超S、爆乳、エロエロな夢野まりあ様です。
ゆりあ様もすっごく興奮していて
かなりハイになっていて
食べられてしまいそうでちょっと怖いけど
でもやっぱりまりあ様に責められたいです。
食べられてもいいかな・・・
食べられてたい・・・


赤で統一した下着とハイヒールを履いたまりあ様がソファーに座ってM男を挑発しています。M男は床に正座してゆりあ様に釘付けです。立ち上がったゆりあ様はM男に唾液を恵んでやってからソファーに座り直します。そしてビスチェの胸元を押し下げると素晴らしい巨乳を露出させて見せ付けます。自分で胸を揉んで乳首をしゃぶってM男に見せ付けます。
「もっと見たいんでしょ。しっかり見てたら見せてあげる」
とパンティーの上から自分で股間を弄るんです。パンティーを細く引っ張りあげて
「ほら、食い込んでるでしょ」
と言いながら腰をいやらしく突き上げて悶えるんです。パンティーを横にずらすととてもいやらしいおまんこを露出します。そして手に唾液を垂らすと指先でクリトリスを弄ってとーっても気持ち良さそうな顔で悶えます。
「どう?興奮してきた?」
「はい・・・」
「見られてると私も興奮してきちゃった」
と足をあげてM字開脚のポーズになり両手でおまんこを広げて見せ付けます。アナルまで丸見えです。そのままいやらしくオナニーを続けるまりあ様。すっごくエロっぽくて早くご奉仕させてくれればいいのに見せ付けるだけでM男を焦らし続けます。
後ろを向いて四つんばいになるとアナルを見せ付けてから背中の方から手を回しておまんこに中指を挿入していきます。激しくかき回しながら立ち上がって後ろにお尻を突き出して腰を回しながらオナニーしているんです。
こんなに嫌らしいところを見せ付けられてご奉仕したくてたまりませんがまりあ様は焦らし続けます。相手がM男だからオナニーで悶えるところを見せても恥かしくなんかないという感じですっごくドエロに悶えてくれます。
「もっと近くで見て」
とM男の頭を片足で引き寄せてそのまま足で押さえながらもオナニーを続けます。いきそうになるとM男の頭を蹴り飛ばして完全にまりあ様一人の世界に入ってしまい
「いっちゃういっちゃう、あーーー」
と絶頂を迎えてしまいます。見ているM男は興奮で震えています。

パンツ一枚で椅子に座らされ両手を括られているM男の元に赤い下着姿のまりあ様が歩いてきます。
「お水飲みたいの?」
「はい飲みたいです」
「じゃーお口あけてー」
とまりあ様は持っていたコップから水を口に含むとM男の口に垂らして飲ませてやります。そして少し離れると再度水を口に含みぷーっとM男に吹きかけます。M男は幸せに打ち震えています。
身動きのできないM男の乳首を噛んでやるまりあ様。とても興奮しているM男を見てまりあ様はすごく楽しそうに微笑んでキスをしてやります。
一旦M男の元を離れたまりあ様は黒いバラ鞭をもってきます。そしてパンツの上からM男のちんぽを鷲づかみにして揉んでやってから体を離します。大きくふりかぶってM男を鞭打ちます。Mはとても喜んでいて泣きながら
「もっと下さい」
とお願いします。まりあ様も楽しそうに何度も鞭でM男を打ちます。鞭で打つのをとめてM男にキスをしてやると鞭で首を絞めてやります。
「もっときつくしてください」
M男がお願いすると
「興奮してる」
ときつく首を絞めるまりあ様の目は完全にいっちゃっています。
「もっといじめてあげる」
と手加減なしで無茶苦茶にM男を鞭打ちます。
「うれしい?」
「はい、うれしいです」
とまりあ様と同様にM男もハイになっています。M男の指をまるでフェラをしてやるようにしゃぶってやってから強く噛んで笑うまりあ様。食べられてしまいそうで怖いのですがまりあ様にだったらこのまま食べられてしまいたいと思います。
再度鞭の乱れ打ちがはじまります。片足を持ち上げられて打ちももを打たれたり股間まで容赦なしで打たれます。でも沢山打ってからやさしく抱きしめてキスをしてくれるまりあ様。
「次は熱い蝋燭が欲しいです」
とM男が震えながらお願いすると
「いいわよーん」
とまりあ様は蝋燭をとりに行きます。火のついた赤い蝋燭を一本もってまりあ様が戻ってきます。
「あー欲しい欲しい」
M男がおねだりすると妖しく笑いながらまりあ様は蝋を垂らしてやります。
「あーーー、きもちいいーー」
「うーん?どう?気持ちいい?一本じゃ足りない?」
「もっと、もっと、欲しいです」
「いいわよー」
今度は両手に一本づつ蝋燭を持ってくるまりあ様。自らの舌を出してそこに蝋を垂らしそこからさらに滴る蝋をM男の舌に垂らしてやります。じっくりと蝋を溶かして貯めると二本で交互にM男の体に垂らしてやります。
「ああー、気持ちいいー」
「気持ちいいでしょー。ひくひくしてる、ひくひくしてる」
びくびくと震えるM男をとてもいとおしそうに見下ろすまりあ様。
「舌だしてー」
M男が命令通りにするとその舌をしゃぶってやります。そして蝋燭責めを再開します。M男は興奮して泣きながら蝋を受けてとても気持ち良さそうに悶えています。このM男の気持ちが良くわかります。どんなに熱くても決して逃げたいとは思わないのです。もっともっと責めてほしくて蝋を肌近くまで近づけられると焦げてしまいそうなほど熱いのですがそれがうれしくてたまらないのです。熱いけど本当に気持ちいいんです。
「うれしいうれしい」
とこのM男も一生懸命まりあ様に伝えようとしています。どうやって言えば今の気持ちがまりあ様に伝わるかわからなくて困っているのですがどうにかこの気持ちよくてうれしくてたまらない気持ちを伝えたくなるんです。
まりあ様はそんなM男の気持ちをよく理解しているようで
「あついよーあついよーでも感じちゃう」
とM男の気持ちを代弁してやるように言いながら蝋を垂らし続けます。
「もっと感じさせてあげる、さーいくわよー」
と両手の蝋燭をぐっとM男の両足に押し付けて火を消します。あまりのショックでM男は気を失ってしまいます。

