西条麗様の手コキ痴女ビデオです。麗様ってすごく優しい口調で子供をあやすようにM男を扱ってくれるのですが、その口調とは違って内容はとても厳しいんです。散々挑発してからお預けを喰らわせたり、快感で狂いそうになってるM男をさらに責めたりするんです。でも、顔面騎乗でちゃんとご奉仕をして麗様を喜ばせたM男にはエロいポーズを見せてやって手で射精させてくれるんです。きっと私が麗様に調教されたら完全に麗様の虜になっちゃうと思います。
痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
地下室にて天井から垂れ下がるワイヤーに両手を吊られて立ったいるM男。その目の前には赤いランジェリー姿の麗様が椅子に座っています。立ち上がった麗様はM男に近づくとシャツのボタンを外して両手で両乳首を弄ってやります。
「痛い?気持ちいい?」
「気持ちいいです。」
「気持ちいいんだー。こんなことされても感じちゃうの?」
「はい、乳首が感じるんです」
椅子に腰を下ろした麗様は
「あたしがオナニーしちゃうの」
「え?オナニー?」
「そうよ。私ねーそういう姿見られると感じちゃうの。見たい?」
「見たいです」

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
椅子に座ったまま脚を大きく広げた麗様はパンティーの上から股間をまさぐります。
「だんだん濡れてきちゃった」
縛られて動けないM男を見上げながらエロっぽく股間を弄り続ける麗様。ブラは少し下にずらしていて両方のおっぱいが丸見えの状態です。少しパンティーをずらして中に指を入れる麗様。M男はおまんこが見たくてなんとか麗様に近づこうとします。
「ちゃんと立ってなさい」
黒いヒールを履いたままのつま先でM男の股間を突付きます。
「え、見たい」
「そこから見えるでしょ?」
「え、近づきたい」
「近づきたい?近づけないわよねん」
そういって笑いながらおまんこを弄り続ける麗様です。
「じゃー仕方がないから私が近づいてあげる」
「わー」
麗様が椅子から立ち上がるとM男はうれしそうな声を上げます。M男の肩に左手を乗せて体を支えると右足を椅子の上に乗せて腰を突き出しながらおまんこをいじる麗様。

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
「ほら・・・」
M男に見せ付けるようにおまんこを指で広げます。懸命にそこを見ようとしているM男の顔を麗様が覗き込んでいます。
「ああ、すごい」
M男が感動の声をあげると麗様はもっと広げておまんこを見せ付けます。
「ちゃんと見てん」
見せ付けることで麗様も感じているようで甘い声で囁くんです。
「もっとちゃんと見たいでしょ?」
「もっと見たいです」
「じゃー見せてあげる」
椅子に座った麗様はパンティーをずらして指先でおまんこを広げます。そしてM男の顔を見上げながら
「これならちゃんと見える?」
と広げたおまんこに指先をあててゆっくりと捏ねるようにまわします。
「もじもじしちゃだめよー」
「ああ、体が・・・」
「体が何?」
「もっと見たいっていってる」
「でもそこから見えてるんでしょ」
「でも、もっと近づきたい」
「近づきたいの?それはだめよ」
「えー」

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
M男を焦らしながらうっとりした顔で気持ちよさそうにおまんこを弄る麗様です。
「何ふんでんのよー」
M男が前に近づこうとして麗様の足を踏んでしまったようです。麗様はヒールでM男の足を踏み返します。
「ああー、足でもいいからもっとやってください」
「足で?わがままねー」
「お願いします」

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
優しい麗様はおまんこを弄りながら片足でM男の股間を突付いてやります。
「ああー」
「何声だしてんのー?」
「もっと強くお願いします」
「こんなのが気持ちいいの?」
「もっとお願いします」
おまんこから手を離した麗様はM男の股間をヒールで虐めることに集中します。腰を突き出して足を求めるM男。麗様はその股間を見つめながらつま先でちんぽの腹の辺りを踏みつけてヒールの先で玉袋のあたりを突いてやります。
「あー、ああー」
「やらしいわねー」
「ああー、いやらしいです」
「腰振ってるんじゃないわよー。だめよ」
「えー、腰が勝手に動くんです。ああ、そこ、そこがいいんですー」
「へんたーい」
M男が気持ち良さそうにしていると突然麗様は足を下ろしてしまいます。
「ああ、なんで止めるんですか?」
「私が感じてきたの。私がオナニーするからあなたはちゃんと見ててね」
「はい・・・」

