三咲まお様の手コキビデオです。とっても色っぽい声でまお様が耳元で囁くのでM男はとても興奮してしまいます。騎乗位で激しく髪を振り乱しながら腰をふるまお様もとても色っぽいです。爪が長いのでアナル弄りなどはありませんが色っぽい声とお顔で激しく手コキしてくれるので大満足です。

手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様

手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様
「ここー?」
「はー気持ちいいですー」
ブリーフ一枚で立たせたM男の後ろからまお様が指先で乳首と股間を弄ってやっています。M男の横にまわったまお様は指先で股間をいじってやりながら
「うふふ、気持ちいいの?見せて」
とブリーフのゴムに指先を入れていきます。そしてブリーフのゴムを引っ張りつつ下に下ろすとM男のちんぽをぽろりんと露出させます。下ろしたブリーフは膝のところで留め置いてまお様は立ち上がります。このブリーフ半下ろし状態って全裸より恥かしいように思うのは私だけでしょうか・・・。
M男を横抱きにしたまお様は右手でちんぽを撫でてやります。
「んんーー?いっぱい触ってほしいのー?」
左手の指先で乳首も弄ってやりつつそう囁きます。
「ああー、はあーー」
「こうやってー、こうやってー」
まお様は右手をいやらしく動かしてM男の股間を撫で回します。ちんぽの根元を強く掴むとしこしこと扱いてやります。もちろん左手の指先はM男の乳首をくりくりと転がしながらです。
「ああー、あぅ、ああー」
M男は両手を後ろに縛られているようでまお様のなすがままです。そんなM男にまお様は手で快感を与えてやりつつ耳に噛り付いて耳たぶをしゃぶったりしてやります。M男は耳のくすぐったさも感じるのか目をつぶって腰を前後に揺すりながらまお様の手コキを楽しんでいます。
「ああー、出ちゃうー」
「なーにー?もう出ちゃうの?ねー。ねー」
まお様はM男の耳元で色っぽい声で囁きながら手コキの速度を調整してM男をぎりぎりのところで焦らし続けます。
「ああ、出ちゃう」
「んー?出ちゃう?出ちゃう?ねー」
「あーーー」
「あーん、アブなーイ。うふふふふ」
そう簡単にいかせてくれるはずがありません。ぎりぎりのところで扱くのを止めて根元を握って寸止めさせたまお様は楽しそうに笑います。
「出しちゃだめですか?」
甘えるM男に
「まだだめ」
とささやくまお様の声がとても色っぽいです。ゆっくりと手コキを始めるまお様。
「はーはあーー」
「出したーい?」
そう聞きながらM男の乳首を甘噛みしてやります。
「出したいのー?こうやってー?」
いきなり手コキの速度を速めるまお様。すごい勢いでちんぽを扱いてやります。
「んーーんーーー」
「あーーん、危ないー、うふふふ」
やっぱり寸止めです。もうM男は気が狂いそうになっています。そんなM男の後ろにまわったまお様は背中に拘束していた両手を解いてやります。
「じゃー四つんばいになって」
M男は素直に命令に従います。まお様はM男の腰の辺りをまたいで座ります。そして上半身を前に倒してM男の背中に密着すると両手を前にまわして乳首をつまんでやります。そのまま右手を下におろしてM男のちんぽを扱き始めます。
「はぁーはぁー」
M男はまお様の体温を背中に感じながらちんぽを扱かれてとても気持ち良さそうに喘ぎ始めます。まお様もM男の背中に横顔をつけてうっとりしながら右手でちんぽ、左手で乳首を虐めて楽しんでいます。
「あっあーはぁー」
「うふん、あん、なにー?なにー?」
「あぁん、そこ、そこー」
「あっうふふふふ」
M男がいきそうになるとちんぽの根元をぎゅっと握って寸止めして笑います。すぐにまた手コキを再開すると
「あぁーあぁー」
M男もまお様にちんぽで操られるように喘ぎ始めます。
「あん、気持ちいい?」
「あぁーもうだめ」
でもやっぱり寸止めです。

手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様
一度立ち上がったまお様はM男のお尻の後ろにしゃがみます。
「お尻の穴も丸見えよ」
そういって両手でM男のお尻を割り開きます。
「恥かしくないのー?」
「あぁ、恥かしい」
「えーーー恥かしい?」
「あん、恥かしい」
M男のお尻を両手で撫でてやりながらまお様は笑っています。足の間から片手を差し込むとちんぽを握ってゆっくりと扱いてやります。そのまま片手でちんぽを扱いてやりながらM男の尻山に唇をつけて吸ってやります。そして舌先でちろちろと尻山を舐めてやりながら手コキのスピードを速めていきます。
「あぁーーー、ああん」
M男はあまりの気持ちよさに泣き声をあげます。まお様はM男の反応をうかがいつつ激しく手コキを続けます。
「ねえ、いきたい?」
「いきたいです。あぁー」
「いいわよいっても。ねぇー」
「ふぁーーん、うー、あぁーーん」
まお様の激しい手コキでM男は追い込まれていきます。今度こそいかせるつもりなのかまお様は激しい手コキをずっと続けます。M男はその快感に体をくねらせながら懸命に耐えています。少しでも長くこの快感を味わおうとしているようです。まお様は手コキしてやりながらM男の腰に唇をつけてちゅーっと吸ってやったりします。
「あ、ああー、あぁーーーー」
「はーうふーん、ちゅっ、いく顔みせて、ねー」
「んーーーーあーーーー」
「んーーいいのー?いっちゃうー?いきたいのー?ねー」
「ああーーいきたいです、あぁーー」
「気持ちいいんだー?」
「あぁーすごく気持ちいいー、はぁーーはぁーー」
まお様の手の動きがますます激しくなっていきます。あと一歩と思ったその瞬間まお様の手が止まります。
「前むいてー」
M男は体を回して仰向けになります。M男の足の間にはいったまお様は直ぐにちんぽを握って激しく扱き始めます。
「はぁーーーん、ああー」
「ねー?これでいいのー?」
「ほんとに出ちゃう」
「出ちゃう?いいのよ。いっぱい出していいのよ。いくときちゃんといってねー」
「ああ、もうだめ。いくーー」
ついにM男のちんぽの先から大量の精液が噴出します。
「ああーん、いっぱいでたー」
「あーん、あぁー」
手コキのスピードを徐々に落としていったまお様。握っていた手を離すと飛び散った精液を指先に取ります。
「いっぱい出たね」
「すごく気持ちよかったです」
「気持ちよかった?」
「はい」
「そーよかったわねー」
まお様の囁き声ってとてもいいです。

