叩いてやりながら犯すちひろ様。M男支配人はうれしさと気持ち良さを表現するように下から腰を突き上げて喘いでいます。
「あはは、あんた変態ねー。すっごいずーっぽり入ってルー」
ときどきペニバンを入れたアナルに唾液を垂らしてやりながら犯すちひろ様。
「気持ちいい?」
「気持ちいいですー」
M男にとって最高の幸せですよねS女様にアナルをペニバンで犯してもらえるなんて。このM男支配人もとても幸せそうに悶えています。
「すっごいいっぱい入ってるねー。うれしい?」
「うれしいです」
「よかったねーいっぱい気持ちよくなれて」
かなり長いこと後ろからのアナルレイプが続きます。

「今度は正常位になって」
アナルからペニバンを引き抜くちひろ様。
「すっごい丸見え。お尻の穴にこんなもの入れられて恥かしくないの?」
「はずかしいです・・・」
仰向けになって両脚を抱えあげたM男支配人。そのアナルをペニバンで犯してやるちひろ様。唾液を足してやるとまた激しく腰を使ってアナルを責め立てます。
「あぁん、あはぁぁぁん」
M男支配人はアナルを犯されて手放しで喜んでいます。
「あはは、あはは」
ちひろ様はそんな情けないM男支配人を見下ろしながら笑って犯し続けます。
「どうなの?どこが気持ちいいの?」
「はぁ、はぁん、お尻の穴が気持ちいいー」
「あはは、ばっかちゃないのー」
一旦突かれてペニバンを抜くちひろ様。でもとても優しいちひろ様は
「もっと?」
と聞いてやります。
「もっとお願いします」
我侭なM男支配人がそういうと疲れているにもかかわらずちひろ様はまたアナルにペニバンを挿入してやるんです。そして腰を振ってアナルを犯してやります。

「あれーなんかちんちん大きくなってるんじゃない?自分で触りなさいよ。突いていてあげるから」
ちひろ様にアナルを犯されながら自分でちんぽを扱き始めるM男支配人。アナルを出入りするペニバンに合わせてちんぽを扱きます。
「あんた女の子みたいね。そんな格好でちんこしこしこして。ほらーこんな奥まではいってるよーお尻の穴に。どう?気持ちいい?」
「あ、いくっ」
「いっちゃうの?いいよー」
ついにM男支配人はちひろ様にアナルを犯されながら激しく射精してしまいます。
「あんたさーお尻の穴突かれながらいっちゃったのー?これで女の子の気持ちがわかった?また今度教えてあげるね」
ちひろ様ってなんてすばらしいS女様なんでしょう。こんな風に犯してくれるなんて最高です。

<その2>
メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様メイド服の早乙女みなき様がお兄ちゃんのアナルを責めちゃいます。かわいい妹が突然スカートを捲り上げてペニバンを突き出し口に咥えさせてくるんです。そして長時間そのペニバンにフェラチオ奉仕をさせるんです。


メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様「お兄ちゃんはみなきのおちんちんどこで食べるが好きなんだっけ?」
「お尻で食べるのが好き」
「でしょ。じゃぁ、いっぱい食べさせてあげる。うふ」
フェラチオ奉仕のご褒美にそのペニバンでアナルを犯してくれます。ペニバンを入れる前に指やアナルスティックでじっくりとアナルを責めて広げてくれるやさしいみなき様です。

途中でめがねをかけたみなき様はもっと淫乱になります。

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様最後は正常位でアナルを犯しながら手でちんぽを扱いてくれます。
「お兄ちゃん。お尻いっぱいずぼずぼされて気持ちよくなっちゃったのー?」
これにはたまらずM男兄ちゃんは直ぐに射精してしまいます。その精液を手に取ったみなき様はお兄ちゃんに舐めさせてやるんです。


<その3>
新人メイドの名波ゆら様がM男主人を責めちゃいます。

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様「ご主人様のために立派なメイドになります」
というゆら様に最初の仕事を頼むよというM男主人。何を言い出すかと思ったら
「僕のアナルを責めてくれないかな?」
「アナルですか・・・?」
戸惑いながらも承知するゆら様。