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
バイブを取り出して麗様。M男に見せ付けながら自らのおまんこにバイブの先っぽをあてがいます。バイブの振動でおまんこからにちゃっという音が聞こえます。
「もっと見たいです。どこ感じますか?」
「まんこ」
バイブを真ん中へんまでおまんこに挿入してゆっくりと出し入れを始める麗様。
「もっと早く動かしてください」
「まだ最初だからゆっくりのほうがいいの」
おまんこからバイブを引き抜いた麗様はクリトリスにあてて楽しみます。
「ここがいいの」
「ああ、クリトリスですか?」
M男は一生懸命覗き込もうとしますが体の自由が効かないのでなかなか見ることができません。麗様はおまんこにバイブを入れて出し入れしながら片足をあげてヒールを履いたままでM男の股間を踏みつけてやります。
「あぁーもっとしてください」
「気持ちいいのー?しょうがないわねー」
麗様は気持ちよさそうに喘ぎながらM男の股間を踏みつけます。
「もっと奥まで、奥までバイブを入れてください」
「もっとちゃんと見たいでしょ?」
「見たいです」
「じゃー見せてあげる」
立ち上がってM男に背中を向けて椅子の上に膝立ちになる麗様。するとM男は腰を突き出して麗様のお尻に股間をこすりつけようとします。
「だめよ。何してるのよ」
「ああーお尻が欲しい」
麗様はお尻を見せつけながらバイブでオナニーしようとしていましたがM男にじゃまされてそれができません。もう一度椅子に座りなおすと大きく足を開いておまんこにバイブを入れてうっとりとします。
「ああ、もう我慢できないわー」
「もっと感じてください」
「じゃーしゃべらないでー」
M男が黙ると麗様はオナニーに集中します。おまんこにバイブをあてがって腰をくねらせながら目をつぶって感じています。
「ああー、いくーーーー」
ついに麗様はいってしまいます。
「いっちゃったんですかー」
「気持ちよかったわー」
おまんこから引き抜いたバイブをM男に見せ付けます。

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
「いっぱいついてる・・・」
「じゃー舐めさせてあげる」
立ち上がった麗様はM男の口にバイブを向けます。
「口開けて」
素直に口をあけるM男。その口にさっきまで自分のおまんこに入れていてぬるぬるになっているバイブを咥えさせる麗様です。
「ちゃんとしゃぶりなさい。ちゃんと咥えるの。落としちゃダメよ」
M男はとてもおいしそうにしゃぶります。そのままM男にバイブを咥えさせたままで行ってしまう麗様。でもあまりにぬるぬるなバイブはM男の口から滑り落ちてしまうのです。

