超エロボディーの風間ゆみ様が手コキでM男を責めるビデオです。ゆみ様のボディはなんともすばらしいです。大きくて張りがあってつんと上を向いたおっぱいがたまりません。お尻も大きく丸くてすべすべしていて顔騎してもらったら最高のお尻です。そんな素晴らしいボディのゆみ様がM男をいやらしく虐めて楽しんでいます。
手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様
手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様
ぶっといディルドーを手で扱いたりしゃぶったりして挑発するゆみ様です。それを素晴らしいおっぱいの間に挟んでおっぱいと一緒に両手で揉みながら亀頭部分をしゃぶって
「こうやって挟まれながら舐められると気持ちいいでしょー?こーんなにびんびんになっちゃってー」
と笑いながら目を輝かせて挑発してきます。唾液でぬるぬるになったそれを激しく手で扱きながら
「気持ち良くて狂っちゃうでしょー。いいのよいっぱい感じてー」
と尚も挑発し続けます。すごい勢いで手コキをしているのですがディルドーだから良いものの本物のちんぽだったらとっくに爆発してますよーというぐらいの激しさです。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様
手を後ろに縛られた二人のM男が立っています。二人の間に入ったゆみ様はしゃがんで両M男の股間に後ろから手を回してブリーフの上からちんぽを揉んでやります。エナメルのロンググローブを嵌めたゆみさまの手の動きでM男二人は悶絶してしまいます。
M男Aを放置したまま、ゆみ様はM男Bに向います。体中を撫で回してやってから
「乳首が感じちゃうんだよねー?」
「はぃ・・・」
少しかがんでM男Bの乳首に吸い付いてやります。ちゅちゅっーと吸ってやります。そして大きく膨らんでいる股間に手をやります。ブリーフの上から鷲づかみにして揉んでやると
「あはぁー」
とM男Bが悶絶します。ゆみ様はM男Bの前にしゃがむとブリーフに手をかけます。
「よっくみせてー」
「はぃー」
とその黒ブリーフを脱がせてしまいます。ぽろりと飛び出したM男Bのちんぽをねっとりとした目で見つめながらゆみ様がロンググローブを脱いでしまいます。でもすぐにちんぽを握ってやったりはしません。ちんぽをねっとりと見つめながら指先でM男Bのお腹や太股を撫でてやりだけです。M男Bのちんぽはぴくんぴくんと跳ね上がりはやく握って欲しいとおねだりしているようです。
「ちんちんぴくぴくしちゃってるわね」
笑いながらゆみ様はM男Bの顔を見上げます。
「はい・・・」
ようやくゆみ様はそのちんぽを握ってやります。根元のほうをしっかりと握りゆっくりと扱いてやります。左右の手を交互に変えながら手コキをしてやります。
「こうやって扱かれるのが気持ちいいんでしょー?」
「はい、気持ちいいですー」
右手でしっかりとちんぽを握って中ぐらいのスピードで連続して扱いてやります。そのままM男Aのほうを振り返って見上げると
「見てごらんなさーい」
「はい・・・」
「こーんな気持ちよさそうな顔してる、ほらーもっといい顔してごらーん」
「ああ、気持ちいい?」
「どう?」
「うらやましいです」
M男AはM男Bの状態をみて早く自分もちんぽを扱いて欲しくてたまりません。
「あんたもこういう風にしてもらいたい?」
「はい、はい、してもらいたいですー」
泣きそうな声でおねだりするM男Aです。M男Bのちんぽから手を離したゆみ様はしゃがんだままでM男Aに向き直ります。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様
立ち上がってM男Aによりそったゆみ様はそのすばらしいおっぱいをM男Aの体に押し付けてやりつつ左手で黒ブリーフの上からちんぽをさすってやります。
「あはぁーん」
感動の声をあげるM男A。ゆみ様はおっぱいをこすりつけながらM男Aの足元にしゃがみちんぽを揉んでやります。
「みせてごら〜ん」
と優しくM男Aのブリーフを脱がせてやります。半起ち状態でうなだれているM男Aのちんぽを握ったゆみ様はゆっくりと扱いてやります。悪戯っぽい目でM男Aの顔を見上げながら
「こうされたいのー?」
「はーはいー扱いて下さい」
「うふ」
ゆみ様に扱かれてM男Aのちんぽはだんだんと堅くなっていきます。ゆみ様がちんぽを扱く時にはその素晴らしいおっぱいがぷるんぷるんと揺れてとてもエロいです。
「ん?気持ちいいの?」
「気持ちいいですー」
「これはー?」
玉袋を揉んでやります。
「ああ、気持ちいいですー」
そのままゆみ様はM男Bのほうを振り返ります。
「どう?人がやられてるのを見ると興奮する?」
「はい・・・」

