とても優しく痴女ってくれる岡崎美女様です。我侭なお願いをするM男に嫌な顔せずに優しく願いを聞き入れてやります。顔面騎乗で舐め奉仕させているときも「お上手ですねー」と褒めてくれます。私はこんな優しい痴女様ってとても好きなんです。



手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
オナニー狂病でベッドに拘束されているM男の元にやってきた美女様。
「溜まり過ぎて死にそう」
と懇願するM男に、
「特別ですよ」
と笑いかけシャツを捲くって乳首を舐めてやります。ベットにあがってM男の足を跨いで座った美女様はトランクスの上からちんぽを撫でてやります。ゆっくりとトランクスを下ろしていくとぽろりと露出された勃起ちんぽをゆっくりと手で扱いてやります。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
「脱いで欲しい」
と贅沢なことを言うM男に優しい美女様は優しく応えてやります。立ち上がってM男を見下ろしながらナース服を脱いで下着姿になります。そのまま腰を下ろした美女様はM男のちんぽをゆっくりと扱いてやります。たっぷりと唾液を垂らしてべちょべちょにしたちんぽを両手でゆっくりと責めてやります。片手で竿を扱きながら反対の手で玉袋を揉んだり、逆手に握って竿から亀頭までを大きく扱いたりしてやります。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
「胸を見せて欲しい」
とさらに贅沢な要望をするM男。でも優しい美女様はそんなM男の我侭にも優しく応えてやります。自らブラを外すとM男の上に覆いかぶさるようにしておっぱいをM男の顔の上にもっていきます。M男は下から美女様のおっぱいに吸い付きます。M男の乳首舐め奉仕で美女様も気持ちよさそうに喘いでいます。乳首を舐めさせながら美女様は片手でM男のちんぽを扱いてやっています。起き上がった美女様はおまたにM男のちんぽを挟み込んだ状態で手で扱いてやります。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
「あそこも見たいんですか?」
さらに我侭な要望をするM男。
「しょうがないですね」
と優しい美女様は立ち上がってM男を跨いだままでパンティーを脱いでやります。そして
「ちょっとだけ見てもいいですよ」
とM男の顔を逆向きにまたいだ状態になります。M男は下から美女様のおまんこを見上げています。美女様は右手でちんぽを握ってやりつつおまんこを見せ付けます。
「どうですかー?ちゃんと見えてますか?気持ちいいですか?」
と聞きながらちんぽを扱いてやります。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
「舐めたいですか?じゃー舐めてもいいですよ」
と腰を下ろす美女様。M男の顔に座ってやります。M男は舌を伸ばして美女様のおまんこを舐め奉仕します。
「ああん、すごい。おいしいですかー?」
と美女様は気持ち良さそうに喘ぎます。喘ぎながらも右手でちんぽを扱き続けてやります。M男はじゅぷじゅぷと音を立てながら美女様のおまんこを舐めたり吸ったりしています。
「ああん、気持ちいいですよー。お上手ですねー。こちらのほうも凄く堅くなってますよ」
と手コキのスピードを速めます。たまらずM男は
「ああん、ああん」
と悶えて舐め奉仕どころではありません。すると美女様はちんぽに唾液を垂らして手コキ責めを続けます。舐め奉仕ができなくなっているM男にお尻の匂いを嗅がせながら何度も唾液を垂らして手コキ責めを続けてやります。両手を使って激しく扱いてやります。玉袋も揉んでやります。手に取った唾液を亀頭に塗ってやったりもします。
「もうぱんぱんですよ。玉玉も」
と玉袋を指先でくすぐりながら反対の手で竿を激しく扱きます。
「あん、あん」
「いいんですよー一杯出しちゃいましょうね。そうすれば早く退院できますよー」
とびゅーーっと激しくM男は射精してしまいます。カメラにかかるほどの勢いです。
「わー一杯出ましたねー。いいんですよー。また特別な時に出してあげますからねー」
と優しく笑う美女様でした。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