「こんなところに横になっていいんですか?」
「いいのよーん」
「でも、ここ社長室ですよねー」
「興奮するでしょー」
全裸で机に横たわるM男。赤いランジェリー姿の麗様はM男の乳首を軽く吸ってやります。
「これから何するんですか?」
「きまってるじゃなーい」
立ち上がった麗様はM男の体を撫でてやりながら足の間に移動して机の上にあがってきます。そしてM男におおいかぶさるとエロキスをしてやります。
「ああ、お姉さんの唾をいっぱい飲んでいいですかー?」
少し顔を離すとたーっぷりと唾液をM男の口に垂らしてやります。M男の上から降りると足の間に立ってちんぽを握ってやります。
「こんなにたくましくなっちゃってー」
「ああーお姉さんが挑発するからですよー」
舌を伸ばした麗様はねっとりと亀頭を嘗め回してやります。そして亀頭にしゃぶりつくとゆっくりと頭を回しながら上下に動かします。
「ああ、お姉さんどんな味がしますかー?」
「おいしい味がするわよー」
「ああ、いっていいですかー?」
「まだまだよー」
と麗様は喉の奥までちんぽを咥えこみます。
「ああーーーー、それ、あっ、あっーーー」
すごいディープスロートです。でもゆっくりと動かしてぎりぎりいかない程度のしゃぶり方です。M男は懸命にこらえています。
「あーーーーー、お姉さん、お姉さんの舌でぷるぷるしてもらっていいですかー」
麗様はM男の希望通り、根元の方から亀頭に向って何度も舐めてやります。でもまた喉奥まで咥えこんでM男を喘がせます。
「ああー、もう僕、お姉さんの虜になってもいいですかー?」
「いいわよー」
「あ、お姉さん、玉も・・・」
「舐めてくださいっていうのよ」
「すいません。お姉さん玉も舐めてください」
「いいわよー」
亀頭を口から吐き出すと玉袋に吸い付く麗様。片方の玉を口の中に咥えるとやさしく吸ってやります。
「ああー暖かいです。ぺろぺろしてもらっていいですかー?」
口から吐き出した玉袋に舌を当てて全体を舐めてやります。
「あ、ぁーお上手ですねー」
「何いってるのよ」
「すいません」
再度亀頭に向う麗様。根元まで咥えこんでおおきく頭を振ってしゃぶりあげてやります。
「ああー、お姉さん、ひとつお願いしていいですか?」
「なに?」
「さっきから見えてるそのやらしいおっぱいで挟んでもらえませんか?」
「しょうがないわねー」
M男の我侭を聞いてやるやさしい麗様です。おっぱいの谷間にM男のちんぽを挟み込むと両側から手で押さえて上下に体をゆすってパイずりをしてやります。
「ああーお姉さん、いつもそんなことしてるんですかー?」
「しないわよー。あなたは特別よ」
また亀頭を咥えこんで激しく上下に頭を振りはじめます。
「あ、出ちゃいますよー、いいですか?出しても」
「いいわよーん」
夢中でちんぽをしゃぶりたてる麗様。亀頭を咥えて竿を手で扱いてやります。
「あ、ああー」
じゅぷじゅぷと音を立てながら麗様はフェラに集中しています。なんかちんぽを咥えるのが大好きでたまらないという感じでしゃぶるんです。
「あ、あー出していいですかー?」
「出していいわよー」
亀頭を咥えて頬をすぼませながら手で竿を扱きたてます。
「あ、あ、出ちゃう」
「んー、出して」
ちんぽを咥えたままで射精を命令する麗様。
「あ、あああーー」
ついにM男は麗様の口の中に射精してしまいます。麗様は最後の一滴まで吸い出してやるとちんぽから口を離します。そしてだらりと精液を口から垂らします。
「いっぱい出たね」
そういいながら優しくちんぽを扱いてやります。

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
地下室で椅子に縛られているM男。そこにやってきた麗様は手にもった黒いガムテープを見せ付けます。M男の肩に手を回して抱いてやると耳を軽く噛んでやります。
「いや?」
「嫌とかじゃなくて・・・」
「乳首だって立っちゃってるじゃなーい」
「たってないですー」
「立ってるじゃなーい」
ささやかな抵抗をするM男の乳首を指先で弄ってやりながら麗様は笑います。
「ああー・・・」
「どうしたのー?」
「いや・・・」
「ほら」
「何ですか?そのテープ・・・」
「これはね。今からいいことしてあげる」
「いいことってなんですか?」

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
M男の後ろにまわった麗様はガムテープで目隠しをしてしまいます。
「あ、ちょ、・・・」
「こんなことされたらどう?」
「あ、う・・・」
麗様は後ろからM男の乳首を弄ってやります。
「どう?」
「いえない・・・」
「いってごらん」
「いえないです・・・」
「じゃーかじっちゃう」
「かじってください・・・」
M男の耳をかじってやります。M男は気持ちよさそうに悶えています。