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様
「おいでー」
M男Bも呼び寄せてM男Aと向かい合って起たせると両方のちんぽを左右の手で握ってやるゆみ様です。そして二本のちんぽを同時に手コキしてやります。
「はぁーはぁー、ああん」
「あん、いいー」
「うふふ」
二人のM男が同時に悶える様子を見ながらゆみ様は楽しそうに手コキを続けます。両手で手コキをしているのでゆみ様のおっぱいは両方ともぷるんぷるんと揺れています。とゆみ様はM男Bのちんぽに顔を近づけると大きな口をあけてそれを咥えてしまいます。じゅぷぷと音を立てながら。
「ああん」
M男Bは腰を突き出して悶えます。ゆみ様の右手はM男Aのちんぽを握ったままで扱き続けています。同時に頭を大きく前後に振ってM男Bのちんぽを唇と舌で扱いてやっています。ぐちゅぐちゅちゅぱちゅぱとやらしい音を立てながらフェラチオをしてやっています。
「あぁーーー」
M男Bが大きな声で喘ぐと、ちゅぱっという音を立ててちんぽを口から吐き出すゆみ様。そのちんぽを左手で握ってじっくりと観察します。
「すーぐびんびんになっちゃうのねー」
唾液まみれのちんぽをゆっくりと指先で撫でてやります。そして再度顔を近づけると
「大好きよー」
といってまた亀頭を咥えてやります。ちゅぱちゅぱじゅぷじゅるるとまたいやらしい音を立てて何度かちんぽをしゃぶりコキしてやります。時々口から吐き出してねっとりと見つめながら手でしごくとまたしゃぶりついてちゅぷちゅぷと舐めしゃぶってやります。M男Bのちんぽから口を離したゆみ様は二本のちんぽを手コキしながらM男Aの方を見上げます。
「あなたも舐めて欲しい?」
「はい、はい、あー舐めてください」
当然M男Aもおねだりします。ゆみ様は今度はM男Aのちんぽをじゅぽじゅぽっと音を立てながら舐めしゃぶってやります。当然左手ではM男Bのちんぽを扱いてやっています。M男Aにもたっぷりとフェラチオしてやってから二本のちんぽを同時手コキで責め立てます。
「いー眺めー。もっと声だしてー」
「はーー、はぁーーー」
「あ、あー、ああー」
微妙に違う喘ぎ方をする二人のM男。ゆみ様はM男Bのちんぽにしゃぶりついてちゅぽちゅぽじゅぼじゅぼと音を立ててフェラチオしてやります。M男Aのちんぽから手を離すとM男Bにかかりっきりでフェラチオと手コキを繰り返して責め立てます。だんだんとM男Bの息が荒くなっていきます。ゆみ様は楽しそうに笑いながら手コキのスピードを速めていきます。
再度M男Aのちんぽも握ってやります。そして二本同時手コキを再開します。でもまたM男Aのちんぽから手を離します。どうやらゆみ様はM男Bを先に追い込むことに決めたようです。
「あ、あぁー、はぁーーー」
ゆみ様の激しい手コキでM男Bは追い込まれていきます。ゆみ様は左手でM男Bの乳首を弄ってやりながら右手で激しい手コキを続けます。ときおりかぷりと咥えて激しく前後に頭を振ります。たっぷりと唾液を溜めた口で激しくフェラチオをするのでじゅぽじゅぽといやらしい音が響きます。
「もういっちゃいそうです」
「んん?いっちゃいそう?」
「はい・・・」
「ふーん。いってもいいのよ」
ゆみ様の激しいフェラチオが続きます。亀頭中心に唇と舌で扱きたてています。
「いっちゃいそう、いっちゃいますよ」
「んー」
「いいですか?いきますよ。あ、いくーー」
ついにM男Bはゆみ様の口の中に射精してしまいました。M男Bから離れたゆみ様は精液を口にためたままでM男Aに向き直ります。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様
「何するんですか?やだ、やだ」
ゆみ様はM男Bの精液をM男Aのちんぽに垂らします。そしてそれを潤滑油がわりにしてM男Aのちんぽを手で扱き始めます。
「あー、あーー、あぁ」
「気持ちいい?」
「あはん、気持ちいいー」
「もっと気持ちよくなってー」
「はい」
ゆみ様は激しい手コキを続けます。M男Bの精液がぬちゃぬちゃと音を立てています。
「はぁーいい、はぁーー」
M男Aのちんぽは天を突くように堅くなっています。
「あぁーもうだめです」
「いっちゃう?」
「はい。出していいですかー?」
「いっぱい出してー」
追い込むようにゆみ様の手コキのスピードが速くなります。
「あぁーっ、いくー」
どくりどくりとM男Aのちんぽから精液があふれ出ます。その精液を手に掬い取ったゆみ様はうれしそうに両手で広げています。
「いっぱいでちゃったねー気持ちよかった?」
「はい、気持ちよかったです」
ゆみ様はM男Bの方を振り返り
「気持ちよかった?」
とききます。当然M男Bも
「気持ちよかったです」
と答えます。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」 Vol.2 風間ゆみ様