ランジェリー姿の美女様。ブリーフ一枚だけのM男を引いてやってきます。M男を椅子に座らせると両手を縛ってしまいます。そしてM男に舌を出させて顔を撫でてやり手を舐めさせます。指先を口に入れてやって
「もっとちゅーちゅーしてごらん」
としゃぶらせます。美女様もM男の体を舐めてやります。首筋、脇の下、乳首をちろちろと舐めてやるとM男はあんあんと悶えてしまいます。じゅるるっと乳首を吸ってやったりもします。美女様の指はM男の口に入れられたままでM男はおいしそうにそれをしゃぶっています。ブリーフの前の穴からちんぽを引き出すとそれを手で扱いてやりつつ乳首を吸ってやります。M男は美女様の指をしゃぶりながらあんあんと悶えます。ちんぽにたーーっぷりと唾液を垂らしてやる美女様。ぬるぬるになったそれをゆっくりと亀頭中心に扱いてやります。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
M男の足を跨いで座った美女様はちんぽを激しく扱いてやっています。
「ああん、あん、それ凄い」
とM男は情けない声で喘いでいます。
「すごい気持ちいいの?もっとしてあげる」
片手で乳首を弄ってやりながら激しくちんぽを手コキしてやります。腰を前後にゆすって玉袋と竿の根元をおまんこに擦りつけながら亀頭部分を扱いてやっています。
「いいでしょ?」
「ああん、気持ちいいですーおかしくなっちゃうー」
「おかしくなっていいのよ。おかしくなりなさい」
と激しく手コキを続けます。立ち上がった美女様は逆向きにM男に跨ってお尻をM男の顔に押し付けます。
「舐めてもいいですか?」
「舐めるのよ」
と命令しお尻をゆすってM男に舐め奉仕をさせます。同時にちんぽを手で扱いてやります。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
舐め奉仕に満足した美女様はお尻を前のほうにずらしてM男の股間部分に座ります。そしてちんぽをおまたに挟んで腰をゆすりながら手コキをしてやります。
「ああん気持ちいいです〜」
「気持ちいい?もっと気持ちよくなってごらん」
と責め続ける美女様。
「いっぱい唾垂らしてあげる」
と唾液を垂らして激しく手コキを続けます。玉袋も指先でくすぐりながら亀頭を扱きたてます。
「ああん、いいです〜、そんなにしたらやばいです」
と泣き声をあげるM男。両手で強くちんぽを握って激しく扱く美女様。
「ああ、そんなにしたらいっちゃいますよー」
とM男が泣き叫ぶと美女様は亀頭を強く握って扱くのをとめます。
「うふふ」
と笑ってちんぽから手を離す美女様。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様
一旦M男からおりた美女様はM男の横にしゃがみます。そして乳首をべろべろ舐めてからぶちゅーーーっと強く吸ってやります。ああんと悶えるM男。手に唾液を取るとちんぽを握る美女様。
「まだいっぱいぬるぬるにしてあげる」
と亀頭に唾液を垂らして激しく扱きたてます。
「ああーーー」
とM男が限界に近づくと手のスピードを落としてやります。ねっとりと扱きながら唾液を足します。びんびんに勃起したちんぽを見ている美女様。美女様も興奮しているようでうっとりとしています。
「ああ、激しくしてー」
まったりとした焦らすような手コキに我慢できなくなったM男がお願いすると
「ほんと手コキが好きな人ね」
と蔑みながら激しく扱いてやります。
「激しくやっちゃうわよー」
と美女様は凄い早さでちんぽを扱いてやりながら反対の手で乳首を弄ったり玉袋をくすぐったりして責めてやります。
「ああ、ああん、ああ」
とM男は泣き声をあげます。
「ああ、いっちゃいそうです」
「うふふ。とぶところを見せて」
とますます激しく扱く美女様。
「あ、いく、あ、いく」
どくりどくりとM男のちんぽから精液が噴出します。それを見た美女様はにっこりと笑ってちんぽから残りの精液を搾り出します。
「すごいわーこんなに。べとべと」
っと両手に付いた精液を見てうれしそうに微笑む美女様。手に付いた精液を舐めてしまいます。
「なかなかいい味してるわね。うふふ。えっちねー」
と指をしゃぶります。
「貴方の体につけてあげる」
と残った精液をM男の体に塗りつけてべろりと舐めてしまいます。ふにゃりとしたM男のちんぽを手で玩びつつ
「よかったわ」
と微笑みます。

手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様手コキ痴獄「手゛ちゃう!」Vol.7 岡崎美女様