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
M男の横にまわってしゃがんだ麗様はトランクスの上から股間を撫でてやります。
「あ、ああー」
「どうしたの?いってごらん」
「いえないです。恥かしい・・・」
「いってごらん、気持ちいいって」
「あ、ああー」
「感じてるんだ。いい反応ねー。かわいい」
「いえ、感じてなんてないです」
「あーー堅くなってるじゃなーい」
「いえ、堅くなんてなってませんよ」
「中みちゃおうかなー」
「ああ、やめたくださいよ」
トランクスのすそから中を覗き込む麗様。
「あーなんか出てるー」
「いや、覗かないで下さい」
「脱がせちゃおうかなー」
「止めて下さい。パンツだけは・・・」
「いいじゃなーい」
麗様はM男のトランクスを脱がせてしまいます。そしてM男の前にまわった麗様はちんぽを握ってじっくりと観察します。ゆっくりと扱いてやりながらM男に足を開かせて玉袋のほうも観察します。
「ああ、動かしちゃだめ」
「気持ちいいんでしょー」
「いや、だめですそんなに早く動かしちゃ」
「なにー?」
「ああ、腰がとまんなくなっちゃう・・・」
「いいじゃやに止まんなくなって。もっといいことしてあげる」
ローションのびんを取り出す麗様。シャンプーのポンプのようなもので亀頭にローションを吹きかけます。
「あ、あ、ちょっ」
「冷たくて気持ちいいでしょー、ほらこんなに大きくなっちゃったよ」
「なんですかーこれーぬるぬるして気持ち悪い」
「気持ち悪いはずないでしょ。気持ちいいでしょ」
ローションをぬったちんぽを根元から亀頭まで大きな動きで扱いてやります。
「気持ちいいでしょ。いいなさい」
「あ、ちょっと気持ちいいかも・・・」
「ちょっとなんだ。何?ちょっとって」
「ああーん」
ちんぽから手を離して立ち上がった麗様はM男の後ろにまわります。
「やめちゃおっかなー」
「ああ、だめー」
「うふふ」
後ろからM男に覆いかぶさるようにしてちんぽを手で握ってやります。そしてゆっくりと扱きながら反対の手で乳首を弄ってやります。
「ここまできて・・・」
「ほら、あなたの肩に何があたってるかわかる?」
M男の耳元で麗様が囁きます。
「ああー、おっぱい・・・」
「そうよーん。ご褒美」
M男の首筋にキスをしてやります。
「ああ、うれしい・・・」
「かわいい」
右手でちんぽ、左手で乳首、そして唇で首筋の三箇所から同時に快感を与えられてM男はとても気持ち良さそうに喘いでいます。麗様もM男が感じている様子をみてとても楽しそうに責めています。
「あーー、ああーーん」
「うふーんかわいいーー、こっち向いて」
左手でM男の頭を抱いて横に向けさせるとエロいキスをしてやります。舌を出すM男に
「うーん舌は出しちゃだめでしょ。閉じてて」
閉じられたM男の唇をやさしーく舐めてやります。
「出したい・・」
「出したいのー?だめー」