「きてきてー」
気を失っただんなを尻目にまりあ様が別の男を引っ張ってきます。
「彼は?」
「うちのだんななの。興奮するでしょ」
と二人でベッドにあがりまりあ様が上になってキスをします。涎をたらしながらまりあ様はその素晴らしい巨乳を男の口にあてがって吸わせます。浮気男を押し倒すと乳首を舐めてやるまりあ様。さっきだんなを責めていたときとおんなじ表情ですがやさしく舐めてやっています。
下の方におりていき浮気男のトランクスを脱がせてしまうまりあ様。そのまま浮気男の片足を持ち上げて自分の胸に押し付けさせます。足で巨乳を揉ませてから唾液を垂らして足指をしゃぶってやります。足を離してやって大きく開かせるとちんぽにとりつきます。まずは玉袋から吸い付いて徐々に上の方に舐め上げていきます。そして亀頭をぱくりとくわえると、ぶじゅーという音を立てて吸い付きます。そのまま、ぶじゅーぶじゅーと音を当てて吸いながら亀頭を咥えて頭を左右に振りながら上下に動かします。
「すごくいやらしい」
といいながらぶじゅーぶじゅーとしゃぶり続けます。その音で気を失っていたM旦那が目を覚ましたようです。まりあ様はそれに気づいても流し目を送ってやるだけで無視して浮気男の亀頭をしゃぶりつづけます。
「私のも見て」
立ち上がったまりあ様はパンティーを脱ぐと浮気男におまんこを見せ付けます。そして浮気男の顔を跨いで69の体制になります。
「私のおまんこもなめて」
とおまんこを顔に押し付けて舐めさせます。おきあがったまりあ様は浮気男の足の間にはいってぱいずりをしてやります。とても大きなまりあ様の胸に浮気男のちんぽはすっぽりと包まれています。M男旦那は二人の姿を見ながらオナニーを始めています。
再度ちんぽを咥えたまりあ様はまたさっきと同じようにぶじゅーぶじゅーと音を立てながら吸いたてます。かなり長いことぶじゅーフェラを続けたまりあ様は
「もうガマンできない」
といって騎乗位でおまんこに浮気男のちんぽを咥えてしまいます。そしてとても嫌らしく腰を振りながら
「気持ちいいー気持ちいいー、これ気持ちいいー」
と悶えます。すごい速さでおまんこを浮気男の股間に擦り付けるようにして悶えます。
「ああー気持ちいいーすごい感じるー」
と休まずに腰を振り続けます。そしてまりあ様はそのまま一度いってしまいます。でもまりあ様の性欲は止まりません。浮気男を起き上がらせるとまりあ様は四つんばいになって後ろから突かせます。
「ああー、気持ちいいー、そこ、そこ」
と悶えるまりあ様があまりに気持ち良さそうなので浮気男がまりあ様に奉仕しているようにしか見えません。まりあ様を気持ちよくさせるためにバックから突いているという感じです。激しい奉仕突きにより
「ああ、いくー」
とまりあ様はまた行ってしまいます。でーもまだまりあ様の性欲は止まりません。今度は正常位でピストン奉仕をさせます。既に二度もいっているのにまりあ様は激しく悶えます。大きなおっぱいを揺らしながら
「気持ちいいー」
を連発しています。まりあ様の肌が汗で光っていてとても艶かしい。浮気男の懸命なピストン奉仕でまりあ様はすごく喜んでいます。
「ああーいいーーいくいくーーー」
とまりあ様が絶頂に達すると浮気男はちんぽを引き抜いてまりあ様の胸に射精します。その浮気男がよけるとM旦那もやってきてまりあ様の胸に射精してしまいます。まりあ様はとても満足そうな表情で二人分の精液を大きな胸に塗りこめてしまいます。

前半はまりあ様もM男もかなりハイになって普通なら音を上げてしまうような鞭&蝋燭責めでとてもよかったですね。M男の乳首や指をかむまりあ様の表情が今にも喰いちぎってしまいそうな感じだったのも見ていて興奮しました。
後半は責めがなくてM男の私にとっては少し嗜好から外れてしまいますがまりあ様がとてもエロいのでそれなりに興奮しました。きっと寝取られM男を想定したシーンなんでしょうね。