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様腕を組んで仁王立ちするM男主人の後ろに跪いたゆら様は、M男主人の下半身を裸にします。
「じゃーまずは僕のアナルをじっくり見てごらん」
ド変態でドMのM男主人は自ら尻を突き出して両手で割り開きゆら様にアナルを見せ付けます。
「ご主人様のアナルってすっごく臭くて汚いんですねー」
と顔を近づけてアナルを覗き込むゆら様です。

「そういう風にもっと言葉で責めてくれ」
責めてもらうくせに偉そうなM男主人。
「僕のアナルを指でたっぷり嬲ってくれ」
といわれて
「わかりました。こうですか?ご主人様」
と生指でアナルを責めてやるゆら様なんです。M男主人はあれこれと責め方を命令しつつも
「あぁん、いいーいいー、おおー、いいよーいいー」
と悶えます。ゆら様はM男主人が気持ちよくなるように一生懸命アナルに指を出し入れします。
「ご主人様のアナルが指をもう一本要求していますよー」
「初めてなのに君はすばらしいメイドだね」
「うれしいですー。じゃあもう一本いれちゃいますよー。すっごい締まってますご主人さまー。気持ちいいですかー?」
「あ、あぁーーー、おーー、あぁーー」
「ご主人さまー次は何をして欲しいですかー?」
「僕のアナルに唾をかけてくれ」
「唾ですか?かしこまりました」
かーぺっとかわいい顔に似合わない感じで唾をかけるゆら様。そしてぬるぬるになったアナルに二本の指を激しく出し入れして責めてやるんです。
「すっごいぐちゅぐちゅいってます。やらしい音してますよご主人様。聞こえますか?ぐちゅぐちゅしてるの。ご主人様のアナルってやっぱり変態ですね」
「あぁー、ああーーー」
「ご主人様の喘ぎ声を聞いていたら顔を見ながら責めてみたくなりましたわ」

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様床に寝てちんぐり返しされるM男主人。
「なんて無様な格好なんでしょう。唾でたっぷりと綺麗にしてあげますわ」
ゆら様はたっぷりとM男主人のアナルに唾液を垂らしてやります。そして生指でアナルに唾液を塗りこめてやります。アナルに唾液をしみ込ませると指を入れて激しく出し入れを始めます。

指を二本にすると激しく出し入れしながら
「すごーいど変態ですねー。気持ちいいですかー?」
さらに左手の人差し指も足して三本の指で責めてやります。
「すごーい入っちゃいましたよー三本」
アナルをほじるように掻き回したり激しく出し入れしたりするんです。

次はちんぐり返しのままアナルスティックをずぼずぼっと奥まで挿入して激しく出し入れしてやります。するとM男主人は
「すまないがそのまま私のチンポを扱いてくれないか」
とお願いします。
「いいですよー。あれー?ご主人様、何かお汁が出てますよ。まだ触ってないのにやらしー」
と嬲ってからそのちんぽを握ってやります。アナルスティックを激しく出し入れしながら同じリズムでちんぽも扱いてやります。亀頭にも唾液を垂らして扱いてやります。責めながらときどきあひる口になるゆら様ってとってもかわいいです。
「あ、いっちゃいそう」
「いっちゃうんですかー」
そのまま扱き続けるとM男主人は自分に向けて射精してしまいます。その腹にたまった精液を指先でいじりながら
「ご主人様ー自分にかかってますよー」
と遊びます。
「ご主人さまー気持ちよかったですかー」
まだアナルに突き立っているアナルスティックをゆっくり出し入れしながらM男主人の顔を見下ろしてきくゆら様。
「ああ、君は最高のメイドだー」
「でも私、こんなど変態のご主人様に仕える気はありませんから。御機嫌よう」
ゆら様はちんぐり返し体勢のM男主人を残して部屋を出て行ってしまうのです。
「またダメだったか・・・」

<その4>
メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様二人のメイド、笠木あやか様と早乙女みなき様が中年のM男兄ちゃんを責めちゃいます。

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様

<その5>
メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様笠木あやか様と名波ゆら様がお互いにペニバンを装着してレズってます。お互いにフェラチオ奉仕をして相手を悶えさせます。

メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様途中でM男も乱入して3人で遊びます。
メイド アナルを犯される男達 名波ゆら様、長谷川ちひろ様、笠木あやか様、早乙女みなき様