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
M男の顔を上に向けさせると首筋から乳首にむかって舐めてやります。
「ああ、すごい、おっぱい舐めてる」
「どうしてほしいの?」
「かじって・・・」
「噛んで欲しいんだ。じゃー噛んであげる」
「あ、ああー」
「やらし。こんなかちかちにしちゃってー」
「ああ、すごい・・・」
ちんぽをしごかれてM男が喘ぎます。びんびんになったちんぽを見て麗様はうれしそうに笑います。
「ああーだめー・・・」
「何がだめ?」
「ちんちんそんなに激しくしごいちゃだめー」
「んーー?ちんちんなのー」
かわいいと子供をあやすようにちんぽを扱き続けながらM男の口にキスをしてやります。
「かわいいおちんちんねー。こーんなに大きくなっちゃってー」
「んーー、んふーーー。おっぱいだめー」
「んー?おっぱい?」
手コキを続けながらM男の乳首を吸ってやろうとする麗様。
「いや、そうじゃなくて。おっぱいもやられるとダメになっちゃうんです」
「んーダメになっちゃうのー。いっぱいダメになってー」
「えー」
首筋から肩へとちゅっちゅっとキスをしてやって乳首にたどりつくとぶちゅっと吸い付くようにして中で舌を動かして刺激します。当然手コキは続けながら。
「ああーすごい・・・」
「んー?」
「ああ、そんなにおっぱい舐めながらちんちん扱いたら・・・」
「どうなっちゃうのー?」
「おっぱいとちんちんが繋がってるみたい、ああーーーすごいよーそんなー」
M男はだんだん壊れてきています。−あまりの快感で変なことをいっているようですが実際その身になると良くわかります。亀頭を手コキされながら同時に他のところを刺激されると体の中で快感が混ざり合って頭が狂ってくるんです。何か聞かれて答えようとすると言葉が変になってしまいそれが自分でもわかっているんですけど、どうしようもないんです。あの感じが私はたまらなく好きです。−
「おかしいわねーちんちんと繋がってるんだー」
「いや、ああーーもう変になりそう・・・ああーだめー」
壊れてきたM男を見て麗様は楽しそうにさらに責め続けます。−この状態のM男はもうほとんど人間の思考ができなくなっています。だめーとかいいながらもっともっと責めて欲しくなっていて、それを与えてもらうためならどんな命令でもきいてしまうと思います。−
「ダメじゃなくて、イイでしょ」
「ほんとにダメ。ああーーーーー」
「んーー?」
「ダメ、もうほんとにダメ。いっちゃうーいかせてくださーい」
「んーー」
「ダメーあーいくーーー」
と麗様は突然M男のちんぽから手を離します。
「だめよー」
「ううーああーーー」
「だめよー。まだいかせてあげなーい」
優しいことでとても残酷なことをいう麗様です。でもちんぽの根元を握ってやってM男の首筋に優しくキスをしてやります。
「いきたいよー。ああーしごいてー」
麗様は手コキを再開します。するとM男は自ら腰を上下に揺すり始めます。
「ああー、でるー、ああーもっとはやくー」
「だめよー」
といいながらも麗様は手コキを続けてやります。M男の腰がますます激しく上下に動いています。
「ああーでるー」
でもぎりぎりのところでスピードを調整して麗様は焦らし続けます。
「ああーいきたい、いきたいー」
「だめー、どこいっぱい扱いたらいいの?かりのとこ?」
「そうそう、そこそこ、ああ、気持ちいいー」
「かわいい声でてるねー」
「もっといっぱい出したい」
「もっとかわいい声きかせてー」
「ああーゆっくり扱かないで。もっと早く扱いてー」
「まだだめよー」
「ああ、もっと早く扱いて下さい」
「んーーだめよまだ出しちゃ」
「ああ、そうそう、もっと、扱いて下さい。ああ出ちゃう」
「だめ!」
「ああーやめないで下さい、ああーー」
ちんぽから手を離した麗様はM男をおいて出て行ってしまいました。

ソファーベットに座っている麗様の元にさっきお預けをされたM男が這ってきます。ガムテープで目隠しをされて両手を後ろに拘束されたまま両膝で這ってきたのです。
「どうしてやめちゃうんですかー」
「ん?じゃーここに寝なさい」
なんとかベットに横になるM男。麗様は足も拘束してしまいます。
「ええー!?足もじゃ動けなくなっちゃいますー」
「んー?出して欲しいんでしょー?」
「はい。出して欲しいですー」
「じゃー言うこときいてねー」
「はい・・・」
M男の上におおいかぶさった麗様はおっぱいをM男の胸に擦り付けてやります。
「ああ、すごくやわらかいものが擦れてる・・・」
「気持ちいい?」
「気持ちいい」
「なんだかわかる?」
「わかんない・・・」
「わかんない?」
「だって見えないんだもん」
「そうかー、じゃーとってあげようかー」
麗様はM男の目隠しのガムテープをとってやります。