手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様
立ったままでM男のエロいキスをしてやりまお様。たっぷりとキスをしてからM男をベットに押し倒します。M男のワイシャツのボタンを外して広げるとむざぼるように胸にしゃぶりついて舐めたり吸ったりしてやります。乳首に舌をからめるようにして舐めしゃぶります。ブラをずらしたまお様のおっぱいがM男の体に押し付けられています。M男のズボンのベルトを外したまお様はずぼんと中のぶりーふをずりさげてちんぽを露出させます。待ちきれんとばかりにちんぽにしゃぶりついたまお様は根元を右手で握って扱きながら亀頭にしゅぶりついて激しく上下に頭を揺すります。

手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様
「入れたいんでしょ」
「うん」
まお様は立ち上がるとパンティーを急いで脱ぎます。そしてすぐにM男に跨るとちんぽを右手でつかんでおまんこで食べてしまいます。小刻みに腰を揺すりながらM男の乳首に吸い付きます。
「ああー、ああーーん」
まお様はとても興奮して感じているようです。体を起こしてうんこ座りになるとM男の胸に両手をついて激しく腰を揺すります。腰を上下にゆすりながら髪を振り乱すまお様の姿はとてもエロいです。すごい勢いで腰を揺すってまお様が感じています。
「あーーん、ああー、あー、あー」
「あぁぁぁぁ、あぁぁぁ」
「いーいーー」
まお様に支配された快楽の道具と化したM男は無抵抗でまお様に体を提供しています。まお様はM男に跨って腰を激しく振って快感を貪っています。ときどきM男の首筋や胸にしゃぶりついて吸うと、また体を起こして腰を振るまお様。M男の腰に激しく恥骨をこすりつけ
「あーー、いっちゃうーいっちゃうー、ああーいくーーーー」
ついにまお様は絶頂に達してしまいます。ちんぽをおまんこに咥え込んだままでM男に覆いかぶさったまお様はキスをしてやりながら
「ああん、気持ちよかったー」
と囁きます。
「ぼ、ぼく。まだいってないんですけど・・・」
「あたしと同じタイミングでいかなきゃだめでしょー」
「す、すいません」
「もーぐずなんだからー」
ちゅっとキスしてやると体を起こすまお様。おまんこからちんぽを引き抜くとM男の足に絡まっていたズボンを脱がせてやります。
「しょーがないから、手コキでいかせてあげる」

手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様
M男の足の間にはいるとちんぽを握って手コキを始めます。
「あーあーうふん、あぅ」
「あぁーあぁー」
「ううーん、はぁあふーん、いいー?」
「あぁーあぁー」
手コキをしながらまお様も感じているようです。両手でちんぽを握ると激しく扱いてやります。M男は足を大きく広げて股間を突き出してまお様の手コキで感じています。
「気持ちいいですー」
「気持ちいい?あーん、うふーん」
根元の方を扱いたり、亀頭に近い部分を握って指先で亀頭を刺激しながら扱いたりとまお様はいろんな位置でM男のちんぽを扱いてやっています。唾液を垂らしてやってぬるぬるになった亀頭を強く握って扱いたりもします。
「気持ちいい、いきそう」
「いきそう?こう?いい?」
くちゅくちゅと唾液の音を立てながらちんぽを激しく扱き続けます。
「こう?こう?気持ちいい?」
「あぁー」
ちんぽを扱く反動でまお様のおっぱいが上下にぷるんぷるんと揺れています。手が疲れてきたのかまお様は歯を食いしばるような表情で手コキを続けます。左手で玉袋を撫でてやりながらなおも手コキを続けます。
「かたくなったーすごい堅くなったー」
「あぁー」
両手でちんぽを握ります。左手で根元を扱き、右手で亀頭を扱いてやっています。
「あぁーそれ気持ちいいー」
「うん、うん、あーはー」
こんなに一生懸命まお様が扱いてくれているのにM男はなかなかいきません。でもまお様は懸命に扱き続けてくれます。
「はぁーはぁー、もうだめ、いくー」
「いく?いいよ」
「あぁあーー」
「あーん、あーん」
「あぁあぁ」
「うふふ、あーあーこんなに一杯出して。気持ちよかったでしょ」
「はい」
「うふふふふ」
射精したばかりのちんぽをゆっくりと扱いてやるまお様です。ぴくぴくするそのちんぽをみてくすっと笑っています。

手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様手コキ痴地「手゛ちゃう!」Vol.3 三咲まお様