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
「わーーー」
M男は感動の声をあげます。麗様はM男に見せ付けながらおっぱいを擦り付けてやりそして乳首にキスをしてやります。
「ああーー、かじってください」
「あいかわらずかじられるのが好きなの?」
「はい・・・」
麗様が乳首をかじってやると
「はぁーーーー」
M男は快感をかみしめています。
「乳首がたっちゃったねー」
「乳首と乳首をくっつけてください」
「あはは、かわいいわねーー」
麗様は自分の乳首をM男の乳首に擦り付けてやります。少し下に体をずらした麗様は脇腹を上に向って舐めあげてやります。
「ここまできたんだから何かして欲しいんでしょ?」
「出して下さい」
「んーそれはまだでしょー」
「ああ、じゃー舐めてください」
腹から乳首に向って舐めあげてやります。ちんぽを手で軽く握ってやるとM男の横に下りた麗様はそのまま乳首を舐めてやります。
「ああーすごいですー」
おきあがった麗様はちんぽに唾液を垂らしてやります。
「暖かい?」
「うん」
「気持ちいい?」
「うん、はぁー」
「ほら尿道の割れ目。このお口にーいまから垂らしてあげるからちゃんと飲むのよ」
亀頭に向って上から唾液を垂らします。
「ああーうれしー」
麗様の唾液はM男の亀頭の割れ目に垂らされたのです。その暖かさにM男は感動しています。
「うれしいのー?」
「ぴくぴくしちゃいますー」
再度亀頭に唾液を垂らしてやる麗様。唾液でぬるぬるになった亀頭をやさしく指先で撫でてやります。
「ああーーーー」
「すごいわねー」
M男のちんぽはびんびんになってぶるぶると震えています。
「よろこんじゃってるじゃなーい」
「ああーすごーい」
「喜びすぎて漏らしてるわ。ちゃんと飲んでねっていったじゃなーい」
M男の顔を見ながらちんぽを扱いてやる麗様。
「ああーーー」
「いい顔ねー」
M男の気持ちよさそうな顔をみてご褒美に唾液を亀頭に垂らしてやってまた扱きます。
「ああ、すごい、ああ、すごい」
感じているM男の様子を伺いながら麗様は手コキを続けます。いかない程度に調整しながら快感で狂わせるような手コキです。
「ああ、すっごーい」
M男は快感に身をくねらせています。麗様は時々亀頭に唾液を足してやりながらいかせない手コキを続けます。
「ああ、そうそうそう、いきたーい」
「これがいいのー?」
「ああーーーいきそう、いきそう」
「んー?」
「いきそう」
「だめよー」
「あーあーあー」
「ん?だめよー」
またぎりぎりで麗様はちんぽから手を離してしまいます。
「どうしてー?」
「ん?だってずるいでしょ。自分だけ気持ちよくなるなんて」
と麗様は立ち上がります。
「ちゃんと私のも舐めてくれないといかせてあげないわ」
そういってM男の顔に跨ります。M男にとってはご褒美以外の何ものでもない麗様のおまんこが目の前に、真っ赤なパンティーに隠された麗様のおまんこが目の前にあるのです。すぐに舐めようとするM男ですが
「まだいいって言ってないわよー。ほら、舌をだしてー」
とぎりぎりまで伸ばしたM男の舌で舐めさせます。M男は必死に舌を伸ばして麗様のおまんこをパンティーの上から舐めようとします。パンティーの脇の足の付け根の部分をぺろぺろと舐めています。
「ああん気持ちいいー」
そういって麗様は目の前にあるM男のちんぽに手を伸ばします。それを握りながら自分の股間に目をやってM男に舐めさせる量を調整しています。でも麗様も我慢できなくなったのかM男の顔におまんこを押し付けてしまいます。
「あはーーん、うーーん」
麗様はうっとりした顔で喘ぎます。ゆっくりとちんぽを扱いてやりながら腰をふってM男の顔に股間を押し付けます。M男はTバックのひも状のパンティーの脇から直に麗様のおまんこを舐めています。舌先でパンティーをずらしておまんこに吸い付いています。

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
「あはーーん気持ちいいーー」
麗様はとてもかわいい声で悶えながら手と腰を動かして感じています。
「あーーん気持ちいいーー、出しちゃだめよーん」
おまんこをM男の顔に押し付けながらも寸止め状態は維持し続けます。M男はいかせてもらえない仕返しとばかりに麗様のおまんこを必死に舐め続けています。
「あはん、あーん」
麗様は腰を前後に振ってM男の舌におまんこをこすり付けるようにしています。
「あん、あ、あ、いいー、あはーーん」
見ている私としては麗様の声を聞いているだけで射精してしまいすです。

痴女覚醒 Vol.1 西条麗様
ちんぽから手を離した麗様は垂直に起きあがってM男の顔に座った股間だけで体を支えます。そして前後に腰を振っておまんこをM男の顔にこすり付けます。両手をM男の胸に乗せるとさらに激しく前後に腰を揺すります。
「どう?」
「はい」
「ぬるぬるしてる?」
「うん」
「誰のせい?」
「はい」
「あーはーん、いいー」
麗様は目をつぶって快感を感じています。激しく前後に腰をふっておまんこをM男に舐め奉仕させながら。
「ああーん、あふーん、ああー気持ちいいーー」
ますます激しく前後に腰を振りながら麗様は感じています。M男の顔と舌は麗様のオナニー道具と化しています。M男にとっては最高に幸せな瞬間です。
「いっちゃう、いっちゃうーー、あ、んあー、いくーーー」
「うぅっ」
ひときわ強くM男に股間を押し付けて激しく腰を揺するとついに麗様はいってしまいました。
「はーはー」
荒い息のまま麗様はM男の顔から降りるといままで座っていたその顔を見下ろして
「気持ちよかったわよー」
と褒めてやります。満ち足りたやさしい顔の麗様は
「じゃー次は君の番ね」
とM男のちんぽを握りながら体制を入れ替えてM男の横に座ります。軽く数回手コキをしてやると亀頭に唇をつけて唾液を塗ってやります。そしてまた手コキを続けます。
「ああ、すごい、ああん」
麗様は優しい顔でM男の顔を見下ろしながら手コキをしてやります。
「気持ちいいー?」
「はぁー、おちんちんががちがちになってますー」
「そうね」
「あーそうそうそう、そこ、もっと、もっと早く」
麗様はじょじょに手コキのスピードを速めていきます。
「ああ、ああーすごい、あーー、あったかい、あったかーい、あーすごーい」
「気持ちいいー?」
「気持ちいいーーーー」
M男は自由にならない両足をつっぱらせて快感を体で表現しています。
「ああ、そこですそこです、気持ちいいーー」
麗様の手コキは一定のスピードで続きます。
「どんなことしたいー?」
「お姉さんのやらしいとこみたいですー」
「やらしいとこー?特別よー」
その場に膝立ちになった麗様はM男の方をむいて自分の手でおっぱいを揉んでみせてやりながら手コキを続けます。
「ああー、すごい出したくなっちゃうー」
麗様はちんぽを強く握って手コキを続けます。
「出してみせてー」
「ああーお姉さんで出ちゃう。あーすごい」
「うんいいわよー」
「お姉さんもう我慢できない」
「いっぱい出しなさい。出して、出して」
「ああー出るーーーーーー」
ついにM男は激しく射精してしまいます。
「あーーーーー、あーーーーー」
麗様は最後の一滴まで手で絞り出してやります。
「すっごい出たわねー、こんなに出しちゃってー」
「ああーすごいー」
たっぷりと噴出した精液を手にとってM男の体に塗ってやる麗様のお顔はとてもやさしい表情をしていました。

このビデオは地下10Fの「痴女覚醒 Vol.1 西条麗様」のページでダウンロード購入できます。